キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPその他雑記 ≫ 節水シャワーヘッドの検証(※超てきとう)

節水シャワーヘッドの検証(※超てきとう)

こんばんは、ピコです。
結局車を走らせホームセンターへ行ってきました。買ってきましたよ襖紙。とりあえず試しに来客時に一番目立つと思われる押入れの戸襖からやってみようと思います。(週末に)


で、今回のお題。節水シャワーヘッドです。

20100810a.jpg

ざっと見た感じ平均額が約1200円の中、480円という安さ。
あまりに安過ぎるので、どうかなと思いつつ買ってきました。本当にこれで節水出来るの…? という疑惑の眼差しで。でもメーカーはカクダイだし、怪しくもないんだけどなぁ。

20100810b.jpg

使っているシャワーヘッドと比較…あまり変わらないというか、華奢な感じです。
黒いホースなのに白いヘッドってどうかとは思ったんですが、白以外無かったのでやむを得ず。今回は見た目より節約優先で。(余裕があったらホース白いのに交換すればいいし)

しかし、やっぱり実際どれだけ節水出来るのか気になるところですよね。「節水効果30%(当社比)」とは書いてるけど、実際はどんなもんなのかなぁ。

20100810c.jpg

この洗面器、容量は3リットルです。
ここに全開で水を入れて比較してみます…って、ありがちですよねー。でもやっぱりやってみたくなります、人間だもの。

20100810d.jpg

15秒32。

付け替えて…

20100810e.jpg

大丈夫かなぁ。

20100810f.jpg

うわ。あからさまにヘンです。
でも気にしない気にしない…ブツブツブツブツ…では、いきます。

ザーッ!!

うわ!(うっかり怯む)
ふと「ロケット噴射」という言葉が頭をよぎりました。それくらい勢いが良過ぎる、違い過ぎる。

10秒41。
明らかに速いです……って、おかしくない?
だって、蛇口が全開という条件は同じなのに、水量は同じはずなのに、なんでこんなに違いが出るの? 桶に水が溜まるのが早いって、つまり同じ時間水を出したら節水シャワーヘッドの方が水が余計に出る事になると思うんだけど。それじゃ節水じゃないじゃん、むしろ逆じゃん。

20100810g.jpg

アレだよね、節水シャワーヘッドって、ホースの口をギュッと押さえて水を勢い良く出すのと同じような事だよね。穴の数減らして勢い良く出して、普通のヘッドと同じ水量でも水圧の感じ方は全然違うって。そういう事。


うーん、アレ?
うーん…ぶつぶつぶつぶつ。


20100811b.jpg
かんがえこんでるにゃ


結構頭の回転が遅くて、納得しないといつまでも考え込んじゃうんですよね。しかも、自分で確かめないと気が済まないというか。ネットで調べでもすりゃさっさと解決しそうなもんなのに。

…ところで海栗さん、

20100811c.jpg

思いっきり踏ん付けてますよ。
踏ん付けてるというか、敷物にしてるというか。

20100811a.jpg

ちなみに腕カバーでした。
「なんでこういう農作業系の物って花柄ばっかりなの!」と、花柄が苦手な私は憤慨してたんですが、ようやく花柄以外の物を発見しました。もうちょっと涼しい季節になってから、庭の草取りなどで使いたいと思います。


…で、話は戻ってシャワーヘッド。
昨日記事の下書きまではしていたんですが、急用(内職)が入ってアップできませんでした。というか内職しながらも「納得いかない…」「なんでだろ…」とずーっと考え込んでました。

もうね、だったらやり直せばいいじゃん。

というわけでやり直す事に。
洗面器を使用するのは同じですが、ちょっとやり方変えてみました。
シャワーで「これくらいがちょうど良いかな」という勢いの水を出し、

20100811f.jpg

切り替えて、普通の蛇口から水を洗面器に流します。
一杯(3リットル)になるまでの時間を計ってみました。

通常…27.04秒(約111ml/秒)
節水…41.93秒(約71.5ml/秒)

まぁ「ちょうど良いかな」という勢いが全く同じではなく大雑把なわけですが(ついでに計算も大雑把)、それでも明らかに違いが出ました。確かに節水になってます。

本当に大雑把な感覚で蛇口をひねったので実際は比較しちゃいけないだろうけど、計算すると通常の約65%の水量なので、確かに約30%カット…疑って悪かった。


で、最初のアレがどうしても納得いかないので、改めてやり直してみました。
今度は全開ではやりませんでしたが、切り替えレバーを上手く使えば止水する事なく同じ水量出す事が出来ます。一度通常のヘッドで時間を計り、蛇口に切り替えてその間にヘッドの交換をし、更に切り替えてシャワーに戻して計るわけです。(どうでもいい説明)

その結果

通常…49.95秒
節水…50.15秒

これはもうストップウォッチを押すタイミングの誤差と考えていいでしょう。同じでした。だよねー、違うって変だよねー。よかった。

あれだけ差が出た原因といえば、やっぱり一度止水してしまったという事だと思います。全開にしたとはいえ、完全に同じではなかったんですよね。そりゃデジタルで調整してるわけじゃないからしょうがないです。あースッキリした。

ちなみに「ずっと水流しっ放しって勿体無くない?」って思いますよね。

20100811g.jpg

ヘッド交換の間はバケツに溜めて、その後浴槽に入れておいたので大丈夫です。
しかしこうやって見ると、やはりシャワーの出しっ放しはいけませんね。結構な水量になります。こまめに止めないと。(ヘッドにボタンが付いていて、そこで止水出来るタイプのものもあったけど、取り付けられる水栓か微妙だったので諦めた)


オマケ。

20100811d.jpg
あぎあぎあぎあぎ

海栗はブラッシングが嫌いなんですが、このブラシだと逃げません。むしろ寄ってきます。って、これ別にイヤでがっぷり噛み付いてるんじゃないんですよ。率先して奪いにくるんですよ。

20100811e.jpg
ふんがー!!

恐いって! 顔恐いってば!


●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みくださり、ありがとうございました <(_ _)>