キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPひたすら掃除と片付け ≫ 廊下奪還(11) 段ボールと葛藤

廊下奪還(11) 段ボールと葛藤


あれから晴れの日が続いてヒマワリは順調に成長しています。双葉食べられちゃっても成長点が残っていれば大丈夫、とどこかで読んで半信半疑で眺めていたら、本当に本葉が出てきてビックリ。ただし他のヒマワリよりも背が低いけども。

というか、虫食い問題は解決したわけでもなく、微妙に食われてるんですよね。それで夜回りして犯人(?)探ししてみたんだけど、ヨトウムシもナメクジも発見出来ず。それでも毎日微妙にどこか食べられているヒマワリの双葉。そしたら昨晩ようやく見つけましたよ。カタツムリでした。1本なぎ倒してお食事中だったので、遠くへご退場願いました。戻ってくるなよー。

これでめでたしめでたし、と思いたいけど、そうはいかないのがきっと現実なのでしょうね。とりあえず虫の1匹や2匹くっ付いたところで平気なくらいに育つまで夜回りは止められそうにありません。うう。

line.gif

実家の片付けもいいけど自宅もね。てなわけで、地道に続けている廊下奪還作業。今回も地味ですよ。

20140616b.jpg
ポリカーボネート。使うかもしれないというか、使うつもりで残しておいたポリカの切れ端。実際使いませんでしたねー。

20140616c.jpg
というわけで、ほぼ処分。ポリカプラダン、軽くてハサミで切れて処分も簡単。扱いやすい素材です。

20140616d.jpg
処分する物しない物、容赦なく仕分けていったら段ボールの壁にぶつかりました。基本、保証期間が切れるまで段ボールは捨てない主義です。昔ね、掃除機を買ったら1週間くらいで壊れちゃったんですよ。ネットで購入したものだから、修理に出す時に箱があって本当に良かったなーと思ったわけです。自分で適当な段ボール用意して梱包してもいいんだけど、元々入ってた箱と緩衝材(発泡スチロール)が一番無難で安心じゃないですか。で、大抵そんな時って、いち早く修理に出したいじゃないですか。元々入ってた箱に戻すのが一番手っ取り早いですよね。だから捨てない、と。

しかし見ると保証期間切れた製品の段ボールもちらほらと。それは処分しましょうよね。

20140616e.jpg
この反射式ストーブの箱も、もういらない。夏場も結局入れて保管しないし、それなら潔く捨てちゃえー。

20140616g.jpg
なんて思ったら、中に詰まってた。自分で入れたの忘れてたので余計にげんなりした。

20140616f.jpg
保証期間が切れてる箱は容赦なく捨てるのはいいとして。問題は夫が捨てるのを嫌がるPC関連の箱。グラボの箱なんかもういいじゃんと思うんだけどね。壊れたり調子悪くなったりするまで使ってるんだから、中古で買い取ってもらうなんて事もないし。電源だって「使うかもしれないから」なんて言ってたって、結局使わずに5年くらい経過してるし。もうね、仮に何かあったとしたって買うでしょうよ、新しい電源。よし、夫に言って処分しよう。処分するったらするの!

20140616h.jpg
というわけで、とりあえず段ボールはかなり減りました。保証期間内で捨てたくないのって炊飯器ぐらいだものね、今。あとは電源やグラボの箱などの処分について夫の同意を得るだけ。得られ次第処分。

しかし段ボールを取り払うと壁の汚さが余計に目立ちます。壁紙の張り替えやペンキ塗るくらいならやるけど、砂壁はなぁ……って、そんな事終わってから考えればいいし。今やるべき方は片付けだし。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m