キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPその他雑記 ≫ 片付けにおける価値観の違い

片付けにおける価値観の違い

こんばんは、ピコです。
ちょっと気力が低下しているので、本日の掃除はお休みです。
というわけで、夫の実家の話でも少々…。

週末は夫の実家にて法事&農作業でした。
まぁワタシはただひたすら洗い物をするだけだったんですが…葬儀の頃からずっとそんな調子でやっていたら夫の親戚の方々に「すごく片付けられる人」というとんでもない認識を植え付けてしまったようです。あばばばばば。

慌てて
「いや全然片付けられません、むしろ母に怒られてばっかりでした」
と訂正しても
「なるほどねー。ウチとは片付けられないってレベルが全然違うんだよ」
と更に困った方向に…母がキレイ好き(むしろ鬼)なのは合ってますが、ワタシは違います。しかし否定すればするほど「またまた~謙遜しちゃって~」という方向に…もがけばもがくほど首が絞まる感じ。うう。

そもそもよく考えてみて下さい。
真のキレイ好きな人間だったら…(小声で)自分の実家に逃げ帰ってると思いますよ。
普通の感覚を持ち合わせている人なら怯むと思います。
潔癖症の人だったら卒倒すると思います。
自分が汚部屋の住人だからこそ、ある程度は免疫がついてるんでしょうね。そんな免疫いらないような気もするけど。

というくらい、以前にも書きましたが夫の実家は物で溢れ返ってます。
聞いた話には、納屋の荷物は一度片付けた時にトラック2台分くらいゴミが出たそうです。というかまだまだまだまだまだまだまだ物がいっぱいです。家の中も居間など人が集まる所以外はすごいですよ…? 画像でお見せできないのが非常に残念ですが、まごうことなき汚部屋です。ゴミ箱は段ボール!(汚部屋にはありがちですよね…たぶん)

でも、先に書いたとおり、ワタシは比較的平気です。

ただ不思議なのは、ワタシだったらそういった汚部屋を見られるだけでもかなりの抵抗を感じるのに、平気なんですよね…夫も、家族も。夫の部屋を片付けた時も眉をひそめるどころか普通に「ありがとねー」と感謝される始末。汚部屋の住人といってもいろんなタイプがいるんだなぁと思いました。

そういえば親戚の物も夫の実家に結構あるみたいなんです。
ワタシの家ではそういった事は全然なかったというか、実家とはいえ他の家に私物を置くというのは考えた事もなかったのでビックリしました。いや、だから結婚して家をでてすぐワタシの部屋を片付けられても抵抗がなかったわけですが。こういうのも価値観の違いなんでしょうかね…。

価値観の違い…これが問題なのかもしれません。
ワタシは片付けたいと思っても、夫は別にこのままでも平気だと言います。
夫の実家の家族もそれで平気だからそのままなのかもしれません。
でもやっぱり夫の実家もキレイに片付けてもらいたいんです。
いずれは実家に戻るというなら尚更…。
(ていうか、どうするんだろ本当に…同居するのかな…うーん)

理想としては

「ワタシも本当に片付けられないタイプで、ものすごく散らかしてしまいます。だけど、頑張ってます。だから一緒に頑張って片付けましょう」

と家族で片付けをしたいんですけど…最初から「次元が違うキレイ好き」と認識されてしまったらそれも難しいような…いっそこのブログを大成功させて啓蒙本の一冊でも書いて読んでもらうとか。分かった! 私スターダムにのしあがってみせる!(間違った努力)

…いや、そんな努力するよりも姿勢で見せた方が早そうです。そりゃ当たり前です。

というわけで、コツコツと地道に夫と片付けてみます。
やっぱり押し付けは良くないですしね。難しいです。


●ランキング参加中●
よろしかったらポチッとクリックお願いします♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ


最後までお読みくださり、ありがとうございました <(_ _)>