キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPお知らせ ≫ ブログのこれから

ブログのこれから

まず最初に、前回記事に拍手含めコメントして下さった皆様、本当にありがとうございます。そして個々に返信出来ない不義理をお許し下さい。皆様のコメント一つ一つ、噛み締めるように読ませて頂きました。本当に本当に感謝いたします。

そして改めまして、明けましておめでとうございます。いや、「ございます」じゃなくて「ございました」ですね。既に過去形。すごく今更というかロクに新年の挨拶もしていませんでした、どうもすみません。

前回の記事が記事なだけに、心配をお掛けしました。でも本人は意外とケロリとしていて、フラフープを回したりして過ごしています。毎日5分だけでもいいからとにかく今年は続けてみようと頑張ってるんですよ。と書いた直後に挫折してますが、雪かきを行っていたのでノーカンで。

というわけで「ブログはブログ・実生活は実生活」なので、そんなに支障は出るもんじゃないです。むしろ夫の大トラ事件の方が生活に支障出まくってます。いやまぁそんな話はまたの機会に。

とはいえ、これからブログどうしようかなぁと、ずっと考えてました。昔から「気にするな」と言われても気にしてしまう性格だったんですよ。こればっかりはどうにも直せないんです。だから本当はネットは向いていないのかもしれません。というか、明らかにSNSなどは向いてないという自覚はあります。(だから参加しないんですが)

常日頃「価値観は人それぞれ」と言ってるだけあって、別に否定的なコメントをしてほしくないというわけではないんです。「私は、それはおかしいと思います」という意見は真っ当だと思いますし、嫌な気分にもなりません。いや、私の記事の書き方が悪いからなんでしょうね。挑発的な書き方をするから、結局自分のした事が跳ね返ってきただけなんだと思います。

だけど、私が愚痴をこぼしたり怒ったりしているのは夫実家の事であって、間違っても世間一般の事ではありません。例えば私が嫌なのは「夫実家で食事をする」事なんですが、あくまでも「私(ピコ)の夫の実家」の話であって、「結婚した相手の実家で食事したくない」という意味ではありません。仮に私の夫が別の誰かだったとしたら、結果はまた違っていたでしょう。(分かり辛くてすみません)

だから、もしも結婚した相手が違っていたら、夫実家に対して「家族にしてくれてありがとう」と思える事もあったのもしれません。でも夫の実家に対してはそう思えないのが現状です。

…という具合で、どうしてもあれこれ考えてしまうんです。その場で立ち止まってしまうんです。考え込む事は何も悪い事ではないけれど、前に進めないのはあんまり良くない事だと思いますし、何よりもっと気楽に伸び伸びとブログを更新したいです。

だから、本当に申し訳ないのですが、コメント欄を閉じさせてもらいたいと思います。今までコメントしてくれた方々には心から感謝申し上げます。ありがとうございました。また、コメント欄が開いていないだけで他の部分は何ら変わりありませんので、これからも時々覘いていただければ幸いです。