キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPひたすら掃除と片付け ≫ 廊下奪還(8) 廃材は速やかに処分すべし、の理由

廊下奪還(8) 廃材は速やかに処分すべし、の理由

20140423a.jpg

オレンジでジャムらしきものを作っていたら、妙に青臭い事に気付きました。熟してないどころか(仏壇に供えられていて下げた後もどうしたもんかとしばらく放置されていたくらい)完熟通り越して水分飛び気味なオレンジなのに、青臭かったんです。そんなバカな。

って、よーく嗅いでみたらオレンジじゃなくてヘラが青臭いという事実に気付きました。いやだからそんなバカな……???

「!!!」

そのヘラが入っていた流し台の引き出しを開けてみると、見事にカビパラダイスでした。本当に、木とカビって相性良いですね。捨ててやるううううううううう!!!(ゴミ袋に引き出しの中身の9割投げ込む)

そんな悲劇しか生み出さない流し台ですが、ようやくリフォームについての打ち合わせが週末に。長かった、本当に長かった。しかしメーカーのサイトを見ると新商品が5月に出て(大雪の被害でずれ込んでた)、5月から受注開始というと……うん、まぁ、前にも書いたと思うけど予算が合わなければセクショナルキッチンだし、それなら待つ必要なさそうだし。

どうも流し台に関しては悲観的というか押しが弱いです。だって別にセクショナルキッチンで料理が出来ないってわけじゃないし、この家の台所にシステムキッチンなんて分不相応だし。

もしも、仮に、万が一、そんなご立派なシステムキッチン様が来るというのなら料理ブログの一つでも作っちゃいますよって感じです。どんな感じだ。いや料理嫌いを克服する手抜き料理ブログとか……誰がそんなもん見たいんだよ。それ以前に、そんなもん作るならこっちのブログ毎日更新しろって。ねぇ。

line.gif

そんな台所の話から一転、場面は外の物置小屋へ。タンスを解体して出た廃材を保管する場所が無かったので、物置小屋を整理して場所を作ろうと思ったんですが……

20140423b.jpg
この戸棚、そろそろいいんじゃないかな? 何がって、解体とか。また解体かよ! と自分でも思うんですが、半ば雨ざらしになるせいかボロボロというかヘロヘロなんですよ。戸棚がヘロヘロ。どんな表現だ。

20140423c.jpg
でもほら、中を見るとヘロヘロって感じでしょ。

20140423d.jpg
中身は以前整理してたので特筆すべき事は無いけども、この辺はもういいかなーと思います。使わないしね。一つだけ廃材縛るのに残しておきます。

20140423e.jpg
そして例によって弱そうな部分から攻めていきます。今回は屋外なので遠慮なく叩いてみたり。ヘロヘロなだけあって割と簡単に外れました。うん、前回解体したタンスの引き出しよりも楽。

20140423f.jpg
そんなわけで順調に解体作業が進んでいったわけですよ。あ、ホースもついでに処分しとこうかなーなんて。3本は必要ないわ、せめて1本だわ。

20140423g.jpg
いつでもそうなんですけど、タンスなどを動かす時ってドキドキします。裏に何があるのかとか、何がいるのかとか、そんな事を思って。今回は……草だな。うん、草だね。草というか芝が侵食してきてヘロヘロになってました。容赦なくブチブチ引っこ抜きます。

20140423h.jpg
そんなわけで概ね解体出来たのだけど、惨劇はここから始まるのです。あ、頭文字がGなアイツが苦手な方は以下すっ飛ばして下さい。全力で適当な事を語り倒しますから。ちなみに戸棚の解体の話なら、ここから下読まなくても大丈夫です。最後は「あースッキリした」とか言って終わるだけですから。概ねワンパターンだもんなぁ。




ではよござんすか。よござんすね。




出たのです、奴らが。正確には奴ら「だった」ものが。とはいえ別に私自身はそんな苦手じゃないんですけどね。それでもさすがに「げ」とはなります多少は怯みます。卵の殻が十数個に死骸が1匹、戸棚の隙間にひしめき合ってました。ぎゃあ。

この家には頭文字がG……ああもう面倒臭い、ゴキブリはほとんど出ません。とはいえ、たまーに発見する事があります。私はそれを「迷いゴキブリ」と呼んでいるのですが、それくらい滅多に見ないという事です。年に1回くらいかなぁ。それよりもゲジの方が出現率高め。

ところでゲジはゴキブリにとって天敵、つまり、家の中や周囲にゴキブリがいたとしてもゲジに捕食されてしまう事もあるわけです。私の実家はゲジゲジパラダイスなおかげか、ゴキブリは見た事がありません。嫌なパラダイスだなぁそれ、心臓に悪いです。特にトイレに出没するので、トイレに入る時は臨戦態勢。臨戦態勢って言っても極力殺さないように、屋外に退出願うか「頼むから動かないでくれ……!」と心の底から祈るくらいなんですが。1センチ以下の小さいのなら可愛いんだけどねぇ、それ以上はちょっと。

それとカマドウマもゴキブリ捕食するらしいじゃないですか。カマドウマはもっと心臓に悪いです。こっちは小さくても無理。何をどうしても苦手。見た目はゴキブリの方がまだマシと思ってしまうくらい。足さえ短ければなぁ……。(そこ?)

何はともあれ、ゲジやカマドウマがわらわらといるおかげでゴキブリにとっては若干住み辛い環境となっているのですが、それでもタフな方達ですからどうにかこうにか生き延びているのです。で、どこで暮らしているのかというと、こういった材木の隙間などというのを今回目の当たりにしたわけですよ。ちなみにチャバネゴキブリじゃなくてヤマトゴキブリね。チャバネはこの辺で見た事無いなー。1匹見たら10匹とか100匹とか言うのはチャバネの事だよね、多分。

ヤマトゴキブリって何かと言えばその名前の通り日本に昔からいる種で、普段は屋外にいるけど屋内にも侵入してくるらしいです。というか、外来種のクロゴキブリやらチャバネゴキブリやらによって追い出されてしまったとか何とかって話。雄は少し細長くて大きめな感じで、雌は羽が短くてコロンとした感じ。実物見ただけあって詳しいですよ。というか、これ書いてたらタイムリーに迷い込んできましたよ。トラが追い回してて当然「没収&放逐」なんだけど、数ミリの隙間でも余裕で通り抜けるのを改めて確認しました。2ミリくらいだったかな。検索すると1.5ミリから侵入可能と言われてるので、大きさによっては1ミリでも通り抜けられそう。

要するに、これはもう外からの侵入を100%防ぐのは無理って話ですよね。1ミリの隙間も開けてはいけないって、いくら高気密住宅だったとしても無理なんじゃないかと。駆除と言っても家の中で大繁殖してて困ってるわけでもないし、それならいっそ繁殖し辛い環境を保つ方が現実的なのかなと思います。

だから、ゴキブリに侵入されるのが嫌だったら家の周囲に廃材や木製品を放置するのはやめた方がいいんじゃないかなーってね。あと段ボールも。それと屋内はキチンと整理整頓をして物は少なくゴキブリが好みそうな物陰なんかは減らす!


……自分で書いてて何だけど、耳が痛くなる話です。

20140423i.jpg
なので、これで少しはマシになったかなと。ほんの少しだけですけどね。氷山の一角だから。

20140423j.jpg
そしてこの一角に処分予定の廃材を置いてみたら……結構な量になりました。これ全部解体したんだよなぁ。頑張ったなぁ自分。と、たまには自分を褒めとこう。

って、書くの忘れてた。あースッキリした。(お約束)


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m