キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP収納・リフォーム・DIYのようなもの ≫ 台所カスタマイズ(14) 1歩進んで100歩下がったので101歩進みたい

台所カスタマイズ(14) 1歩進んで100歩下がったので101歩進みたい

20110918a.jpg

こんばんは、ピコです。
カエルさん届きました。うひひ。

ちなみに冷蔵庫がどーなったのかといいますと。

20110918b.jpg

こーなりました。不注意でガツンと…(泣)。
まぁ多少の傷や凹みはあんまり気にしないタイプなんだけど、最初の一撃はさすがに心が凹むのです。

というわけで早速働いてもらいましょー。

20110918c.jpg
「俺ら何しにここに連れてこられたん?」「さっぱり分からんわ」「とりあえず壁に張り付いてりゃいいってよ」

なんか向かい合わせるとまるでお喋りでもしてるような。井戸端ガエル。

20110918d.jpg

じゃ、このへんで井戸端会議してて下さい。

20110918f.jpg

これで一件落着なんだけど、今ひとつパッとしないというか物足りないというか。いっそ30匹くらいくっ付けたらいいかもねぇ。(ダメだよ)

---

20110918e.jpg

買ったのはカエルだけではなかったりします。ストライプ生地のティッシュカバーは衝動買いというか、何の迷いもなくポチッと買い物かごに突っ込んでました。反省も後悔もしてません。ストライプ病は健在です。

20110918g.jpg

で、一番下のこのおっきな箱は何かというとね…

20110918h.jpg

ブレッド缶。



メール便じゃなくて宅配便にしたかったので、これも一緒に買う事にしたわけです。いえね、私、基本的に物臭ダメ人間じゃないですか。何となく物の置き場が曖昧なまま使い続けると、すぐにとっ散らかるわけですよ。

20110918j.jpg

ほらこのざまだよ。

せめて言い訳するならば、地震ですよ地震。あの時この上の物がほとんど下に滑り落ちちゃってね、どうしたもんかなーと思いつつぐだぐだと過ごしてたらあれよあれよという間にカオス空間に。物がごちゃごちゃなのは百歩譲って許すとしても、生ものじゃないとはいえ食品がぐっちゃぐちゃなのはちょっと許せない。(いや許せないって自分でやったんだろが)

20110918k.jpg

上を整理するのは簡単だけどね。
ちなみにザルとボウルはニトリのを3つばかり買って使ってます。ザル・ボウルのセットなんだけど、バラバラにしてザルはザル・ボウルはボウルに分けると取りやすいし使いやすいです。

20110918l.jpg

で、下の地震対策はどうしよっかなーと考えたんですけど、百円ショップで滑り止めシート買ってきました。これなら少しは揺れに耐えられるかな。

20110918m.jpg

でもシートが丸見えというのもちょっとアレなので、ランナー敷きました。(表にしようか無地の裏にしようかは今ちょっと考え中)

20110918n.jpg

地震の時はこのランナーがずさーっと滑って上に乗ってる物が落ちたのです。ランナーそのものは、端っこに置いてたカラーボックスが重石になって落ちなかったけど、結局ランナーさえ滑らなきゃそんなに物落ちなかったんじゃないかなと。でもまぁ、落ちても大丈夫そうな物しか置けないなぁとは思います。

20110918o.jpg

ホントはね、こうして上に置きたいなと思ったんだけど…こりゃ地震来たら簡単に落ちるわな。

20110918p.jpg

なので、ランナーの上に更に滑り止めシートを敷いて…

20110918q.jpg

その上に置きました。大丈夫かなぁと思ったけど、結構滑りません。後で滑り止めシート買い足して他の部分にも敷こう。

ちなみに購入の際は大きさでかなり迷ったんだけど、Sでちょうど良かったです。幅ピッタリ。(放熱する冷蔵庫の脇ってのがちょっと気になるけど)

20110918r.jpg

中身はかなり適当に突っ込んでますけども、隠せるのが嬉しいですね。万が一猫が侵入してオイタをしても大丈夫。(たぶん)


20110918s.jpg

とりあえず本日はここまで。続きはまた今度、滑り止めシートを買ってきたら。それにしても、ここまで来るのにかなり紆余曲折したよな…。(過去ログ眺めててそう思った)


●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>