キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPその他雑記 ≫ 汚車の憂鬱

汚車の憂鬱

20120924.jpg


こんばんは、ピコです。
猛暑が去っても残暑が続く日々で動きが鈍くなっていましたが、ようやく正気に戻ってきました。ふと縁側の窓を見て「汚っ!」と思い、久し振りに窓拭き。ついでにサッシの掃除。ああスッキリ。

しかしね、窓拭きなんか(縁側の窓だけなら)わずか5分で出来る事なのに、何でマメに出来ないのかなぁ…と思います。何事においてもそうなんですが、作業を始めるまでが長いんですよね…腰が重いというか。頑張らんとなぁ。

---

新しい車が来て2週間、走行距離は1000キロ超えました。すっかり馴染んでます。そしてまだ車の中はそれなりにキレイです。トランクの中も余計な物は入ってません。外側はともかく、内側はこの状態を是非ともキープしたい…!

前の車は結婚前から夫が乗っていて、その時点で既に結構な汚車状態でした。座席の下にはビンやら缶やらが転がってるのが基本なんだけど、ある時、座席の下におにぎりが転がってるのを見付けて呆れた事もあったっけなぁ…。

そしてグローブボックスはいつもぎゅうぎゅう、その上にも収納があったんだけど、そこもぎゅうぎゅう。何故か化粧道具が入ってたり耳かきがはいってたり、薬だったり、ペットボトルキャップ(オマケのアレ)だったり、もう何なんだよ一体、という感じ。

一応夫の車ではあったんだけど、夫実家で誰かがちょっと借りるとかそういった事があったみたいです。いやまぁ、それは別にいいんだけど、何というか境界線の曖昧な家だなぁと思って。

内側がこれだけ無頓着なら、当然外側も無頓着で、後ろのバンパー歪んだまま直さないで走ってたんですよね。そしてあちこち結構傷だらけ。でもバンパーは夫がぶつけたんじゃないんですよ、夫実家でね。家族だからなあなあで済ましちゃったみたいで、そのまんま。車検は通るから直さなかったんだろうけど、何でぶつけた時に直さないのかなぁ…。

そんな車の隣にあんまり車止めたいとは思わないような気がするんですが、当て逃げされた事がありました。なんか小汚いしあちこち傷あるし凹みもあるからまぁいいや逃げちゃえと思ったのかは分からないけど、そういった良くない外見が当て逃げ事故を呼び込んだのかなぁとも思ってしまったり。

だから、少しでもマシにしようと一応は努力してきたんですよ。というのは前々回の更新で書いた通りです。ある程度は改善されたものの、どうしても「キレイになりました!」という状態には出来ませんでした。だからこそ、次こそは、最初からキレイな状態をキープしたいのです。

ちなみに新しい車は車内が微妙に広くなったせいか、収納が減ってました。でもね、収納があればそこに何でも突っ込む習性がある夫には、むしろ収納など無い方が良いかもしれません。

---

ところで、お彼岸ってなわけでお義母さん達が墓参りにやってきました。で、お義母さんの車に乗ったんですよ。そしたらね、座席の下に色々物が転がってるんですよ…親子だなぁ! 初めて乗ったわけじゃないんだけど、改めて見ると…物が多い。というか散らかし方が夫とそっくり。なんだかなぁ。

そういや夫はギリギリまで給油しない性格なんだけど、それ、夫実家全員そうだった。そのうち2人、ガス欠起こした事があった。もうちょっと余裕持って給油しようよ(泣)、3月11日の地震の事覚えてるでしょうに。

そうそう、あの時は朝に私が給油してくれと頼んだおかげでガソリン満タンだったのよね。だから実家に安否確認に行けたりしたんだよ。それでもガソリン無くなったけどね、2回並んだのも今となってはいい……いや、全然いい思い出じゃないよ。ガソリンが無いと夫が通勤出来ないので並ばざるを得なかったんだけど、毛布と湯たんぽ持って夜明け前から…寒かった。

とにかく、なんかね、もう遺伝子レベルか! と叫びたくなりました。正確には遺伝子関係なくて生活環境なんだけども。夫も私も物臭なのは同じなんだけど、タイプが違うのかなと思う時があります。それはやっぱり生活環境が違っていたからなんでしょうね。根本的に何か違うみたいです。

だからって自分の方が優れているというわけでは決してないです。ただ、自分に合った片付け方が必ずしも夫(や、お義母さん)にも合うとは限らないんだろうなと、ふと思った一日でした。



●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>