キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP清掃日誌的な ≫ 超手抜きな浴室床掃除

超手抜きな浴室床掃除



春先になると野焼きとかやってるじゃないですか。あーもうそんな…季節だっけ? と思いながら、車窓から見える景色をぼんやりと眺めてたんですよ。そしたらパトカーがおりましてね、左折しようとしたら手でバツを作ってるじゃないですか。こっち来るなと。火事でした。その後、けたたましいサイレンと共に消防車が走っていきましたとさ。そ、そうだよね住宅地で野焼きやんないよね。

田舎(特に農村部)では野焼きというかゴミ焼きで煙モクモクと出してるのが割と普通の光景なので、私の頭の中ではあんまり違和感無かったんだろうなぁ…。幸い斜面の枯れ草を焼いただけで済んだみたいなので良かったけども。

line.gif

さすがに3月にもなると冬眠したくなるほど寒い日は減ってきます。すなわち、掃除日和が増えるというわけですよ。今年は去年からの約半年分を挽回しないといけないので、かなり頑張らないと。

20140303a.jpg
というわけで、今回は浴室の床。寒さやら何やらで、しっかり掃除出来てなかったもんなぁ…。ちなみにラックは撤去したままだけど、特に不便だと感じる事も無かったりするので、やっぱりこのまま撤去という方向で。

20140303b.jpg
それにしても、窓が凍ってしまうからと換気サボってたらこのザマだよ。これで良い訳無いですよね。先月から掃除しないとなぁ…と思い続け、ようやく寒さも多少は緩んできたので掃除を実行します。

20140303c.jpg
超手抜きな方法、それは漂白剤を床一面に撒くこと。これをやりたいがために、暖かくなるのを待ってました。以前ちまちまと漂白剤使って掃除してたら、やっぱり目鼻にダメージを食らったので、一気に塗布して放置する方法じゃないとダメだなと思ったのです。塗布どころか散布ですけども。そして希釈すればいいのに原液のまま。どこまで手抜きなんだ…。

ちなみにちょいと調べてみたところ、タイルの目地は酸性に弱いらしいので(目地→モルタル→セメント→アルカリ性って事?)、強酸性の洗剤なんかは原液のまま使っちゃダメらしいです。タイルそのものは割と何でもオッケーみたいなのだけど。ちなみに撒いた漂白剤は塩素系。主に次亜塩素酸ナトリウムで、アルカリ性。

20140303d.jpg
窓全開で放置して数時間後。おお、キレイになってる。

20140303e.jpg
先の画像とは違う場所だけど、近い所のタイル。黒ずみは大体無くなりました。月並みな発言だけど、この状態をキープ出来ればいいなと思います。って、「いいな」じゃなくてキープするの!

20140303f.jpg
しかし汚れが落ちなかった部分もありまして…これ、ラック置いてた場所なのね。金属の足部分だから…錆? 緑青? あの金属みがき使っていいもんかなぁ。あんまり良くなさそうだけどなぁ。考えてみます。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m