キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPガーデニング…? ≫ 午前5時の攻防(アシナガバチと)

午前5時の攻防(アシナガバチと)

20140624a.jpg
3年くらい前の話なんだけど、キジトラ猫がちょくちょく庭に来てたんですよ。ちょっと細っこい感じのキジトラ(オス)が。来てたというか、巡回ルートに入れられてたらしく、必ずマーキングしては小屋に入ってみたり、縁側の前の犬走りでゴローンとしてみたりして。それ見て家の猫達はウロウロシャーシャーしてたわけなんだけども。気になるけど、コワイって感じで。

それがぱったりと姿を見せなくなってしまったのはいつの頃だったか。ああやっぱり野良猫だったのか外での生活は厳しいな……と、悲しいような寂しいような気持ちになってしまったりして。ところが先日久し振りに庭で見たんですよ! ああ生きてたんだねオマエさん、すっかり丸くなっちゃって……コロッコロだね。

そう、トラよりも小さく見えるくらいだったのが、トラよりも丸くなってました。しかも野良って感じよりは飼い猫って感じのオーラも漂ってて、ああ飼い猫だったんだねと、とりあえずホッとしたような。

line.gif

前回の記事の最後の画像が他のものと比べて明るさが違うのは、早朝に撮ったからです。そういや花壇の仕上がり撮り忘れたなーと思って、撮ったわけですよ早朝に。朝も5時からノロノロと外に出て、花壇に水撒いて写真撮って、さて家に入るかーなんてふと見上げたらハチの巣!Σ(゚д゚lll)ギャー!(ハチよりもハチの巣の見た目が苦手)

何の巣かって、アシナガバチの巣。アシナガバチ自体は秋でもなければそんな攻撃的じゃないとは思うものの、よりにもよって勝手口の上。しかもすぐ脇が門だったり道路だったりするので通行人にとっても安全とは言い切れないのよね。小さな子供だって通るんだし。ヒマワリの種蒔いてたら「さーいーたーさーいーたーちゅーりっぷーのーはーなーがー」ってお母さんと歌いながら通り過ぎてって、軽く混乱したりとかね(笑)。うん、まぁ、今の時期に合う童謡っていったらなんだろ、あめあめふれふれ(以下略)とか? いやでも全っ然雨降らないんですけど。梅雨どこ行ったよ。

というよりも、勝手口付近に巣を構えられると迂闊に戸も開けられないし、何かの拍子に入ってこられても困るし、それを見て猫が追っ掛けて刺されたらもっと困るし、何より門扉のあたりウロウロされると出入り出来ないのよ……知らずに門扉を引っ張っちゃって、向かってこられた事も何度かあるし。というかそれさっきやられたよ。本格的な威嚇って程ではないけど、こっち来られるとさすがに恐いです。そんな時は「なーんもしないですよー」というオーラを全開にして、のっそりゆっくりと後退するのみ。

ああ、ハチと話せる特殊能力が欲しい。「話せば分かる!」とか言いながらハチと協議したい。しかし現実は話し合えるわけもなく。だからまぁ、結局のところは駆除するしかないわけです……せめて家の裏とか道路から離れた場所だったらそっとしとくんだけどな。

で、アシナガバチは特に午前中活発に活動してるみたいです。午後はあんまり活発に活動してるの見掛けないかも。夏場は正午過ぎが一番気温上がるから活動鈍るんじゃないですかね。そして夕方になると巣に戻ってくとか。だから午前中は庭で作業しないと以前からブログでも書いてたわけですが、夕方は夕方で蚊が活発に……(泣)。

活発に活動するとはいえスズメバチほどアグレッシブでもないので、まぁホントにその辺を飛んでるくらいなら大丈夫だってのは分かるんです。昔自転車のハンドルにアシナガバチがいたの気づかずにしばらく一緒に走ってたくらいだし。だけど知らずに手を出してしまえば当然攻撃もされるわけで、それが一番恐いのです。ほらよく「洗濯物の中にハチがいて刺された」って、アレ。

夜は巣で休んでいるらしい。とはいえ実際その姿を見た事が無くて、勝手口の上の巣を見た時「あれ留守か?」と思って棒で突っついちゃったんですよ。一応逃げ腰で。そしたら上からもぞもぞと数匹出てきてビックリ。危険なので真似しないで下さい……って、誰もしないとは思うけど。いないように見えても巣の上(死角になってる部分)で休んでます。

それにしても今の季節、朝5時って本当に明るいですよね。だからハチも活動してるのかなーと思ったんだけど(だから留守か?と勘違いした)、実際見てると全然動きがありません。駆除するなら夜~明け方っていうのはこういう事なんですね。真っ暗な夜中じゃなくても明け方ならまだ間に合うといった感じ。とはいえ同じ明るさでも気温が高ければ活動していたりもするのかな。だから絶対大丈夫だって事はないかと思います。

以前駆除した時の方法は、夜に蚊取り線香を巣の下に置いて放置するというもの。確かこれでも成功したとは思うんだけど、もっと確実なのは夜に殺虫剤を噴霧する事。今回のケースは明け方なので気長に蚊取り線香で燻してもいられない。というわけで勝手口から半身を出して殺虫剤を巣のある方向へ噴射してみました。そんなムキになって噴射する必要もなし。まだ動きが鈍かったという事もあって、こちらに向かってもきませんでした。

ちなみに飛んでるハチに殺虫剤噴射するのは危険ですよ、昔それでハチに追い掛けられた事ありますから。いや小人さんがね、「殺虫剤かけな~」って言うから言われるがままに噴射したら逆上されて追い掛けられました。そりゃ殺され掛けてるんだもの、向こうだって本気で来るよね。それで逃げてたら「あら~」って感じで小人さんがハチ叩き落として容赦なく足でグリグリと……あの、殺虫剤要らなかったんじゃ。

それはともかく、昼間のハチ相手なら普通の殺虫剤よりもやっぱりジェット噴射出来るハチ用の殺虫剤の方がいいんじゃないかと思います。万が一の事を考えて、とにかく離れた安全な場所から仕留めるべき。

そんな事を思い返しながらしばらく待ち、外に出てみると巣からハチが消えてました。下に数匹落ちているのを確認……ごめんよ。しかしこれでめでたしめでたしというわけでもなかったりします。いやね、巣は落としたものの、ハチがまだいるんですよ。巣のあった辺りをウロウロしてるのね。しかも生け垣には一回りも大きなハチ(たぶん女王バチだと思うんだけど)が何かを物色するようにウロウロしていたし。

というかスズメバチらしき姿も見掛けたり、ドロバチは相変わらずあちこちにいるしクマバチもブンブン飛んでるし……いや、ドロバチとクマバチはそんなに警戒する必要ないんだけども。ああもうどうしてこんなにハチだらけなんだーっ!!


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

読んでくれてありがとうm(_ _)m