キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2014年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2014年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年02月
ARCHIVE ≫ 2014年02月

2月27日、洗濯機を掃除する


目、逸らされた。すっごく逸らされた。

どよんどよんしてても問題は解決しない。というか、むしろパズルゲームのように次々と問題が詰まれていくわけです。そうしてどんどん身動き取れなくなって

ドカーン!

と、爆発するのです。良い意味で覚醒するのか悪い意味で覚醒するのかはフタを開けてみないと分かりませぬ。

ここ1ヶ月の私といえば、クロの事を思い返したりトラとクマの血尿について考えたりしてぐつぐつと煮えてるところに実家の路駐トラブルが割り込んできて煮えたぎり、そこに傷害事件までプラスされて汁気がどんどん飛び、問題が問題なので安易にブログで愚痴る事も許されず、すっかり汁気も無くなってぶすぶすぶすぶす…と焦げ付いて燻ってゴロンゴロンと転がっていたのでした。あーもうやんだー。

そしてあまりの腐れっぷりに歯茎が腫れました。しかも今回は歯茎というかもう顎だよねという深い部分が腫れちゃって痛いのなんのって。あだだだだ。昔からストレス溜まると無意識のうちに歯を食い縛る悪い癖があるんですよ。だからそうならないように意識はしているものの、寝てる時だけはどうにもなりません。あまりに酷いと歯が砕ける夢を見ます。やっぱりマウスピース作ってもらった方がいいのかなぁ。

そんなわけで家の中は微妙に荒れ気味になり、料理もしたくなくなり、常に最後の気力を振り絞って行動をするような日々。言い訳っちゃあ言い訳だけど、2月はずっと内職してたからどうしてもそっち優先になるし。でもそれもそろそろ終わるという頃、つまり今頃、こんな燻った日々に嫌気が差して「ああああ、もういやだぁぁぁぁぁぁっ!」と吠えるのでした。レッツ覚醒。

そして勢い任せに掃除をし、車の点検の予約を入れるよう夫に電話をし、更に勢い任せですっかり忘れ去られてるんじゃないかっていう流し台の話を強引に動かし始めたのでした。あとはなんだー、ほかにやることはないのかー。

と、山姥のようにウロウロウロウロしてたら思い出した。そうだ、洗濯機の手入れをするんだった。

20140227b.jpg
冬場は乾きにくいのでフタ開けっ放しです。窓も滅多に開けないので、猫が居座る事もないからね。

20140227c.jpg
で、開けっ放しだと埃を被りやすいのでした。湿らせた雑巾で拭いていきます。もう横着してティッシュなんか使いません。(使った結果はこちら

20140227d.jpg
はいさっぱり。ホントはしばらく手入れしてなかったので洗濯槽も洗浄したかったけど、洗剤が無いので今回はスルー。

20140227e.jpg
洗濯槽を除けば、今回一番気になっていたのは糸くずフィルターの部分。我が家じゃ糸くずじゃなくて猫毛フィルターです。そりゃ多頭飼いで1匹はもっさもさなんだから、抜け毛も半端ないのです。そしてここしばらく適当にしか手入れをしていなかったので、キレイにしたいと。

20140227f.jpg
わあああああ、ごめんなさいごめんなさい。こんなもん載せちゃってごめんなさい。本来ならネットの部分を外して水洗いすべきところが、ただ猫毛を適当に取っただけで終わりにしてました。

20140227g.jpg
というわけで漂白剤に浸けときます。


あ。


20140227h.jpg
(※紺色のTシャツです)

あああああああっ!! やっちゃった、やっちゃったよ…だからこういう作業する時は汚れても何してもいい格好で…って、だから、このTシャツ着てたんじゃないか。もう15年近く着ててさすがにヨレてきたから、部屋着というか作業着というか、とにかくそういう類のものにしようと決めたんじゃないか。そう決めた矢先に漂白剤で色抜けして凹むとか、まだ覚悟が足りなかったんだなぁ…。

でも今回の私はそれだけで意気消沈はしません。外出しなきゃいけない用事があったのを思い出し、勢いよく家を出て行ったのでした。早歩きで。コートも着ないで。いやパーカーは着たけども、さすがに。

20140227i.jpg
そして勢いよく帰ってきて、洗ったものがこちらです。あら大体キレイ。更にそこから洗濯を。マット類などをガシガシと洗いました。

20140227j.jpg
その1回の洗濯でこれくらい猫毛が取れるんですよねー。いや、猫の寝床も洗ったからなんだけども。これからは、キチンと水洗いして乾かそうね。習慣化しようね。ああ、私は一体何歳なんだ…。

20140227k.jpg
そうそう、この状態に戻そうね。縁が若干灰色っぽく見えるのは乾けば薄れました。買い替えるってのもアリだけど、穴が開いてるわけでもないのでまだまだ使います。



●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m


すっごく久し振りに車庫の中を掃除した

20140219.jpg

どよんどよんしてます。ああなんだべもうわがんねーーーーっ!! と、謎の方言まで出る始末。東北とは言えどもずっと一つの地域にいたもんじゃないので、太平洋側と日本海側の方言がごっちゃ混ぜというか適当なんですの。それにしても「わがんね」って「分からない」という意味じゃなくて「駄目」っていう意味だとあるけど、普通に「分からない」の方で使ってたなぁ。いやニュアンスは分かるけど。

何はともあれ、ここで一つ気合いを入れるために甘い物でも(その発想がデ…いや、何でもない)とコンビニへ→目当ての物が置いてない→昼食も食べてないし、もういいやこのミニ弁当で→その後、差し入れに中華まんを貰う→気合い入るどころか満腹で動き鈍る。駄目だこりゃ。うごがねばわがんねよ。んでねば肥えるべよ。方々から「なんだその滅茶苦茶な方言は!」とダメ出しがきそうでコワイです。許して。

とにかく引きこもっててもダメなので、気合い入れて車庫の掃除をしたんですよ。残念ながら画像は無しで。実は初冬からずっと車庫の枯葉を集めてなくて、ちょうど吹き溜まり状態になるものだから、それはもう落ち葉焚き出来るくらい溜ってました。色々大変だったのでそこまで手が出せなかったとはいえ、この状態をずっと公開してたのかと思うと……かなり恥ずかしい。でも、やっと掃除出来てスッキリしました。ずっと気にはしてたから。

あとは車庫に放置されている肥料をどうにか処分出来ないもんかなぁと思うけど、やっぱり普通に燃やせるゴミに出しちゃダメなのよね。粗大ゴミでも扱ってないし。何も植えてないなら適当に播いて埋めとけばいいと思うけど、植物が植わってる以上それも出来ないし。夫実家に丸投げすればいいのかなぁ。でもあんまり夫実家に持って行って物を増やしたくないなぁ。うーん。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m


警察の世話になったり、ならなかったり(なんて物騒なタイトルなんだ)



あまりに(悲しげな顔で訴えてきて)可哀相なので、先生と相談した結果、今まで食べていたフード(ロイカナのPhコントロール0)を混ぜて様子を見る事になりました。Phコントロールは2でも1でもライトでもオルファクトリーでも何でも喜んで食べるんだけどなぁ。やっぱり好みの問題なんですかね。


結局東北も雪でした。しかし今回は先週以上に関東甲信越地方が大変な事に…一日も早い復旧を願います。こちらは1回雪かきしただけで再度積もる事はありませんでしたが、シャーベット状態でベシャベシャ。それが冷えると今度は固まってんががごげげげげげな状態になるのです。だからね、お願いだからね、車道に雪を投げないでほしいの…その方が早く融けるからって考えなんだろうけど、融けずに残って冷えて固まったらどうしてくれるんだ。(実際そうなってる所もある)

で、家の前に見知らぬ車が停まってたんですよ。しかも車庫から車を出し入れし辛い位置に。以前にも似たような事があって、よく見たら小人さんだったというオチだったんだけど、今回はそれでもなく。となると、近所のどこかに来た車なのかなとしか思えない。そうね、他は雪かきしてなくて路駐し辛いもんね。うちの前だけはすっかり雪が無くて路駐しやすいもんね。許さん(怒)。

だってよりにもよって車庫の近くだし、実際外出中の夫が戻ってきたら変な車がいて入れるの苦労したって言うし、既に1時間くらいは経過してるし、そりゃもう通報しますよね。喜んで通報しますよね。って、実家の鬱憤をここで晴らすような真似をしちゃいけない。まずはどこか近くの家に来ている車なんじゃないかと思うので、確認してみればいいと思うの。

とはいえ、家の前に車を停める意味が分からないのね。近くの家と言っても、意地悪ばーさん宅くらいしか近いとは言えないし。いくら雪かきして雪が残ってないからって、50センチも積もって埋もれてるわけでもないのに、わざわざ離れた所に停めて歩く意味が分からないし…とりあえず意地悪ばーさん家に訊いてみようか。それで違うなら遠慮なく通報出来るから。さすがにいきなり通報するのは気が引ける。

そんなわけで、まず夫に訊きに行ってもらいました。そしたら違うって。うちの車だと思ってたって。分かった、じゃあ遠慮なく通報させてもらいまーす♪だから何でそんなに嬉しそうなんだ…。

ところが通報しようと携帯を持ちナンバーを控えに行こうとしたら、車が無くなってるじゃないですか。夫が訊きに行って帰ってきて2~3分のうちに消えたじゃないですか。あまりに出来過ぎたタイミングとは思うけど……いやいやさすがにそれは無いですよ。いくらアレでも嘘吐くようなお宅ではないですよ。でも、うちの車だと思ってたって、意地悪ばーさんの家からは死角で見えないはずなんですけどね……いやいやそれだってたまたま外に出て歩いたら見えたんでしょうきっと。そうそう、いなくなったんだからいいじゃない。あははん。

いや実際、通報しようとしたタイミングで偶然いなくなっただけだと思いますよ。夜にエンジン掛けっ放しの車がいると通報しようとしたらいなくなられたってのはよくある事だし。あまりにもタイミングが良過ぎて、出来過ぎで驚いたという話なだけです。何なんだ一体。

line.gif

そして警察の世話になった方の話。母が突き飛ばされて頭打って救急車で病院に運ばれたんですよ。あ、タンコブだけで済んだので今のところは大丈夫です。石頭一家なんですよ、ウチ。なんて冗談言えるくらいですから、本当に大丈夫。後からムチ打ちの症状が出てこないといいんだけど…。

しかしその突き飛ばした相手というのが、知的なハンディキャップを持っている人で(ある乗り物に乗ろうとしたら突き飛ばされた)、何というか、正直どう反応してよいのか分からないです。普通だったら「許さん!」と激昂するであろうけども、そのせいか怒りというものがあまり湧いてこないというか、でも何かすごくモヤモヤするというか。本当に複雑な心境。

走ってぶつかってきて突き飛ばされたというのではなく、明らかに故意で「邪魔」と言わんばかりに、手でドンと突き飛ばされたらしいのです。たまたま(今のところ)タンコブ一つで済んだからよかったものの、母だってもう高齢だし華奢なので下手したら大怪我どころか死んでいたかもしれないと思うと…なんだかなぁ。いや「なんだかなぁ」で済まされるわけがない。けど、だからといって、じゃあどうするのかと問われると…うーん。

仮に罰する事が出来たとしても更生とかそういったものは望めないのだろうし、とはいえ厳重注意だけで理解してくれるのかなというのも、正直なところ疑問でもあるし。別に本人から謝罪の言葉が欲しいかといえば、そんなには。それよりも二度とこんな事件が起きないようにしてほしいと願うわけだけど、それがとてつもなく難しい問題のように思えてしまってしょうがないのです。

外出するなとかそんな事は言えませんし、言いません。でも本音は一人で外出しないでほしい、せめて誰か保護者と一緒に外出してほしいと思ってしまいます。こういった傷害事件を起こしてしまった以上は、現状のままでいいわけがないと思います。もともと列を無視して割り込んだり、騒いだりしていたという話もあるし。

一日中保護者が付き添うというのが尋常じゃないくらい大変だというのは、何となく分かります。だからあんまり強く言えないんですよね。とはいえ、そのままにしておいていいかといえば、先にも書いたけど、そんなわけがない。じゃあどうすればいいのかとなると、福祉の充実を図るべきだとかそういった壮大な話になっていって、一個人じゃどうにもこうにも。そして私はそういうジャンルの話が非常に不得手なので頭がぐつぐつと煮えるのです。

しかし頭がぐつぐつしている間にも警察は動いていて、幸いというか何というか、防犯カメラがその様子を捉えており、すぐに犯人が特定され保護者と連絡が取れたらしいです。謝罪したいという事なのですが、母も多少ショックを受けていて、一人では会いたくないと言っているんですよね。誰が悪いわけでも…ないのかなぁ、そうなのかなぁ。何だか本当にやるせない事件です。今回は(母がそう言っていたから)厳重注意で終わりという感じになりそうなのだけど、次に同じような事が起きてしまったら、その時はその限りではないと思います。


……ああ、こっちも疲れたよ本当に。


追記。
今日CT撮れる病院に改めて行ってみたら、大丈夫だったって。「打ち所は非常に悪かったけどね! (画像見て)大丈夫キレイだから!」って言われたって。1ヶ月くらい様子見だって。ますますやるせない気分になるよなぁ…本当に下手したら死んでたって事だよね。うーん。

謝罪を受ける場合は私も付き添わなきゃいけないのだけど、私の口から「気にしなくていいですよ~大丈夫ですよ~」なんて言葉は絶対に出てこないだろうな。罵りはしないけど、愛想笑い浮かべながら何か辛辣な言葉を放ってしまいそうで、違う意味で恐い。謝ってもらっても気が晴れるわけでもないし、じゃあ慰謝料かといえばそんなのでもない。謝って済むなら警察いらないし、お金で済むなら誰も苦労しない。許せないわけじゃないけど、許せるわけでもない。

そりゃ全ては母の意向次第だけど、なんだかなぁ。なんだかなぁ。