キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPひたすら掃除と片付け ≫ 「片付ける」ということは「現実と向き合う」ということ(前編)

「片付ける」ということは「現実と向き合う」ということ(前編)

20111129e.jpg
(去勢手術後の時の写真なんだけど、動物病院出る前の時点でカラーはズタボロになってました)

こんばんは、ピコです。「いい肉の日」でしたね。いや、特に意味無いんですけど。ちなみに今日の晩御飯はオイルサーディンの和風パスタだったんだけど、夫に作らせてみたらパスタ3人前茹でてた…!(多過ぎだよ)

---

さて、今日も自分探し的な話です。
その前に本日の質問を。

---

故人のもの全て捨てる!!
これ程無駄なものは無いと思うので。
多分お義母様たちもあることなんて忘れているはずだから
遠慮なくバシバシいってみよ~~~~~!!!
記念に取っておきたそうなものや大事そうなものは自己判断で
段ボール箱1個だけは許そう~~~~~!!!
おりゃぁあああーーーーーーーーーーー!!!
の精神でお願いしやす。

---

納戸のおばあちゃんの遺品を極力全部捨ててしまって下さい。

---

ありがとうございます。私も出来る事ならそうしたいですが…「ごめんなさい、まだ自分には出来ません」というのが現状です。いやホント期待されている方は結構いらっしゃるかと思うのですが、現時点ではご期待には添えません。今まで散々片付けてきてそりゃないだろと思われるかもしれません。でも、さすがに「思い出の品だろうか、どうだろう」と思う物は簡単に処分出来ないのです。

例えば写真や手紙などは簡単に判断出来ます。しかしそれ以外で「これはいらないだろう」と判断した物が、お義母さんにとっては「いるもの」だったりするのは多々ある事です。いやだから使わないだろと思っても、そこで強引に捨てるのは難しかったりします。

私はそういった物はやはり当人が片付けるべきだと思うんですよね。本当は赤の他人がやっちゃいけない。きちんと自分や現実と向き合いながら、自らの手で片付けるべきだと思うんです。大事な人を亡くして悲しみに暮れている人に向かって「処分しろ」なんて、私には言えません。勝手に片付ける事など出来ません…いやまあ、お義母さんの場合はちょっと違うんですけどね。

結局は自分で片付けられるようになるのを待つしかないとは思うのですが、ところで、それってどのくらいの期間を要するのでしょうか。それこそ人それぞれなので、難しい問題です。でも夫の実家には夫が子供の頃に亡くなったお義父さんの衣類が普通に残されています。というか、お義母さんの若かった頃の衣類も残っています。

他人の悲しみを100%理解する事は出来ません。だから安易に「処分しろ」とは言い辛いです。とはいえこの状態がいつまで続くのかという事でこちらがストレスを受け我慢するというのも、なんだかなぁと思います。何でもかんでも処分しろというわけでは決してないのだけど、物で溢れ息が詰まる状況を作り出して良いというわけではありません。

だから、最善策はお義母さんが「片付けよう」と思えるように誘導する事なんですよね。お義母さんが現実と向き合えるように、私もお義母さんと向き合うとか。だけどそれが今の自分には出来ないわけです。正直、お義母さんにそういう事を言いたくないというか。なんかもう、関わりたくないんですよ。かなりのストレスになるんです。というか10月の件で被った精神的疲労がまだ癒えてません。鬼嫁宣言したものの、もうちょっとだけ休ませて下さい。エネルギー充填させて下さい。


長くなりそうな気配がするので、分けます。


●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>