キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP清掃日誌的な ≫ 排水口のゴミ受けに関する妙な案(妙案にあらず)

排水口のゴミ受けに関する妙な案(妙案にあらず)



ここ最近のゴミ受けです。洗剤の泡が残ってるものの、概ねこんな感じ。誇張ゼロ。いやホント。ホントだってば。ウソついたら針千本飲んでも……いや、それは嫌なので勘弁して下さい。というかホントのホントにホントですって。(しつこい)

というわけでこの記事の続きだったりします。そうですね、こういう試行錯誤系の話は、たま~に錯誤に錯誤を重ねて大迷走という結果に終わったりもしますよね。でもまぁどんなに頓珍漢な行動でも「私にはこれが合ってるみたいです」と締めておけば何とかなる、みたいな。それ自分だけか。

何でこんな排水口のゴミ受けで悩んでしまうのかといえば、結局のところ完璧主義者なんでしょうね。自分で自分の事を完璧主義者って言うのは結構勇気が要るというか、本当は「いやいやとんでもねーです、自分なんかいい加減だしダメ人間だし完璧なんて程遠いっス」と思っているんだけど、そうやたらと自分を卑下するのも完璧主義者の特徴なんだと、最近気付いたんですよ。

そんな排水口のゴミごとき、ただ捨てればいいだけじゃないって思うでしょ? でも私にはそれが出来ないというか、ゴミ受けの穴より小さいゴミはどうなるんだろうと考えちゃう。ヘンな所にこだわるんですよね。こだわるというか、気になってしょうがないというか。

それでネットを掛けたりしたものの、どうにも自分には合わないと感じたのは以前書いたとおり。ネットを使わずに細かいゴミを流す事なく洗い物をする方法は無いものか。それで考え出したのが「事前に拭き取る」「浸け置きする」だったわけですが……それ、私だけならまだしも夫にまで強要出来るかといえば、無理。相当油ベッタリな物などは拭きますけどね、もう少し楽な方法は無いものかと、更に考えましたよ。

20150218b.jpg

それで次に出してみたのが、これ。100円ショップで買ってきた小さい「こし器」。

20150218c.jpg

こし器をこんな感じで排水口にセットするわけです。こし器なだけあって、粉レベルの物か液体くらいしか通り抜けません。これくらい目の細かいゴミ受けがあれば喜んで買うんだけど、なかなか無いですね。

で、毎回洗い物が終わったらゴミを捨てるんです。シンク内を洗い流した時に(本来の)ゴミ受けに入ったゴミも一緒に。バンバン叩いただけじゃ落ちないから、ティッシュなどで拭き取るのね。そして最後に洗ってサッパリスッキリというわけ。

……いやまぁ、かなり頓珍漢な事をしてるという自覚はあるんですよ。絵的におかしいとは思いますよ。でもね、「私にはこれが合ってるみたいです」。その結果が、冒頭に繋がるのだから。ホントに今までの中で一番キレイでサッパリな状態をキープ出来てます。まぁ一番楽な方法ではないですけどね、一番楽なのは小まめにネットを交換する事だろうし。でも勿体無いと思わずに済むのだから、一番気楽な方法なんですよね。私にとっては。

なんてね、1年後には意見変わってるかもしれないけどね。でもまぁいいじゃないの、その時はその時なんだから。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m