キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP収納・リフォーム・DIYのようなもの ≫ 網戸の張替え+オマケ

網戸の張替え+オマケ

こんにちは、ピコです。
チェストの上は、すっかり猫スペースになりました。下に100均手ぬぐい敷いたはいいけど、気付くとクシャッとなってます。

で、戯れにカゴなんぞ置いてみたら

20120621a.jpg

とってもとってもお気に入り。
時々奪い合いになったりします。
どうして君ら、そんなにカゴ好きなんだい。(猫全般に言える事なんだけども)

---

火曜日に残ってた網戸の張替えをしてきました。
実家で張り替えた時より(そして夫実家で張り替えた時より)作業が楽に感じたというのは、かなり慣れてきたという事でしょうか。

というより、夫実家で散々苦労した後なので、やたら楽に感じるという事でしょうか。ガタガタ動く枠じゃないって、ステキなコトネー。

で、忘れないようにメモしときます。

20120621b.jpg

最初の2辺をしっかり真っ直ぐ押さえる事が出来れば大方成功したも同然かと。とにかく大事なのは最初の2辺。という事は、肝心要なのは最初の1辺。短い辺からという説と長い辺からという説があるけど、私は短い辺から始めた方が楽だったかなぁ。

あと、ローラーはぐりぐり往復させずスッスッスッと前進させるのみ。ちゃんと押さえゴムが入ったか不安だけど、1辺全部入れてから改めて押さえていけば大丈夫。

20120621c.jpg

実家で使用した網は20メッシュ。柔らかいので比較的楽に押さえゴムが入っていきます。(それでも慣れるまでは押し込むのに力込めちゃって大変だったけども)

ちなみに24メッシュだともうちょっと頑丈な感じ。ほつれ防止の白い糸が3本くらい入ってて、網戸の枠と平行にする目安になるので楽でした。20メッシュのは1本のみで、微妙に歪んでたりもするので目安にするには心許無い感じ。網目が細かい分頑丈で押さえゴムが若干入り難いけど、仕上がりはこっちの方がキレイな気が。

って、どこで24メッシュなんか使ったのかって?
足りなかったので買い足そうとしたら売ってなかったんですよ。同じメーカーの20メッシュの黒ってのが。さすがにムサシまで行く余裕は無かったので、仕方なく一部分だけ24メッシュになったわけです。グレーの方は各種あるんだけどね…つまり黒よりもグレーの方がメジャーなんだろうな。(そりゃそうか)

20120621d.jpg

そうそう、押さえゴムは出来るだけねじれないように入れるのがポイント。ねじれたまま入れていくと一緒に網まで歪んでしまい、弛みの原因になるので。とはいえ実際そんな完璧に真っ直ぐ入れるなんて無理ですわね。極力という話です。

ちなみに最初はゴムをケチろうとして切らずに入れていったんですが(切って入れると必ず余分が出てカットしなければならないため)、そうするとねじれるわねじれるわ……学習しましたです、はい。

20120621e.jpg

あと、こういった大きな網戸の場合、真ん中の部分って若干がたつく場合があるんですよね。夫実家のはネジが行方不明で片方完全に外れてましたが。

網は全部外さず半分だけ残しとくと良いよというアドバイスを読んだので(業者さんのページでリンクして良いのか分からず。Googleで 網戸 張替え コツ で検索して3番目くらいのところかな?)、実践してみると確かに違う…!

20120621f.jpg

おかげで楽に出来ました。
こうして見るとグレーと黒ってかなり違いますね。

20120621g.jpg

残りはカッターで切り取る作業。
普通は枠内にカッターの刃を当てて切っていくんだと思うんですが、そうすると傷が目立つんですよね…このサッシ。ブラウンの塗装が剥げて銀色の線がくっきりと。

なので、削ぎ切りみたいな要領で切っていきました。切り落とす方の網をほんの少しだけ持ち上げ、軽く引っ張りながら切るのがポイント。ただ、その方法だとうっかり身(張ってる網の部分)まで切っちゃう恐れがあったりして。それは致命的なダメージだ。(最初2回ほど失敗して、強引に補修した)

20120621j.jpg

だからね、刃の角度というか位地にはくれぐれも気を付けて。赤線より上に刃が掛からないように。それと、壁紙でも何でもそうなんだけど、刃はこまめに折って常に切れやすい状態をキープする事。(しかしケチって使い続けてしまうのが私。反省)

ピンピン飛び出てるほつれや切り損ねた部分を丁寧に切って、完成!

20120621h.jpg

いやー出来た出来た。
何枚も張っていくうちに作業効率もアップして仕上がり状態もアップ。今回は最初の日に掛かった時間の半分以下で作業出来ました。

20120621i.jpg

ちなみに曲がるとこうなります。うへー。
あ、押さえゴムが古いのは足りなくなったからです。夫実家で使っちゃったから…。でも意外と劣化してなくて大丈夫でした。

というか、ブラウンのサッシにグレーの押さえゴムは相当目立ちます。ネットで注文すればよかったかなぁ。次はそうしよう。

---

20120621k.jpg

外から見るとこんな感じです。グレーよりスッキリして見えるといえば見えます。そして内側の様子もよく見えます。まぁ、レースのカーテンあるので大丈夫かと。

20120621l.jpg

内側から見ると、こう。よく見えます。グレーよりも網が目立たないということは、多少の歪みもあんまり目立たないといえば目立たないのかもしれません。それだけに埃など何かが付着すると相当目立ちます。

---

オマケ。

20120621o.jpg

何でいつ行ってもこんなにスッキリしてるんだろう。
(なんて迂闊に言うと説教始まりかねないので言わない)

そういえばすっかり忘れてたけど、去年実家の洗面所のプチリフォーム完了してたのでした。

床編
壁編

20120621m.jpg

モールディングで枠を作れば、ほれこの通り。色塗っても良かったけど、このままでも十分。

下には長めのタオルバーを設置して、バスタオルなど掛けてます。のっぺりとした空間が無くなり、タオルを掛けるスペースも出来たのでスッキリ。

20120621n.jpg

棚も設置し終わりました。
母、身長が低いので少し低めに取り付けてます。そして敢えて上部の方が(壁に向かって)奥行きあります。

ちなみに石膏ボードなのでビス留めどうしようかなぁと考えたんですが、「どこでも下地」というのを使用してみました。



ビスより少し大きめに穴を開け、そこに水を染み込ませ絞ったスポンジを押し込み、そのスポンジに液剤を染み込ませ放置、固めて下地にするというものなんですが、簡単なようで慣れないと意外と難しいです。

液剤を染み込ませるのはいいんだけど、何せ穴の中、見えません。実際どれくらい染み込んだのかが分かりません。なので「これでもか!」というくらい流し込みました。そうすると結構な量の液垂れが生じるので、養生が大切。(液剤がかなり余ったので足りなかったのだろうかと不安になったけど、元々多めに入ってるらしい)

結果的に大丈夫だったんだけど、完璧に出来たのかどうかさっぱり分からないので耐久性に不安が。まぁでも棚だし、片側は柱があるのでしっかり留まってるだろうから、万一外れてもそんな被害は出ないかと。

次の実家シリーズはトイレの壁紙を予定してます。本格的に暑くなる前に出来ればよいのだけど…。(無理だったら涼しくなってからだなぁ)


●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>