キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP収納・リフォーム・DIYのようなもの ≫ 流し台リフォーム(3) ショールームで実物見て考える 

流し台リフォーム(3) ショールームで実物見て考える 


「くすりのみたくないにゃ」とカゴの中に逃走(しかし意味無し)

なんかもう誰にも参考にならなそうな話が続いてスミマセン、という流し台リフォームの話。台所を叩き壊して一から作り直せたらどんなに楽かと思います。もっと横長にするとか、勝手口潰すか別の位置に移動させるとか。あと床も張り替えるとか下には断熱材入れるとか壁にも断熱材入れるとかこんなに窓いらないとか油ぺったぺたで変色してる天井キレイにしたいとかガラス引き戸4枚って寒過ぎるのよとか……!

途中から流し台関係なくなって愚痴になり始めるくらい、思う事は色々ありますよ。でもそんな事を言い出したら家叩き壊して全部作り直したいと言いかねないのでやめます。あくまでも流し台、そう流し台。どうしても「流し台」と言ってしまうよね、この家じゃ。それをシステムキッチンにしようだなんてとんでもない事を言ってるのですよ私は。恐ろしい、ああ恐ろしい。

すみません、ここしばらく流し台の事ばかり考え過ぎて普段の5割増くらい頭がパアになってます。前回「L型に決めた」とか書いてたのにⅠ型の見積もり取ってもらうとか、もう何がしたいのって感じです。順調に迷走してます。

line.gif

ショールームは素敵です。でもどんなに素敵なキッチンだって、その後は使う人次第で変わります。新品の状態ではどんなにキレイで、キレイで、キレイでも、掃除を怠ったり物を片付けなければ、あっという間に汚部屋の見本市。そうならないためにも、動きやすくて掃除しやすくて収納しやすい、私だけの素敵なキッチンを作ろう! と、人々は頑張ってショールームに足を運び、説明を聞き、見積もりを取るのです!!(落ち着けよ)

とはいえ、そこはショールーム。最新の設備が揃っているその場所は、様々な誘惑が待ち構えています。「特にこだわりは無いです」と言う人でも、ショールーム見学後の見積もり額がドーンとアップしたなんてのはよくある話。だからこそ、当初の目的だけは見失ってはいけない。忘れちゃいけない。自分を強く持つのです。誘惑に負けてはいけません。まるで苦行の世界ですな。

【予算は出来るだけ低く】

色々書いてるけど、ホントにこれが大前提なんだからね! って、システムキッチンにしようと思う時点で破綻しちゃってるけど、それを言っちゃったら終わりなので無視。そして希望はというとー湿気とカビに悩まされなくてーもう20年くらいはリフォームしなくていいようにとかー少しは収納増やしたいしーワークスペース確保したいなーとかーはいストップ!

・耐久性アップ(大)
・作業効率アップ(中)
・収納力アップ(小)

おとぎ話とか昔話でも願いを叶えてくれるのはせいぜい3つくらいなんだから、それくらいにしないと。というか、あんまり多くても混乱するから。大中小はそのまま優先順位になるのね。つまり色々考えた結果、やっぱり耐久性は重要だと。

どう考えても50年後は誰も住んでいないし30年後すら怪しいけど、逆に向こう15年くらいは誰かしら住んでるはずなので20年くらいは持ってほしいのね。つまりこれで最後のリフォームにしたいと私が勝手に思っているわけで。だから極力シンプルで使いやすくて耐久性のあるものがいいと思うのよ……ぐはぁ(溜息)。

あ、すみません私5年以上先の事を考えようとすると何故か落ち込むんです。携帯のカレンダーをどんどん進めていって10年後ぐらいまで進むと「うわあああああああ」と頭抱えたくなってしまって、20年後ぐらいまで進めると何か言い様の無い恐怖に駆られるというか。将来が不安とかそんなんじゃなくて(いや不安はあるというかこのままじゃダメなのは分かってますよ)、もっと恐ろしい何かという感じの。死に対する恐怖ともまた違うんですよね。本当にどう言えばいいのか分かんない、そんな得体の知れない恐怖。

なんて与太話は置いといて、気を取り直して流し台の話に戻します。ホラ、そんな先の事考えなくても頑丈なのは良い事だから! ってね。最初はリクシルかなーと思ってたけど、工務店側から提示されたのがリクシルとクリナップだったので、クリナップも視野に入れる事になったというわけ。そして改めてショールームに行って色々見てきたというわけ。こういう時に画像があれば一目瞭然で便利なんだけどね、無いんです。なので分かり辛いのはゴメンナサイ。文章ばっかでゴメンナサイ。


(1)キャビネット
クリナップといえばステンレス(クリンレディやS.S.)。耐久性だけ考えるならS.S.だけど、とんでもないお値段。でもやっぱり実物見るといいなーと思っちゃうよね。しかしそこはあっさりと諦め、クリンレディに注目。湿気でカビ生えたり腐って底抜けたりしないのは良いですよね。クリンレディを見た後で木キャビのラクエラを見ると、ちょっと見劣りするかなぁ、なんて思ってしまうくらい。ラクエラ、引き出しの感じがちょっと軽いというか、重い物入れても大丈夫なのかなと不安になってしまうというか。それまでソフトクローザーみたいな機能は別に要らないやと思ってたんだけど、初めて「あ、必要だわ」と感じました。

ただリクシルで見たのは木キャビばかりなのに見劣りする感じはしなかったので、要は慣れなんだと思います。ちなみにリクシルでもリシェルならステンレスに出来るらしいです。もちろん金額は加算されますが。最上位グレードだけかぁ……やっぱりハードル高いなぁ、ステンレスキャビネット。というか、それがL型じゃなくてⅠ型で見積もり取ってみた理由。Ⅰ型でも無理! って額なら諦めもつくだろうさ。なんてね。


(2)ワークトップ・シンク
ステンレス以外の選択肢は無いけども。ドットエンボス加工してあるのと無いのと見比べると、やっぱりドットエンボス加工してる方が好みかな。というわけでシンク内も何かしらコーティングしてあるの希望。それと、とにかく物臭なので、排水口の内側までステンレスなのがいいなぁ。リクシルなら「てまなし排水口」(アミイには無い)、クリナップなら「とってもクリン排水口」(ラクエラには無い)。あんまりね、ワークトップ自体に差は無いよね。人大だと結構違いがあるんだけど。

あとはⅠ型かL型か。Ⅰ型なら今と大差ない感じになるから、流し台以外にワークスペースが必要になるような気がする。しかし今使ってるテーブルワゴンは低過ぎて辛い。ので、新たにカウンターを設置したい。クリナップには奥行35センチのフロアカウンターがあるので、それだったら今みたいに窮屈な思いはしないかも。問題は片面カウンターを壁面に設置するのではなく間仕切りのように設置出来るのかという……その辺はリクシル(リシェル)ならカタログに出来るとは一応書いてあるんだよね。奥行45センチだけどね。や、45センチでも許容範囲かなぁ。

とはいえ、我が家に限ってはL型の方が作業しやすいとは思うんだよね。冷蔵庫が流し台から離れてるので間仕切りのようにテーブルワゴンがあると、ちょっと引っ掛かって邪魔に感じる時もあるし。だからフロアカウンター設置するなら少し短めに90センチまでかと思うのだけど、そうすると本当にちょっとしたスペースって感じになってしまう気が。何よりせっかくⅠ型で金額下げたと思ったらカウンターでまた上がってしまうというのもネック。見積額が大差なければL型だろうな。

え? DIY? いやいや。いやいやいやいや。カウンターはプロにお任せしたいなぁ。流し台左脇のデッドスペースあたりは自分で何とかするつもりだけど。スノコからグレードアップ。


(3)収納
一番差が付きやすい項目、それが収納。とにかくリクシルのはギミックが多くて楽しい。楽しいけど、実際どうしても必要かと訊かれれば、そうでもないんだなこれが。余裕があれば色々付けて楽しむけど、余裕が無いので真っ先に削られちゃうの。というか、シンク下の引き出しだけちょっとした内ポケットとトレーがあるくらいでいいよ。あとリシェルには炊飯器などを格納出来るキャビネットがあって、それもいいなと思ったり。ホント見てる分には楽しいのよね、こういうの。

逆にクリナップは引き出し手前に内ポケットがあるくらいなんだけど(S.S.は色々あるみたい)、もうそれだけでいいとさえ思います。L型だとコーナー部分の収納に特色があって、それがセールスポイントらしいです。ワゴンを引っ張り出すと両サイドに三角形のワゴンというかトレーがあるのね、だけど実物見たらワゴンが結構大きかった。これに色々物詰めて出し入れするのは結構重いかも。そしてワゴンは入れられる物が限られてしまうから(瓶とか缶とかペットボトルとか)、デッドスペースが多少発生しても棚板タイプでいいかなーと思うんですよ、個人的には。瓶とか缶とかペットボトルとか沢山収納したい! という場合は別だろうけど、あんまり食品を収納したいとは……特にワゴンタイプだとコーナー部分だけ底板が無い状態で床が丸見えなので、ちょっとそれが気になるところ。まぁそんな悩み、我が家だけだと思うけども。


(4)コンロ
色々あって当初の希望であったハーマンのプラス・ドゥは諦めた……はずだったんだけど、やっぱり実物見るとグラグラ心が揺れます。いいなぁ。クリンレディとS.S.のカタログには載ってるんだよね。もうそれだけでクリンレディに決めたくなるの。しかしプロパンだから超高火力は出ない(都市ガス13Aのみ)、つまり性能を十分に生かしきれない。だけど、それでもあり余る魅力があるんですよプラス・ドゥ。全面五徳、諦めきれない。いいなぁいいなぁいいなぁいいなぁいいなぁいいなぁ。しつこいぞ。

ちなみにプラス・ドゥを諦めたら他に何を選ぶかといえば……や、何でもいいです。投げやりというわけじゃなくて、全面五徳以外に特に強いこだわりは無いから。ダッチオーブンはいいなと思うけど、ビルトインオーブン入れるとしたらそこまで重要じゃなくなるし。そうなんだよね、ビルトインオーブンどうしようかってのがまだ決まりません。その辺は見積もり結果待ち。

だけどやっぱり掃除のしやすさはIHが一番だと思います。最近のはグリル内部も掃除しやすい感じになってて羨ましい。しかしガスコンロにするんだと心に決めてるし、何よりIH続行するなら換気扇を交換しないと油ぺったぺたのまんまだから。換気扇を交換してまでIHにするというのは、あんまり現実的じゃないかも。


(5)その他
L型キッチンのコーナー部分って、やっぱり広いですね。私、腕が短いので手を伸ばしても奥に届きにくいです。というかキャビネット内部なんか完全に届きません。頭突っ込んでも微妙。(ショールームでそこまでやったのか……)

見た目は二の次なので扉の色なんかは割と何でもいいというか、一番下のグレードでオッケー。しかしカタログと実物はやっぱり違うので、これはショールームで確認した方がいいですホント。ちなみにクリナップで他のお客さんに説明している話が聞こえてきたので耳を傾けてみたら(多分クリンレディの話)、S・A・B・C・Dのグレードのうち(Sが上、Dが下)一番よく出るのはCなんだそうですよ。1つグレード上げるだけでビックリするくらい高くなるけど、Dだとちょっと寂しい感じもするし、せっかくだからCに……という感じなのかな。いやどうだろう。あとは取手がラインなのがS~Cまでで、Dのみ普通のバー取手というのもあるのかもしれないと思ったり。まぁ私は、普通のバーでいいですよ。

あと、ウォールキャビネットの下に取り付けられてる開閉可能なラック(クリナップはアイエリアボックス、リクシルはクイックパレット)が便利そうだなと思ったものの、単体で注文出来るのかなぁ。無理かなぁ。


……と、大体こんな感じでして。


今の気持ちはどうかといえば、やっぱりクリンレディに相当傾いてます。コンロ抜きにしてもクリンレディがいいかなーと思うけど、結局は見積もり額次第。そろそろ見積もり出る頃かなぁ。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

読んでくれてありがとうm(_ _)m