キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPその他雑記 ≫ いらない服は他人もいらない

いらない服は他人もいらない

20120705.jpg

こんばんは、ピコです。
先週末から涼し過ぎなんです。夜は、まさかの長袖。明け方は肌寒くて目が覚めます。(猫に毛布奪われて)

今回の記事は2週間くらい前に書いたんですが、以下その時の書き出し。

---

夏なんです。
暑いです。
るるるーるるるーるるーるるーるるー。
ゲシュタルト崩壊。

ああもう何書いてるんだかさっぱりだ。
(とりあえず暑さで頭が参ってる様子が伝わればと)

20120616f.jpg

とにかく暑さに弱いのです。気温が25℃超えるとうだります。
そんな時はせめて涼しげに光るマウスを。

というつもりで買ったわけじゃなくて、サブ用に買ったやっすいマウスなんだけれども。なんかね、投げ売られてたから買ってみたら光ってた。深海にいそうな感じなので、「クラゲマウス」と命名。使い心地はお値段それなり。まぁサブだから。

---

…寒暖差、激し過ぎ。
というか、暑さに弱過ぎな様子が分かります。ホント、何書いてんだか。

でもそろそろ暑さが戻ってきそうな気配なので、今のうちにエアコンの掃除をしとこうと思います。私だけならエアコン使わないで我慢出来るんだけど、猫がね。

日に日にバテていく様子を見ると、冷房無しでの外出はやっぱり無理だなぁと。特に黒毛もっさもさふっさふさの猫がね…もう不憫なくらいです。うう。

---

そんな暑かった日の出来事。夫が服を貰ってきました。

まぁ着なくなったとかサイズが合わないとか…そんな理由で、「欲しい」と言う人にあげるというのは「あり」だとは思うんですよ。あくまでも「欲しい」と言う人にあげるのはありだと。そう、現物を見て欲しいと言う人にならね、あげてもいいと思うんだ。(しつこい)

でもね、服に無頓着な夫は「あげる」と言われれば何でも無抵抗に貰ってきます。そして目の前にはパンパンに膨らんだ謎の袋。もうね、嫌な予感しかしないのね。なんというか、久しく感じていなかった気持ちが蘇るんですよ。この家を片付けるのに翻弄されてた頃や、夫実家で片付けてた時に「あ、開けたくない…」と思った、あのイヤな予感。

開封しても良い事など起こりえない。分かってるのに、開けなきゃいけない。開けなきゃいけない。開けなきゃいけないのか。なんでこうなるのかなぁ。そういう星の下に生まれてきちゃったのかなぁ。開けたら不幸になるって分かってるのに、開けなきゃいけないのかぁ。悲しいなぁ。


てなわけで渋々開封したら、やっぱりね、やっぱりだったのよ(泣)。


実物を見てもらえば私の嘆き悲しみ憤りがいくらかは伝わりやすいと思うのだけど、さすがに人様からの貰い物を写真まで撮って晒し吊るし上げるというのは気が引けるのです。でもブログで愚痴らずにはいられないくらい、ビックリだったんですよ……!

(1)タグが付きっぱなしの長袖シャツ
あちこち黄ばんでるんだけど、黄ばみが半端ない。
というか輪ゴムが溶けて引っ付いてた。

(2)バスタオル
何でバスタオル。
よく分からないよバスタオル。
白地じゃないのに(しかも淡色でもないのに)黄ばんでるのが分かるくらい、汚れてる。

(3)セーター
首のあたりが大きく解れてる。
これを着こなせる人はいないと思う。

(4)タグ着きセーター
タグ付きだから新品なんだけど、新品とは呼びたくないくらい、古い。
虫の抜け殻がいっぱい着いてるセーター。カツオブシムシですね。
グレーなので強烈に目立つわけじゃないけど、やっぱり黄ばんでる。

(5)更にセーター
虫がわらわらと湧いてるセーター。カツオブシムシですね。
手にした途端、ぽとぽとカツオブシムシの幼虫が落ちてきたのには参った。やあ参った。

どう考えても冬物なんだけど、今、夏ですよね。衣替えで出た不要品かと思ったけど、何年振りの衣替えだろうかと思うくらい古いんです。というか、全体的にやたらとチクチクします。手の甲やら腕が痒くなってきたのは気のせいですか。

…あのね、悪意は無いというのは分かってるの。「自分が着ないから誰かにあげれば互いにハッピー☆」という考えというのは分かってるの。Win-Winの関係とか、いや、これ完璧に負けてるだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!(号泣)

ちなみにその黄ばみっぷり、以前天袋から出てきた大量のタオル・シーツと状態が酷似しています。それに加えてデザインの古さから、最低10年はタンスか押入れの肥やしになってたかと思われます。(個人的には20年レベルもありえるかと思う)

そして解れたセーターとか虫湧きまくりのセーターとか、どう考えても着れないです。黄ばみを極力取るにしても家庭じゃ無理なくらい強烈に黄ばんでるのでクリーニングに出さないといけないし(そして出しても取れないと思う)、解れは直せば着れるのかもしれないけど、かなり大きく解れているし、そもそも私には無理。

結局のところ仕立て直しやらクリーニングやら業者を介さないと無理なレベルで、そこまでする価値があるのかといえば、無いです。悪意は無いのだろうし、むしろ善意なのかもしれないけど、ここまで酷い状態だと……本当に申し訳ないけど、ちと迷惑。

これをくれた人はどうして今まで放置してたのかなぁと思うし、どうして今更人にあげようって思ったのかなぁと思うんです。一番よく分かんないのがバスタオル。バスタオルの状態以前の問題で、何故バスタオルを人にあげようと思ったのかが理解出来ない。

もしかしたら「断捨離」にハマッちゃったのかなぁ。そりゃないか。しかし何にせよ、要らないから他人にあげたというのは紛れも無い事実なんですよね。

ここ片付けブログだから全力で主張するけど、不要品を他人に押し付けるのは片付けって言いません。

あのね、自分で着れないと思った服は、概ね他人も着れないんですよ。
自分で要らないなって思った物は、大概他人も要らないんですよ。

捨てるのが勿体無いという気持ちは分からないでもない。だからってね、人にあげれば万事解決だなんて思っちゃいけないの。自分で捨てられないからって他人に押し付けるのはどうかと思う。たとえ、その自覚が無かったとしても。

お義母さんが「婚礼ダンスをリサイクルショップに持っていけば(それなりの良い値で)売れる」と本気で思い込んでるのと同様なんだと思うのね。物を客観的に見れてない。客観的に見た時に、それ自分で着れますか? 使えますか? って話なの。サイズとかデザイン以前の問題で。

リサイクルは必要とする人がいるから成り立っているわけだけども、解れが激しかったり虫が湧いてたり強烈に黄ばんでたりする服を必要とする人が、果たして存在するのかな……って、最大の問題はそれを確認もせず素直に貰ってくる夫なんだよなぁ。

貰えるものは何でも貰うという性格じゃないんだけど、無抵抗に貰っちゃうのも考え物だよね。そういう性格も汚部屋を形成しやすい一因だと思うのよね。捨てられない人が何でも貰っちゃう人に物を渡す、何その汚部屋リレー…んなもん断ち切ってやるわ!

本当は、事実を指摘してお返しするのがいいのだろうけど、なかなか言い辛いですよね。言ってしまった後の関係がどうなっても構わないのであれば話は別だけど、そうはいかないのが社会のしがらみ。話を聞くと、どうも年上の人らしく断り辛い空気もあったのらしいのだけど、次からはちゃんと断ってねとお願いしておきました。悪い人ではないらしいんだけどね…うーん。

今回は処分するしかないんだけど、処分するのも簡単じゃないんだから。お金掛かるか(粗大ゴミ行き)手間掛かるか(細かく切って少しずつ処分)のどっちかなのよ…それやるの夫じゃなくて私なんだよ…ホント、とんだ貧乏クジ引かされたもんだよ。

---

しかし夫ってそんなに着るものに困ってるように見えるのかなぁ。貧乏なのは事実なんだけど、単純に服に無頓着なだけなんだよなぁ。私服出勤で時々汚れる事もあるから(しかも溶剤の類で色移りとか)シンプルなTシャツ着てもらってるんだけど、って、それがダメなのか。うーん。

なんて、色々考えて複雑な心境になってしまいます。うーん。うーん。うーん。




●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>