キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPその他雑記 ≫ 窓に飛来するもの

窓に飛来するもの

こんにちは、ピコです。
先日書いた「大量発生する羽虫をなんとかしよう」の巻です。
いや、どうも無理っぽいんですが。(先にオチ書くな!)

虫の話ばっかりなので一応畳んでおきます。
↓続きを読むからどうぞ~





20090618s.jpg
気温が比較的高くて湿度が高い日は、この窓で阿鼻叫喚な光景が見られます

虫画像を載せるのはあんまりなので、今回は画像なしで。
いくら自分が平気でも苦手な方には堪ったもんじゃないですしね…ワタシもイメージ検索していて不意に蛾の画像が目に入ってしまった時は気が遠くなりました。勘弁して下さい。

まずは敵を知る事から始めましょう。

「羽虫」とは書いたけど具体的に何がいるのかはよく見ていませんでした。
というわけで、まずはそこらへんに落ちてる死骸を見て、たぶんコレかな~と思う名前を手当り次第検索して画像と照合する作業。いやそこまでしなくても大まかには分かってるんですけど、一応ね。

とりあえず2種類。

・セスジユスリカ
・オオチョウバエ


他にもいるんだろうけど(確かショウジョウバエも見た事がある)、とりあえず家の中に入り込んできたのはこの2種類。大発生してる時に外から観察すればもっと調べられるけど…蛾も飛んでるからイヤ。1cm以上の大きさの蛾はもうダメです。遠くから見るのも無理。(すりガラスの窓越しに見るのも無理、というか存在自体がもう無理、無理ったら無理)

ユスリカといえばアレですね、蚊柱。
幼虫はアカムシと呼ばれ…ああ、昔散々お世話になりました。(高校の生物の授業の実験とか、サンショウウオの餌とか)

確かアカムシの生息場所といえば…用水路とか、泥のある所だったような。
家の前には溝があるけど、あんまり水流れてる気配はないです。というか、フタが重くて上げられません…器具買ってくるしかないんだろうか。

しかし、溝の泥を取り除いても何か無駄なような気がします。
というのも近所に河川があるんですよね。
調べてみると、ユスリカの行動範囲は100mから一説には数百mに及ぶという…


無理


川の近くに住んでる以上は諦めるしかないんでしょうか。
ちなみにオオチョウバエもハエというよりはユスリカに近い種類で、まぁ生息場所も似たような感じ。でもチョウバエの方が生活の場に身近な所で発生するらしく…つまり下水などのキレイとは言えない場所があるというか…それって汲み取り式トイレじゃどうしようもないんじゃ(泣)。



ユスリカ・チョウバエ ブロック
※クリックすると楽天に飛ぶので注意


発生源が限られた場所であれば、こういうの使ってみたいんですけどね。
それともダメ元で家の前だけでもやってみるべきか…迷います。

でもトイレでチョウバエは見た事がないんですよ。
風呂場によくいるという話を見かけるけど、風呂場にも出ない。やっぱり台所なんですよね。外からの侵入か、あるいは排水口からの侵入か…。


そういえば台所の排水口の掃除、最近サボってたなぁ…。


ちょっとこれから排水口の掃除してきます。
その様子はまた後ほど。


●ランキング参加中●
よろしかったらポチッとクリックお願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みくださり、ありがとうございました <(_ _)>