キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2015年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年08月
ARCHIVE ≫ 2015年08月
      
≪ 前月 |  2015年08月  | 翌月 ≫

近況なんだか愚痴なんだか

たまにはこちらも更新しないとね。とはいえ大した近況報告も無いのですが……そうですね、夫実家で管理出来なくなった畑を見に行ったらシロザの群れがすっごく成長してて笑えませんでした。

一応説明しますと、シロザは成長すると1~2メートルくらいになるらしいのです。確かに既に160センチは超えてました。それが群生。もうね、ジャングル。軽くジャングル。更に茎は杖に加工されるだけあって硬く、貧弱なハサミじゃ太刀打ちできません。枝切りバサミでもかなり力を込めないと切れない有様。それをね、刈ったんですよ。途中で挫折しましたけど。その時、蚊に30ヶ所近く食われました。今季2度目です。今回はブヨにやられなかっただけマシだけど、虫除けがあんまり効かないってのも困ります。

そういえば夫実家で飲み物をもらうと臭うんです。何が臭うかって、氷なんですよ。氷が冷蔵庫臭いんです。確かうちの冷蔵庫よりも新しいはずなのに、臭いんですよ。飲み物の味が変わるレベルで臭うという事は……あんまり考えたくないなぁ。とはいえ、夫に訊いても分からないそうなので、気付いてないのか私が神経質過ぎるのかは謎なんだけれども。

でも多分ね、製氷機がどうのというより色々な物を詰め込んでて臭ってるんだと思うんですよね。今年に入ってからだと思うんですけど、賞味期限がダイナミックに切れた未開封のチューブからしを出された事もありましたから。夫が冷蔵庫を開けるのをチラッと見た時も、なんかもうギュウギュウに詰まってた記憶しか無いですから。

やっぱり感覚が違うんだと思います。先日は、ざるうどん(ざるが存在してなくて水浸しうどん)に入れて~と、ツナ缶を出されたんですよ。未開封のまま。つまり缶をドンと置かれたと。あの、油切らないの? と目を白黒させてたら、夫がおもむろに開けて、そのままめんつゆの中に入れてるんです。仕方なく少し入れてみたんですが、やはり箸で油を切っただけじゃ油っこくて辛かったです。いや普通、缶ごと出すかなぁ。そして油も切らずに出すかなぁ。油分が必要な場合(炒め物とか)は分かるけど、うどんの具だよ?

目を白黒させてたら、夫曰く「ああそういやこんな感じだった」と。つまりこれが普通らしいのです。いや、うーん……ごめん、無理。缶をそのまま出すってのもそうなんだけど、お義母さんって惣菜やお菓子もパックのまま出すタイプなんですよ。その方が皿洗う必要が無くていいでしょ、という考えだとは思うんですが……やー、一人暮らしならともかく、人にまでは出さないなと思うんですよね。ちゃんと皿使うよ。

そして、例えばキムチとかもパックのまま出してきます。それを直箸で取るのって嫌じゃないんですかね。残ったらそのまま冷蔵庫行きなんですよ? というかお盆の時にそれをやられたんですよ。集まりの時にキムチ買ってきて直箸で取ってて、それがかなり余ったんですよね。で、途方に暮れてたら「余ったら豚肉と一緒に炒めて豚キムチとかにすればいいのよ~」って、違うそういうアドバイス求めてない、むしろ持って帰ってくれませんかと思ったっていう。

何でこんな事を書いているのかって、家の建て替え問題ですよね。夫の叔母達に玄関水回り一緒にしろ! って言われて精神的に参ってたんですよね。こっちのブログで書いてますけど、そんなの絶対に無理です。特に水回りなんて一緒にしたら、私、冗談抜きで生きていけません。毎日に一緒に食事をするなんて想像し……やめてくださいやめてくださいやめてくださいやめてくd(以下略)。味付けの好みが違うとか、そんな問題じゃないんです。衛生的なものや価値観の違いが主な問題なんです。私はお腹壊した時に油ギットギトのフライドチキンなんか食べたくありません。お腹壊してなくても「炭水化物&炭水化物&炭水化物」の食事は嫌です。書くと長くなるので放置されてる旧メモブログのこちらをご参照下さい。だから、本当に、生きていけないんです。毎日それが続いたら生きていけないんです。甘えだとか贅沢だとか言われても、食事の苦痛は耐え難いんです。生きていけません。

というか、「なにそんなことで」と馬鹿にされて済むなら馬鹿にされても構いません。ですから、どうかせめて、せめてキッチンだけは別にさせてくれませんか。馬鹿でも阿呆でも屑でもいいです、どう罵られてもいいですから、水回りを別にさせてもらえませんか。私が料理を担当すれば済む問題じゃないんです。どうすれば分かってもらえるんですか、どうすればいいんですか。何をすれば許されるんですか。

……って、夫の叔母達に泣いて訴えたってダメなんだろうなぁ。だって、夫の実家で一緒にご飯食べてるもんだもの。それで特に何も思ってないなら、似たような価値観なんだろうね。私が神経質なだけ、で片付けられるんだと思う。ああ何か追い詰められてるな、やっぱり。こういう時はアレだ、掃除だ片付けだ。

って、PCのマウス掃除してたらホイールに絡まった猫の毛を取ろうとして破壊してしまいました。そしてPC付属の未使用マウスを接続したら、初期不良でホイールが動作しませんでした。ホイールの呪いか何かですか。これじゃ作業効率ガタ落ちなので、これから買ってきます(泣)。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m




夫実家、漏電したってよ

夏ですね。
お盆ですね。
いーやーだー!!

という嘆きはさておき。夫実家、漏電したんだそうです。何でって、ネズミに配線かじられて。あーもう言わんこっちゃないんだから!!

一体何がどうしたのかと言うと、納屋にある冷蔵庫だか冷凍庫だかの配線がかじられてたらしいです。それでブレーカーが落ちたと。家は古くても分電盤は比較的新しかったので、幸い火災にまで至る事にはなりませんでした。ちなみに電力会社は漏電のチェックをしてくれる程度なので、修理の依頼は電気工事店までどうぞ。

つまりはこの記事が現実になってしまったわけです。ということは、ネズミ増えてるな……んでもって出入りし放題だな。更にはそのうち2階の床、抜けるんだな。最終的には公害レベルの廃墟になるんだな。このままほっといたらそうなるんだろうな。うわ迷惑。超迷惑。

お義母さんは納屋の解体は賛成の賛成なんだけど、ばーちゃんが賛成の反対なんですよね。絶対反対! というわけではないけれども、壊してほしくないとグズグズ言う感じ。だけどこれじゃダメです、絶対ダメです。整理しないと次は本当に火事になって全て燃えてしまうけどいいんですね? 頑張って土地を買い求めて建てた家なんだからとか言うけど火事になったら全て燃えて消えて無くなりますけどいいんですね?

あと、まずは亡くなったじーちゃんやとーちゃん達を入れろ、生きてる人間はどうとでもなるんだから亡くなった人を優先しろ(意訳:しっかり仏間作らんと土地の承諾書にハンコ捺さないから)とか言う夫の叔母さん達も、グダグダ言ってねえで納屋の物持ってってほしいですよ。持っていかないなら捨てるから。全部捨てるから。私は生きてる人間を優先したいんだ。価値観違うのはしょうがないけど、押し付けてくるのはすっげー迷惑なんだよ。こっちが黙ってるのをいい事に、言いたい放題言いやがって。別に私は嫌だとは言ってないんだよ、そんな価値観押し付けるような真似はしないからね。仏間くらい作りますよ、というか最初から作るつもりでいるのにそう言われると気分害するね。

とにかく、納屋は解体するから。でも小屋作らなきゃならんのなら、一部だけ残してリフォームするから。だから中は全部片付けるからね。ばーちゃんがグヂグヂグズグズ言ってても無視すっかんね。ばーちゃんの私物は隅っこにまとめとくから好きにすりゃいいよ。後でいなくなったら遠慮なく処分するからさ。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m

思い出の品は墓まで持って入れない

先月末に実家が売却され、帰省する家が無くなりました。思い出が詰まった家を手放すのは簡単な事じゃない……と言いたいところなんですが、家にあまり執着が無かったおかげで簡単なおかつ迅速に手放す事が出来ました。むしろ色々面倒事が多かったので、これで悩まされずに済むと思うと清々しい気持ちですひゃっほう。

その一方で、泥沼かつ毒沼化しているのが夫実家。ばーちゃんが納屋を解体する事に対して首を縦に振ってくれず、手詰まり状態。当初はそこまで強い拘りを見せてはいなかったのだけど、認知症の症状らしきものが出始めてお義母さんとドンパチやらかしたあたりから「納屋を壊さないでくれ、自分がいなくなってからにしてくれ」と言うようになったんですよね……。まだ新しいだの(新しくない)良い材木使ってるだの夫の父(故人)が取り寄せたものを使ってるだの、同じ事を何度も何度も繰り返し言うのです。はぁ。

恐らくは早世した夫の父や、祖父との思い出があるんだと思います。そんな納屋を壊されると思い出が消えてしまうと感じているのかもしれません。建て替えによって自分の家が無くなり、納屋まで壊されたら自分の居場所が無くなってしまうと恐れているのかもしれません。でも、だからって、あの納屋ですよ。衛生状態も非常に悪い、あちこち隙間や穴だらけでネズミが好き放題している、そんな納屋ですよ。

20150404.jpg

(以前の画像使いまわしですが)これですよ。昨日、他の場所も見てみたんですけど、これより酷い場所もありましたよ。出入口の扉のガラスが破れてる部分もあったり、何故か籾殻が頭上にあるクモの巣に沢山引っ掛かってたり、モグラか何かが掘ったとしか考えられない穴が開いてたり……それよりも何よりも酷いのは物の散乱。散乱というか堆積というか、とても人が住んでいるとは思えないレベルで、見ていて具合が悪くなる程です。下手なホラーゲームよりも不気味な廃墟といった雰囲気。

とにかくこのまま放置して家を建て替えられたとしても、いずれ片付けなくてはいけないし解体しなければいけません。申し訳ないけど、非常に、それはもう非常に迷惑です。解体するのにいくら掛かると思ってるんですか。100万じゃ足りないんですよ、200万でも足りないかもしれません。自分達が物を詰め込んだわけでもないのに片付けないといけないんです。自分達がお金を出さないといけないんです。じーちゃんの遺言書には自分や自分の子供(叔母さん達)だけでお金や土地を分けろと書かせたくせに、自分がいなくなってから片付けてくれと孫に言うとか身勝手過ぎやしませんか。じゃあもう建て替えの話も無しにして、夫も戻らなきゃいいんですよ。都合のいい長男になんかなる必要無いですよ。だって土地はばーちゃんや叔母さん達のものなんでしょ? じゃあそっちで草刈りとか色々管理してくれればいいんですよ。馬鹿馬鹿しい!

……なんて、本音を言えるわけもないです。遺産がどうのとか土地の名義がどうのとかその辺はホントどうでもいいんだけど、自分達が片付けや解体の費用を出さなければいけないであろうというのがどうにもこうにも腑に落ちないんですよねー。普通の小屋ならまだしも、家よりも大きい納屋ですよ。「小」屋なんてもんじゃないです。それに物が所狭しと堆積してるんです。何でこんなになる前に片付けなかったんですか。もうキリが無いので止めるけども、ばーちゃんが認知症じゃないなら本音をぶちまけたかもしれないなぁ。でも認知症相手に正論(とも限らないけど)は通じないだろうし……かといってばーちゃんの言う事を全部聞いていれば全く何も出来なくなってしまうし、ああ袋小路。とりあえず夫の叔母さん達に相談してみる事にはなっているんだけど、はてどうなるんだか。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m