キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP大震災の事 ≫ 今、自分に出来る事

今、自分に出来る事

こんばんは、ピコです。地震の揺れに関しては割と鈍感なのですが、さすがに余震恐いです。普通の揺れじゃなくて変な縦揺れがきたりするのでとても恐い。今まで何度も震度6クラスの地震に耐え、今回震度6強~7に耐えた家とはいえ、これからも絶対大丈夫だなんてわけは無いし、何より再びライフライン断絶なんて事もありえるので余計に不安なんですよね…。

地震以外はというと、相変わらず「燃料不足」という現実に直面しているけれど、少しずつ日常が戻ってきています。地震が起きてから3日目あたりに(実家に行く時に)見たかなり大きな地割れも、一昨日通った時には既にほぼ均されていました。通行可能になるまではまだ時間が掛かりそうだけど、人間の底力を見たような気がします。

しかし遠くに見える山の向こう(沿岸)で起きている事を思えば思うほど、どうにもならない気持ちになります。今の自分に出来る事といえば、ネットのポイントサイトで得たポイントを募金するくらい…。(今はそれしか出来なくても、いつか何か出来る事があればきっと…)

それと同時に言い様の無い不安に襲われたりする事も増えました。ネットで情報が得られるようになったのは良いのだけど、今の自分には真贋を見分ける心の余裕がちょっと足りないみたいです。

分かりやすく(?)表現すると「『ノストラダムスの大予言』に怯える子ども」のような感じですかね。「そんな事ないよ」と思いつつも、子ども心には結構恐かったなぁと。実際1999年あたりになる頃はすっかり大人になっていて軽くあしらっていたんですけどね。何だったんだありゃ、みたいな感じで。

つまり今は「何がどうなっているのかさっぱり分からず、これから何がどうなるのかもさっぱり分からない」状態なので心に余裕が無いんですよね。主に原発とかの話なんですけども。でもその話題はこれから一切持ち出さない事にします。(不確かな要素で何かを書くのは不安を煽るだけ)とにかく今生きている事だけは確かなので、今を生きるしかないのだと思います。

で、今の自分に出来る事って何だろうと考えました。

まず節電。
やっと電気が復旧しましたが、本当に節電を心掛けなければいけない地域は被災地(でライフラインが復旧した所)であり、その中でも一般家庭なのだと思います。火力発電所も大きな被害を受けている状況で震災以前と同じ感覚で電気を使うわけにはいきません。しかし復興に電力は必要不可欠です。ならば復興面でフル活用出来るように、極力計画停電を回避出来るように、各家庭で節電を心掛ける事が重要なんだと思います。

とはいえ、灯油が入手しにくい状況なので暖房面はどうしても電気に頼ってしまいます。それでも地震前に比べて早く寝るようにはなりましたけれども。

そして節水。
水道は復旧しても下水の問題があります。住んでいる地域の下水処理施設は運転は再開しているものの、やはり燃料不足などにより本格的な運転とまではいかないようです。引き続き節水を心掛けたいと思います。

次に買い物なんですが、当然買い溜めはしないように。それにしても総じて価格が上がってますね…それ以前に売られている物はかなり限られているんですが。だからこそ「余計な買い物をせず、必要な分だけ」なんですよ。これからお金が掛かるのは火を見るより明らかなのだから、今こそ節約が生きる時なんだと思います。(というかね、ATM動いてくれないとお金下ろせないの…いやまだ大丈夫だけども)

つまり今の自分に出来る事は「日々を慎ましく精一杯生きる」それだけなのだと思います。まず自分の生活を立て直さないと、人のために何かをする事は難しいです。

---

そしてブログなんですが、どうしようかなぁと考えてました。
いえ、書くのをやめるとかそんな話ではなく、この震災の事を書くべきなのかどうなのかと。私が体験した出来事など大したものではないような気がしてならないのです。家も残っていれば今はライフラインも復旧しています。それでも何かの参考になるのかなぁ…と不安に思ったり、逆に自分の忘備録としても残しておくべきなのかなぁと思ったり。

迷いながらも、ちょっと思い返してみようと思います。