キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP収納・リフォーム・DIYのようなもの ≫ シャワー水栓の交換に(無謀にも)挑んでみたって話

シャワー水栓の交換に(無謀にも)挑んでみたって話

20120528a.jpg

こんばんは、ピコです。
溜め込んでた画像もそろそろ出尽くしたので(結局削除しちゃったのも結構あるけど)、今回で過去話最後かな。次からは普通の更新に戻ると思います。たぶん。

というわけで、過去話の大トリはシャワー水栓の交換です。
話が長いです。とっても長いですごめんなさい。

---

20120528b.jpg

発端は、この古い水栓の水漏れ。
左側が完全におかしな事になってますよね。常に水が入り込んでて、真っ黒け。

引っ越してきた当初は水漏れなど無かったものの、生活しているうちに少しずつ水が漏れ、最終的には「捻ると別の所からも水が出てくるよ」状態に。

20120528c.jpg

ポタ…ポタ…ではなくポタポタポタポタポタポタ、みたいな。

以前からずーーーーっと気になってて補修しようとは思ったんだけど、補修しようと思った矢先に軽く指骨折しちゃって、年末になって、年始になって、人生放り投げたくなって寒さも厳しくなっちゃった。

というかね、直すチャンスはあったんですよ。12月に外で水漏れ箇所があるのが発覚し、直してもらったんですよ。すんごく忙しかったらしいのだけど、ちょうど近くで仕事があったらしいので、そのついでに。

それなのに、うっかりシャワーの方は言いそびれてしまったんですよ。バカバカバカバカ、自分のバカ。

---

まぁ色々あった冬も過ぎ、暖かい春になりました。
そんなわけでようやく補修に挑戦したんですけれども…

20120528d.jpg

どうも雲行きが怪しい。
いちいち部品は古いわ、錆なのか汚れなのかよく分からないくらい真っ黒けだわ、別の所も水漏れが発覚するわ、補修するパーツ間違えて買ってきちゃうわ。(最後のは自業自得)


ああもう! 新しいのにしていいですかーーーーーっ!!


プライヤー振りかざして夫に抗議しました。もう限界だー! と。
ま、意外とあっさり許可は出たけどね……

20120528e.jpg

昭和から平成へ。
まさかのサーモスタット付。

ネットじゃなくてホームセンター何軒かはしごして探してみたのだけど(割と急いでたから)、何故かこれが一番安かった(12000円くらい)のですよ。でも後日、更に安売りされてて(7980円)切なかったです。期間限定特価ってやつですね。

何はともあれ、取付作業は私がすると。ああもうホント、夫とか大家さん(お義母さん)はもう少し作業の大変さを認識するといいと思う。いやそりゃ自分でやってみたいという気持ちがあるからやってるんだけどさ。

20120528f.jpg

と、グチグチ言いつつも、箱を開けるとテンション上がります。
新品だ♪新品だ♪

---

20120528g.jpg

じゃーこれ早速はずそっか。

って、外す前に水道の元栓は必ず閉めようね。いや忘れちゃいないけど、うっかり忘れると大変な事になるはず。ブシャー! っと。

20120528h.jpg

ウォーターポンププライヤー持ってたので(この時に買った)、特に新たな工具が必要という事もなく取り外し完了。いやまだか。

20120528i.jpg

この中はね、もうね、古い黒い古い黒いという感じ。

次はこれ(クランクと言うらしい)を取り外すのだけど、この時注意が必要で、水道管とクランクを継ぐように存在するザルボというものを緩めてしまわないようにしなければいけないらしいのです。

万一緩んだり外れたりしても取説に対処方法が書いてあるのでどうにかなりそうな気もするけど、果てしなく面倒臭そうなので、出来れば回避したいところ。

しかし壁の中にあって、どんな状態になってるのかも分からないザルボ。恐いなぁ、大丈夫かなぁ。半時計回りに慎重に、恐る恐る、回していきます。

20120528j.jpg

あ、無事にクランクのみ外れた。ザルボも緩んだ感触無かった。よかった…。

20120528k.jpg

しかしお約束どおり、汚れてます。錆びてます。
極力キレイに掃除してから本体の取付作業へ。
(取説を必死に読んで作業に向かう)

---

20120528l.jpg

まず最初に新しいクランクをそのまま取り付けてみて位置の確認をしつつ、取り付けた際に回した回数を調べます。

20120528m.jpg

画像が若干斜めになってしまって分かり辛いけど、壁とクランクの先端にあるナットが平行になるように。

20120528n.jpg

そしてナットの中心(こうして見ると、穴の部分)が水平になるように取り付けるんだなーというのを確認。

ちなみに寒冷地用はこんな感じで必ずナット部分が上になるように(クランクより本体が上になるように)取り付けるらしいですよ。

---

位置や回転数を確認したら、いよいよ本格的な取付作業に入るのだけど、その前に。

20120528o.jpg
※失敗例(巻き方反対)

このね、シールテープを巻き付ける作業が難しいのなんのって。クランクをしっかり持ち、シールテープをぺたっと貼り付けて、軽く引っ張りながら「時計回りに」巻き付ける、というのまではいいんだけど…。7~8回「均等になるように」巻き付けるのが難しい。

というかうっかり失敗例しか撮ってなかったのすっかり忘れてました。上のは悪い例ですごめんなさい。

適当に済ませたら、下手すれば水漏れの原因になるので妥協は許されません。というか妥協すれば普通に水漏れ起こすので妥協のしようがないんですけども。

それで散々苦労する羽目になると、この時点では気付いておりませんでした…。

---

シールテープを巻いたら、次こそは取り付け作業。
先に調べておいた回転数より「1回少なめ」に回して取り付けます。あ、勿論「時計回り」ね。

最初は何で1回少なめなんだろうなーと思ったんですけどね、シールテープぐるぐる巻きにしたらそりゃイヤでも少なめになりますわ。

そしてシールテープの巻き付けに本当に苦労したのは、ここでの話です。あのね、この後本体を取り付けるじゃないですか。そこでうっかり反対方向に回そうもんなら、そこでアウト。緩めちゃったら水漏れの原因になるので、やり直しなんですよ…。

つまりは「恐怖の一方通行」なわけです。器用に一発でクランクの平行・水平がとれ、なおかつ本体の取り付けも微調整無しで一発で出来るのなら問題は無いけれど、何せこちとら不器用でビギナー。失敗の連続ですよ。

20120528y.jpg

失敗するとこうなります。あー水漏れ。
緩めた自覚が無くとも、シールテープの巻き方に問題があれば漏れるのよね…というわけでシールテープをしっかりと均等に巻かなければならないのです。

そしてその上で、クランクを緩める事なく本体を取り付けなければならないのだけど

20120528p.jpg

こんな感じで手前で止めといて、本体を取り付ける位置に持っていき、それに合わせるように締めました。

20120528r.jpg

やっと出来た……。
後はナットの内部にパッキンを入れて、本体を取り付けます。

20120528s.jpg

ちなみにプライヤーで外したり締めたりすると傷がすごいんですよね。だから布をかませて作業してました。しかしこの後やり直した際にうっかり忘れて新品に傷が……。(さすがにちょっと悲しい)

20120528t.jpg

とりあえず本体取り付け完了です。

---

次はパイプとシャワーホースの取り付け。

20120528u.jpg

パッキンを本体側に取り付けて、そこにパイプを差し込みナットを締めるだけ。

20120528v.jpg

いつも迷うんだけど、向きは、こう。
溝が上向き。

20120528w.jpg

手順さえ分かれば、難しい事は一つもありません。
クランクの取付作業よりずーーーーっと、楽。

20120528x.jpg

シャワーホースの方は手で締められます。

20120528zz.jpg

ヘッドはとりあえず既存のを使う事にしました。
まぁそんなに古くないし、節水のだし、違和感ないし。

---

最後に水道の元栓を開き、水漏れが無いか確認して水漏れがあったので2回ほどやり直して(泣)、ようやく完了しました。


20120528z.jpg



いやー新しい! なんか嬉しい!
これだけで浴室の雰囲気が少し明るくなりました。水栓が新しくなった効果もあるけど、シャワーホースが黒から白になって統一感が出たのもあるのかなぁ。

何はともあれ、水漏れが起こらなくなって良かったです。そして取付後も今のところは水漏れが発生してないので一安心。そろそろ座金(壁に接している部分)にコーキングしようかと思ってます。いや、万一水漏れが発生しても気付かないんじゃないかと不安で…封印するに封印出来なかったんですよ。

次は鏡を新しくしたいなーなんて思っちゃったりもするんだけど、どうかなぁ。どうだろうなぁ。あとシャワーホースを掛けるフックの場所変えたい。願望は尽きないものです。(実行力が伴わないんだけども)


●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>