キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPひたすら掃除と片付け ≫ 自分の知らない写真を整理する、ということ

自分の知らない写真を整理する、ということ



いやーデジカメっていいですね。撮ったらすぐ確認出来るし、失敗してたらサクッと削除出来るし、何ならソフト使って加工だって出来ちゃうし、何より嵩張らないんだから、ねぇ。データが増えまくるのは、また別の話なんだけれども。

とにかく、もはや素人の味方ですよねデジカメ。いや銀塩カメラの良さってのも分かりますよ。だけどね、現像してみないとどんな写真が撮れてるか分からないというのは、片付け的にはあんまりよろしくないわけです。容赦なく捨てられるのならいいんだけど、大抵は微妙に失敗した写真だって残しちゃうわけです。

先日、母が言いました。「1枚だけ残して写真捨てたいんだけど」って。あんまり自分の親を礼賛するのはどうかと思うんだけど、もうね、ホントにね、見習って。プリントした写真を山のように溜め込んでる人、超々々々々見習って!

というわけで、私は山のような写真を目の前にして途方に暮れてます。

20150225d.jpg

この引き出しに入ってる写真ですら、氷山の一角なんですよね……どうも写真を貰ったりして溜まっていったらしいです。

20150225e.jpg

どうにもモザイク必須なんですが、旅行写真が多いみたいですね。というか、正直誰が誰なのかさっぱり分かりません。夫の祖母とはいえ、私、会った事が一度しか無いんですよ。まぁ親戚関係は直接会った事のある人なら分かるんですけども、分からない人の方が圧倒的に多いです。まして趣味仲間の旅行の写真とかなんてさっぱり分かりませんよ。というか、しれっと軽石混ざってるんですけど。退場ね、退場。

20150225a.jpg

で、試しに買ってきてみたアルバムに収納してみようと思ったんですよ。この洒落っ気も何もあったもんじゃないアルバムね。THE・事務用品って感じの。青色だからかなぁ。

ちなみに何故これを選んだというのは、とにかく安価な事ですよね。1冊500円くらいで360枚入るのだから、ありがたい。あとは紙じゃないので万一カビ生えても拭きやすいって事ですかね。何より、記念に残すというわけではなく「とにかくコンパクトにまとめたい」というのが一番の希望なので。大判のフィルムで密閉するタイプだったら長期保存に向いてそうだけど、正直な話、あと何年保管すればいいのかというのを考えると、そこまでガッチリしなくてもいいんじゃないかと。

そうなんですよ、まずこれをいつまで保管すべきかというのが重要なんです。全部の写真を残すというのは現実的じゃないですよね。どうしても残したいのであれば後世に残したいと思えるような写真をいくつか見繕って、多くても1世代アルバム1冊くらいにまとめるのが理想なんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう。じゃないと写真で埋もれてしまいますよ。誰かが処分しないとそうなりますよ。

で、私にその権限があるかと言われれば、ありません。だって血縁は無いし、思い出も共有していないから。冷たい言い方をしてしまえば、私にとっては他人の写真です。だから私に取捨選択の権利はありません。でも住んでる以上、物を整理する権利はあると思います。

恐らく私が整理しても、お義母さんなどが写真を処分する事は無いと思います。実際どうするのかは分からないけど、年月が過ぎて私達だけになった時、その時にもしもそのまま残ってたら簡単に片付けられるようにしておきたいのです。だからどう長く見積もっても50年……って、50年も私生きてる気がしないけど。まぁとにかく、数十年レベルならプラ製のアルバムでもいいんじゃなかろうかと。

20150225b.jpg

ポストカードやパノラマサイズも入るらしいです。整理して夫に見せて、その反応次第ですかね。アルバム整理は。上手くいくといいんだけどなぁ……。

20150225f.jpg

しかしこの作業、予想以上にキツイです。何がキツイって、(ホント今回言い方酷いなと思うけど)素人が撮ったブレッブレの写真やら暗い写真やらを捨てるなというのが。そして誰だかさっぱり分からない集合写真を淡々と集め、更によく分からない宴会写真を淡々と集め、そして淡々と入れていかなければならないのが。あと、撮った時がさっぱり分からず年代別に分けるの不可能。たまに日付が入ってるのがあるんだけど、それがすごくありがたく思ったりして。

自分が関わってる写真ならいろいろ整理のし甲斐もあるんだろうけど、そういうのさっぱり無くて精神の消耗戦。たまに出てくる夫の写真がオアシス。夫が帰ってきたらいじり甲斐があるなぁと、ほくそ笑むのです。

でも逆に言えば、自分が関わってる写真ならこんなに素早く整理なんか出来ないわけで、一長一短なのかなと。

20150225g.jpg

最後にラベルを……なんて思ったんだけど、もうね、さっぱり分からないの。もう、ざっくりとした年代しか書けないの。そして多分それも合ってないの。とりあえず1冊だけ詰め終わりました。もう1冊は別のタンスに押し込まれている写真を入れたいと思ってます。それにしても、疲れた。何かすっごく疲れた。ついでにお腹壊してゲッソリだー。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m