キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPひたすら掃除と片付け ≫ 押入れをスッキリさせたいのに

押入れをスッキリさせたいのに

 
20131003a.jpg
これからDIY的な何かをするのなら、10月~11月が勝負です。寒い時に作業するのは辛いですからね…。主に防寒対策で何かしたいと思っているものの、実際どうすりゃいいのか分からず頭抱えて何も出来ずに終わり、なんてケースがほとんどなんですが。でも今年は例年以上に何とかしたいという気持ちが強いのです。だって寒いのが嫌なのは人間も猫も一緒だから。

20131003b.jpg
うっかりレンズ触っちゃったのに気付かず撮ってしまったので、ぼんやりメルヘン風味ですが、ただの押入れです。ここ、冬場になると猫の寝床になります。でも人間からしてみると、この空間が暖かいとは思えないんですよね。単純に使わない布団が置かれているから集まって団子になってるだけというか。

というかその布団、ほったらかしにしてたらカツオブシムシの楽園に…なってたの(泣)。まぁ少しぐらい湧くのは仕方ないとは思ってたけど、それどころじゃなかった。さすがに引っ越してきた当初に見つけた鰹節削り器に湧いたような密度ではないけれど(あれはすごかった)、ああ、だから自分で管理出来ない物は持ちたくないんだと頭を抱えてしまうのでした。ちなみに自分達の布団には湧いてませんよ…。

いつもならここで「これだけ食われたら仕方ないしー」と言いつつ処分するんだけど、冬になると猫だまりになるしなぁ…と思うと躊躇してしまいます。

20131003c.jpg
仕方ないので、掃除機で物理的に駆除してから、干してみました。カツオブシムシの幼虫相手に布団干すのは意味なくても、他に意味はあるからね…。あと、多分内側にも潜んでて駆除し切れてないだろうから、何回か繰り返してみようかと。殺虫剤使う事も考えたけど、猫いるから無理。ナフタレンは臭いがトラウマレベルなので(最初に引っ越してきた時はすごかったから…)、私が無理。

脱酸素剤も効果的らしいけど(要するに窒息させる)、布団レベルの大きさをどうやって…って、ホームセンターなどで売ってるのね。そりゃそうか。食品に付いてる乾燥剤を必死にかき集める姿を想像してしまいました。

だけど、多分ね、どう頑張っても根絶は無理だと思うから。成虫は普通に外から入ってくるし、とにかく何でも食べるから清潔にしてれば絶対に湧かないというわけじゃないし。家から有機物無くせば湧かないかもしれないけど、まず無理だし。だからといって開き直って掃除しないとか、そんなわけにはいかないけども。

20131003d.jpg
なので少しでも発生源になり得る物を減らしたいわけです。まず古いタオルケットなどは…使いませんよ。もしもこの先タオルケットが必要になるような事態が発生したとしたって、ニトリあたりで買うからいいです。恐らくお義母さんは捨てないんだろうなとは思うけど、これ取っといても何も良い事なんかないから。

20131003f.jpg
あとこれも。普通の毛布じゃなくて、かいまきです。使わないし、何の応用にもならないし、ホントもう埃っぽいのでゴメンナサイ。私ですらノドがイガイガしてくるレベルなので、夫が瀕死になってしまいます…!

だからね、夫の事を考えると本当に衣類とか処分したいんだけど、お義母さんはそのままにしといてって言うので困ってます。お盆に言われたんですよ、納戸(じゃなかった、廊下の行き止まり)にある服の事を話したら。自分の手で整理したいというのならいいんですよ…でも6年経ってもそのままの状態なので、ねぇ。夫実家の状態を見てると、ほっといたら30年はそのまま放置されるような気がするのよね。

というか30年も放置してたら強制イベントでも起こらない限り、多分一生そのまんまだろうな。そして次の代へ丸投げ…だーかーらー、それが嫌なんだってばぁ!(泣)だいたいね、布団1枚干すのだってそこそこ重量あるってのに、こういう事を年取ってからホイホイ出来るわけがない。つまり片付けるのだって、どんどん大変になってくんですよ。来るべき時のために延々と筋トレでもしてろっていうんですか。いやまぁ筋トレは健康的でいいかもしれないけど。

20131003e.jpg
そうなのよね、この収納の中身だって、取っておいても何も良い事なんかないのよ。なので、以前片付けた時に保留にしていた物を処分しました。寝巻きとか着物の下着とかは…いいんじゃないかなと。

20131003g.jpg
何でこれ取っておいたんだっけか。古いし使わないので処分。それにしても、もう何年も経つってのに、まだナフタレン臭いです。オソロシヤ…。

ところで、このケースの一番奥から、ビニール袋に突っ込まれた何かが出てきたんですよ。ここに押し込んだのは私なのか元からなのかは覚えてないんですが、ビニールの中身については把握してなかったのは確かです。普通ならそれが何なのか確認してみたはずなんですけどね、何故かそれもしなかったんですよね。となると、存在自体気付かなかった可能性も高いんですが、とにかく今回はそれに気付いてしまったと。

何でこんな微妙な言い回しばかりしているかというと、本気で扱いに困ってしまう物だったからです。ええと、水着でした。それも、学校指定的な。こういうのって記念に取っとくもんなの!? と、愕然としてしまったわけです。いやだって、普通にさっさと捨ててましたもん。ランドセルとか制服ならまだ分からないでもないし(それすらも卒業後さっさと処分されましたが私は)、ジャージくらいなら卒業後もしばらく部屋着になったりするかもしれないけど(やらなかったけど)、水着は使い道ないでしょう…。だって見るからに小学校のだよ?

となると、やっぱり思い出の品か…いやそれなら無造作にビニール袋に突っ込まれてないと思うんだけど。ゴム製の水泳帽なんか黄ばんでるし。自分の物じゃないので、基本的に思い出の品というのは処分しないという方針はあるものの、こ、これは…困ります。何か困ります。

取っといた本人は既にこの世にはおりませんが、そもそも使っていたのはお義母さんだから、お義母さんの物という事になりますよね。恐らく子供時代の水着が残ってる事は知らないと思うんだけど…う、うーん。いっそお義母さんに見せてみるってのもアリかもしれないけど、それで「取っといて」って言われるのも果てしなく困ります。でも、九割九分言うんじゃなかろうか。いやいやいやいや、思い出は写真だけにしとこうよ…。

いっそ誰にも言わず黙って処分してしまえばいいのかもしれない(ってブログに書いたら意味が無い!)。でもなぁ…やっぱり、一応、夫には言ってみるか。何かビミョーな気分。で、言ってみたんですよ、どうしようって。「割とどうでもいい」だそうで。つまり処分してしまっても構わないと…いうわけでした。

20131003h.jpg
布団戻して完了、でもあんまりスッキリしない。猫は喜んで寝てるけど。

やっぱり自分の物じゃないといろいろ考え込んでしまいます。だけどこのままにしてて良いという事は無いし、お義母さんの言うとおりしてたら永遠に片付きません…まぁ、既に色々やっちゃってるので言うとおりにはしてないんだけど。

おかげで、いつの間にか「片付け魔」って称号が付いてました。お義母さんに言われたのね、そう。嫌味とかそういう感じではなかった(と思う)けど、私は別に片付け魔でも何でもないんだけどな…たまにブチッとキレるだけで、普段は片付けられない人間だから。

line.gif
って、そもそも何の話だったかというと、押入れをもう少し暖かくというのでしたよね。全然違う方向に行ってしまいました。壁とか床を引っぺがして断熱材入れればいいのかなぁ…でもそれ言ったら部屋全体、いや家全体と壮大な話になってしまうというか、素人には無理というか。

なんて調べてたら、引っぺがさなくても貼ればいいんですね。それなら出来る…か? 電気配線があるのでその辺りの処理をどうしようか考えないといけないけど、頑張ろう。猫のためにも頑張ろう。というか、あんまりストレス与えたくないので、やるなら一日で決めないと。うわ気が遠くなる。でも頑張る、ホント頑張る。雪が降るまでには何とか頑張る。


●メモブログ picomemo picomemo(裏側) あります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m