キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP収納・リフォーム・DIYのようなもの ≫ 猫の爪とぎケースを自作してみた

猫の爪とぎケースを自作してみた



強制運動中のクマ。ダイエットフード食べさせてるにもかかわらず、体重が減るどころかむしろ微妙に増えてたんですよ。フードは量って出してるし、他に余計なもの食べさせてもいないし、トラの分を横取りしてるわけでもないのに、増えてたんですよ……。ちなみにトラは順調に減ってるんだけどねぇ。

違いは何かと言えば、やっぱり運動量。トラは飛び回ってる感じだけど、クマは全然。トコトコ歩いてドテッと転がる感じ。というか、転がってる。私の座布団の上に転がってる。どいてください。

というわけで、少しでも動いてもらおうと遊び始めたわけですよ。思い返せば去年あたりから猫じゃらし持ってガッツリと遊んでやる事がめっきり減ってしまったので反省。

ところで当然ながら爪とぎというものがあるんですけどね。段ボール製の。

20141227b.jpg

これがまた、えらくボロボロになってまして。外側のケースまでボロッボロ。

20141227c.jpg

まぁケースは5年以上使い回してたからねぇ……というか、もはやケースじゃなくなってるんですけど。ただの平面なんですけど。こりゃダメだ。

だからもっと耐久性の高いケースにしようと常々思っていたんです。紙製じゃなくてプラ製とか木製とかのね。売ってはいるけど、お高いじゃないですか。だったら適当に自作しようと思ったんですよ。

20141227d.jpg

で、適当に買ってきた角材。一応2個分で、1つ500円でお釣りくるくらい。底板は家にあるベニヤ板使います。ちなみに右側の爪とぎは元々家にあったものなんだけど、微妙にどころかあからさまに大きさが違うんですよ。やっぱりメーカーによって大きさが違うのね……うーん、これからは購入先を統一するとしても、一応2種類の大きさで作ってみようかな。

20141227e.jpg

まずは寸法を決めていこう……と、爪とぎに角材を合わせていたら、猫がやってきて爪といで去っていくという。(この後、クマにもやられました)

20141227f.jpg

適当に印付けてカットして、接着剤でくっ付けるのです。もうね、コニシボンド大きいの買ってきましたよ。これでなんぼでもくっ付けられますよ。どんとこい!(そして勢い余ってカーペットに垂らしちゃうとか、もう最悪)

20141227g.jpg

最初は枠だけにしようと思ったんですが、この大きさだと(一辺がやたら長くて、別の一辺がやたら短いと)固定が難しいのが判明。というか雑に切り過ぎて寸足らずだし。

20141227h.jpg

そんなわけで急遽底板を付ける事にしたのでした。もうね、ベニヤ板余ってるから切り放題ですよ。

20141227i.jpg

ホント、こうして細部を見ると雑だなぁと思います。接着剤はみ出てるしね。

20141227j.jpg

こっちなんか間違って引いた線が消えてないし。塗装しちゃえばマシになるんだろうけど、面倒なのでやりません。冬場に塗装するのは非常に乾き辛いのでやりたくないんだよなぁ……まぁ、夏でも面倒だと言いそうなんだけども。というか言うけども。

20141227k.jpg

というわけで、完成品がこちら。下の隙間は採寸間違いじゃなくて、わざとです。取り出しやすいように。

20141227l.jpg

おお、こうやって見ると自作とは思えないくらいピッタリ。

20141227m.jpg

スッキリ具合は新旧並べてみれば歴然かと。しかし適当に作ったとはいえ、これだけで3時間くらい掛かったんですよね……。

20141227n.jpg

ちなみに幅が合わなくてもこうやってペリペリ剥がせば大丈夫だという事が判明。

20141227o.jpg

こっちは出っ張ってるけど、まぁそれはそれで。出来ればもう2個くらい増やしたいです。しかし私が角材を買ったら売り場の在庫無くなってしまったので、追加は週明けかなぁ。そんな事言ってると普通に来年になりそうな予感。やっぱりこういう作業は暖かい時にやるべきだよなぁ……。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
    
読んでくれてありがとうm(_ _)m