キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP清掃日誌的な ≫ アルミ鍋を磨こうとして挫折した話

アルミ鍋を磨こうとして挫折した話

実家から鍋を持ってきたんです。



ご覧のとおり、柄が無いんですよ。昔々、柄の根元が腐って取れてしまい、父がその辺の何かを加工して柄の代わりに取り付けて使ってたんだけど、それもとうとうネジ穴の部分が腐れて外れちゃったんですよね。で、それを直そうと持ってきたわけ。

この鍋ね、私が物心付いた頃には既に存在してたんですよ。母曰く、「35年くらい前」らしいです。もしかしたらそれより古いかも。別に買い替えてもいいんだけど、なかなか厚みのあるアルミ鍋が無いとか何とか。

20150220b.jpg

まーそれなら柄を付けますかと持ってきたはいいものの、その矢先にカッターで指をズバッと切っちゃってねぇ。しばらくハモノコワイ状態だったもので、結局1ヶ月近く放置しちゃったんですよね。それにしてもこの鍋、模様の窪みに焦げ付きか何かがこびり付いちゃってるけど、普通に洗っても落ちないんだろうなぁ。これも落とせたらいいんだけど。

20150220c.jpg

試しにクレンザーでガシガシ磨いてみる事にしました。

20150220d.jpg

……う、うーん? ほんの少しだけ落ちたような。間違い探しレベル。磨き続けていれば落ちるかもしれないんだけど、20分くらい力込めて頑張ってこれだけというのも骨が折れるというか心が折れますよね。もうやめた。

20150220e.jpg

こうなったら金属みがきに頼るしか……内側に使うのは抵抗あるけど外側ならいいかな。これでダメなら諦めるよ。

20150220g.jpg

妙に光沢が出ただけでした。よし撤収!


……というわけで挫折しました。マイナスドライバーで削ってみたら、そりゃ確かに落ちるけど傷もゴリゴリ付くので諦めたんですよね。もう年代物だから仕方ないです。そう思う事にします。内側は全然問題無いしね。人間、時には諦めと引き際が肝心ですよ。



●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

読んでくれてありがとうm(_ _)m