キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月

久し振りに冷蔵庫の中身を整理した気がする(野菜室&冷凍室編)

I'll be back.

なんて台詞は言ってなかったけども、戻ってきました。完璧にキレイに片付いて二度と戻ってこない方が理想的なんですけどねー、所詮理想は幻想でしかないのよアハハウフフ。

そんなわけで復帰第一弾は冷蔵庫というか、野菜室と冷凍室。心が荒れ気味の時はいつもここから、台所から。というかパッとしない内容だけど、続けていくうちにエンジンが掛かってくると思いますので。今はリハビリ中だと思ってくれれば。


20130926a.jpg
ありゃ。久し振りに携帯の画像貼ってみたら、結構荒かった。そして小さかった。

購入当初は2人暮らしでこの大きさ(465リットル)の冷蔵庫は大き過ぎやしないのかと多少不安に思ったものの、何ら問題もなく使っています。徹底的に食材量を調整して空っぽでスッキリとした冷蔵庫ってのもいいんですけどね、個人的にはそこまでしなくてもいいやというか、空っぽを維持するために冷蔵庫使ってるわけじゃないしなぁ…なんて思いつつ、フリーダムに使ってます。

で、特に何も意識しなくともギュウギュウになり過ぎず(たまに冷凍室はギュウギュウになるけど)、適度に物が入ってるという事は、その冷蔵庫の容量が適しているというわけで、まぁいいんじゃないかと。例えばガラガラの大きな本棚があったら、一回り小さな本棚にした方が部屋のスペース的には良いなと思うのと同じ…かな? 常にガラガラな冷蔵庫だと、一回り小さな冷蔵庫の方がいいよなーと思ってしまうわけで。

ただ冷蔵庫に限っては、ある程度大きい方がインバーター式で省エネだったりするし、入れる物も固定されておらず流動的なので(急に丸ごとスイカを買ってきて冷やしたいとか)、一概に「常にガラガラなら冷蔵庫の容量が合ってない」とは言い難い面もありますけどね。

20130926b.jpg
そしてこちらがフリーダムに使っている我が家の冷蔵庫の野菜室でございます。いくら適量だとしても、この使い方は無いんじゃなかろうか。久し振りに撮ってみると、いかにも整理出来なさそうな人間の使う冷蔵庫って感じでアイタタタタタタ。実際整理出来ない人間なんですけども。

貰い物のキュウリとナスは袋ごと放り込まれ、サラダ作って余ったレタスはザル&ボウルごと保管されるという体たらく。生協で注文した小松菜は、週明けに存在を思い出されてしなしな。水を吸わせて復活させるという荒業使って食べてます。なんかもう、相変わらずですよ。そう簡単には変わりませんよ、人って。

20130926c.jpg

下に置いとくと存在を忘れがちなので、上段に集中させときました。拭き掃除もしたので更にスッキリした気分。

20130926d.jpg
下段は大物と、縦置きする物なんだけども…白菜、早く食べきらないとなぁ。実はこれ、半分にカットされてるのなんですよ。丸ごとじゃないので日持ちしないのね。困ったなぁ。


20130926e.jpg
そんな白菜はさておき、こちらがいい加減に使われている冷凍室でございます。うっかり写真撮り忘れて半分くらい物を取り出してしまったんだけど、荒れ気味なのは変わりありませんから。

もうね、写真中央のパンってどうなのよ。賞味期限過ぎて食べ切れなかったから冷凍室に突っ込んじゃえという理由なんだけど、その後どうするつもりだったんだろう。パン粉にしようと思ったのかもしれないけど、パン粉沢山余ってますから。正直そっちも賞味期限怪しいですから。というわけでゴメンナサイしました。(ゴメンナサイする=捨てる)

20130926f.jpg
やっつけ仕事のように整理したのがこちら。もうちょっとキレイに収納する方法あるにはあるけど(いや別に特別な事じゃなくて、カゴ使うとか仕切り使用するとか)、手持ちが無いのでこれで勘弁。というよりも、もうちょっと見栄え良く並べればいいのに。あと肉をトレーに入れたまま冷凍するのやめなさいって。余計に嵩張るから。

20130926g.jpg
上段は細かい物ばかりなんだけど、極力タッパーに入れておきます。その方がスッキリするので。袋に入った冷凍食材の残りが少なくなったら、袋からタッパーに移し替えてスッキリ。って、以前にも同じような事を書いてるのにね。頑張って続けようね?


オマケ。

20130926h.jpg
この山積み納豆は何事かというと、炒飯用なのでした。食べ切れず賞味期限を迎えた納豆は、こうして冷凍庫で炒飯にされるのを待ってます。しかし画質が粗い…壁紙モードなんだけど、少し上げてみようかな。

20130926i.jpg
これがカメラモードで一番小さいものなんだけど(PCに取り込んでから縮小してる)、全然違うや。こっちにしよう。

しかし最近の携帯はいいですなぁ、画質もキレイだしBluetoothでPCに画像取り込めるし(アダプタ必要だけど)。とんだ浦島太郎的発言ですが、スマホじゃないですよ。ガラケーからガラケーに変えたんですよ。うふふ。

ちなみに画像は在庫処分市として作った豚汁でした。大雑把な私でもそれなりに美味しく作れるのが豚汁。芋はサツマイモ派。シチューはサツマイモかカボチャ。芋煮だったらサトイモだよなぁ。何はともあれ白菜かなり減ったし、冷凍してたニンジンも使い切れたのでスッキリ。でも作り過ぎて2人で3食分は確実にあるな…げふ。


line.gif

前回の記事にて拍手コメントお寄せいただき、ありがとうございます。本当に、本当にありがとうございます。ちょっと抗がん剤効き過ぎて白血球値が目標を下回っちゃって2回目の治療延期になったりもするけれど、くろは具合を悪くした日よりもちょっとは元気です。

20130926j.jpg
現在のくろです。食欲が元通りにならないので痩せてしまった、とはいえ現在4.5キロ…元々が太り気味だったから一回り小さくなったように見えちゃうのね。顔つきはしっかりしてます。目つきがあんまり良くないのはカメラ向けられてるから。ウチの猫、みんなそうなのよ…。

寝てばっかりだけど、他の2匹も寝てばっかりというか、猫だから。あ、寝てばっかりといっても時々起きて歩いてますのでご安心を。というか、布団の上で寝られると片付けられません。こういう時、ベッドだとあんまり気にならないもんなんだけどね。布団敷きっ放しというのはちょっとツライ。でも仕方ないやー。


●メモブログ picomemo picomemo(裏側) あります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m


キレイな部屋で暮らしたい

※ブログでは猫の名前が、小鉄(とら)、大福(くろ)、海栗(くま)となってますが、今回は本名(カッコ内の名前)で書き進めます。ややこしくてすみません。本名表記に戻そうかなと思いつつ、なかなか戻せずにいたので、今回を機に戻そうかとも考えています。

我が家に4匹の子猫がやって来たのは、6年前の話。
名前は、とら、くろ、くま、まだら。
全部仮名で、病院で「名前は?」と訊かれて急遽付けた名前です。

やって来て1週間も経たないうちに、まだらがパルボ(推定)で命を落としました。発症から、わずか8時間。他の3匹も危ないと言われ、インターフェロンと抗生剤を投与し、どうか発症しませんようにと毎日祈るような気持ちで過ごしたものです。幸い3匹とも無事で、今日まで病気もせず元気に……とまではいかなくとも、それなりに元気に過ごしてきました。

それなのに。
くろが、再び具合を悪くしました。
病名は、悪性リンパ腫。

7月末にレントゲンを撮った時は何も見えず、白血球値と血糖値が少し高めだという点以外、特におかしな所は見られませんでした。毛玉を吐いた、食欲が無くなった。一時的に元気が無くなった。それだけといえば、それだけ。

だけど、今ならその全てに合点がいきます。白血球値が高めだったのも、毛玉を週1の割合で吐くようになったのも、今年は毛がよく抜けるなと思っていたのも、食欲が戻ってもガツガツ食べなかったのも、そのせいだったんだと。夏バテのせいじゃなかったんだと。後からなら色々な事が分かるのに、その時には気付けないのが悲しいです。

本当に、具合が悪くなる直前まではそれなりに元気でした。具合が悪くなってしまうのは、あっという間。半日くらいで食欲が皆無になり、カーテンの裏に隠れて出てこなくなって、鼻が渇き気味に。

前回の事もあったのですぐに病院に連れて行くと、白血球値は下がるどころか更に上がっていて(7月が2万ちょっとなら、今回は3万ちょっと)、レントゲンを撮ると私の目には何だかよく分からなくても、先生の目で見ると明らかに何かがあるようでした。

「CT、撮りましょう」

前回ほどではないにしろ元気が無くて、食欲が無いとはいえ私が強制的にカリカリを数粒食べさせた後なので、麻酔のリスクが通常よりも上がっていたはずですが、それでも撮りましょうと。それくらい急を要する、深刻な事態だったようです。実際CTの結果が、そう物語っていました。

胸水が溜まり、腸の近くにも腫瘍が2個あって、何もしなければ余命は1~2ヶ月。リンパ腫には抗がん剤が割と効くので、うまく効けば1年ちょっと。リンパ腫は「完治」するという事はありません。あくまでも一時的に症状が無くなる「寛解」であり、治ったように見えてもいつか再発する可能性が高いです。治るという希望を持って治療するというより、少しでも長く生きてほしいと願って治療するという感じ。つまりは延命治療というわけで。

正直な気持ちは、当たり前なんだけれど、一日でも長く生きてほしいです。でも、苦しませてまでも命を繋ぎ止めるような事はしたくありません。一番は、くろが苦しまずに少しでも穏やかに過ごしてくれること。だから、抗がん剤治療は少し躊躇してしまいました。

だけど、このまま何もしなければ確実に弱っていきます。というか、何も食べられない状態なのだから、リンパ腫抜きにしても腎臓や肝臓がやられてしまうでしょう。胸水が溜まっているので、何もしなければかなり苦しい思いをすると先生は言いました。でも今の段階で安楽死を考えるのは早い、1~2回抗がん剤治療をしてみる価値はある、とにかく治療を開始するのに一刻の猶予も無いので、まずは抗がん剤治療試してみて、後の事はそれから考えていきましょう。先生の言葉に後押しされて、抗がん剤治療をする事に決めました。

現在は1回目の抗がん剤治療が終わって、2回目の治療に入るところです。食欲は元気な頃のようにとはいかなくとも、ちまちまと食べて、目標の5分の4くらいの量は自力で食べるようになりました。足りない分はビオ・ベテリナリー(液状フード)で補ってます。最初は全然食べなかったから、強制給餌してたんですよ。薬みたいにカリカリを舌の奥の方に一粒一粒押し込むので、奥歯でガブガブされて指に穴が開きました(誇張表現)。でも、それくらい平気。

ちなみに初日(リンパ腫と判明した日)は麻酔から覚めたせいもあって元気がな…いどころか、病院で大騒ぎだったようでした。翌日面会に行ったら、先生曰く「なんか怒っちゃって…」。ええとね、一応入ってるの酸素室なのね。ICUなのね。それなのに、前面を布で覆われて、それでも声がガンガン聞こえてくるんです。布を取ってみたら、確かに怒ってた。がっつり怒ってた。にゃあ! にゃあ! と思いっきり文句言われた。ものすっごく目を見開いて怒られた。

ただひたすら騒ぐだけで威嚇はしてないし暴れるというわけじゃないから、飼い主の私なら触れるし抱えられるけども、このまま入院させると体力を消耗してしまうというわけで、強制退院。ICUからまさかの強制退院。いや、思ったよりも呼吸も安定してるし元気だからというのもあったんですけどね。病院に置いて帰ろうとした時に、酸素室の中に入ってるくろがニャーニャー訴えるように鳴いててものすごく後ろ髪引かれたので、かえって安心しました。でも退院して1~2日は、ぐったりと寝てばかりで不安でしたが。

line.gif

と、いうわけなのです。極力明るく努めようとは思いますが、たまに湿っぽくなったらごめんなさい。そしてこれから先、くろの様子をリアルタイムで事細かに伝える事は無いと思います。あんまり気負わず過ごしていきたいので。だからブログはいつもと変わらない感じです。

変わるのは、私です。今度こそ本当にキレイな部屋で暮らしたいと思いました。掃除しやすい、猫も人間も過ごしやすい、快適な部屋。もう気が滅入ったからといって荒らしてしまわないように、物を減らしたいのです。あんまり模様替えをやり過ぎると猫にとってはストレスになるから、やり過ぎには注意しながら。

というよりも、何もしないでいると不安な気持ちに押し潰されてしまいそうになってしまうというのもあるんですけどね…だから、ブログを本格的に復活させます。もちろん猫が最優先事項なので、短い更新が続いたり、ぷっつり止まってしまう事もあるかもしれませんが、その時はご了承下さい。あと、過去記事をちょっと整理しようかなと思っているけど、そういう事を書くと挫折する方に1000点。いやブログ再開はホントだから、携帯新しくしたので写真取り込みやすくなったし。

あと、えげつなくアフィリをバンバン貼り始めちゃったら、その時はごめんなさいm(_ _)m もういっそ「えげつないアフィリコーナー」とでも書いてしまおうかと。そんな時は「この貧乏人め」と笑ってやって下さい。といっても怪しい商材とかじゃなくて、せいぜい楽天とかアマゾンとかグーグルとかだろうけども。


最後に。
本当に、猫の食欲不振には注意して下さい。
丸1日食べなかったら病院に連れて行ってみて下さい。
急に痩せ始めたという場合は言わずもがなです。

週に1回の頻度で吐くような時や、お腹をこわしているような時も、注意してみて下さい。抜け毛が多いと感じたり、フケが目立つなと思ったり、毛艶が悪い時も要注意です。呼吸が少し速いなーと感じたり、苦しそうにしている時も同様です。

悪性リンパ腫は早期発見が難しくても、たとえ出来なくても、少しでも早く見付けてあげて治療を開始するのが大事だと思います。出来れば血液検査、いや、最低でも血液検査をしてみて下さい。それで何か分かる場合もあります。さすがにCTを撮れる病院は限られているけど、レントゲンやエコーも有効だし、とにかく普段と違うなと思ったら、気になる事があったら病院へ行ってみた方がいいと思います。何も無ければそれでいいんだし、何かあったら早めに手を打つ事が出来るので。

私の通っている病院でも、他に悪性腫瘍で通院されている方は結構いるようです。元々腫瘍の治療に力を入れている病院なので近隣はもちろん遠方からも通院される方が多いからかもしれませんが、人間同様、動物もガンは他人事ではないと思います。末永く一緒に暮らせるように、少しでも良くなるようにと祈らずにはいられません。


ベリー・ベリー・バッドな庭の話

20130911a.jpg

更新遅れましたが、ええまぁその、人生って色々あるよね? 縁切寺ってどこにありますか?

今回はそんな話です。


line.gif

例年4~6月といえば本当に内職があまり無くて暇なもので、だからこそ毎日草取りをしていたんですよね。毎日最低1~2時間掛けて、ちょこちょこと草を取って、そこそこ小ざっぱりとした感じだったかと思います。

ところが今年はどういうわけか7月から最近まで年末並みに仕事が舞い込んできて、おまけに猫の通院やら色々重なって、草取りなんか二の次というか完全に後回し。後回しというか、やるという選択肢無かったですよ。いやそれでも草取らないとなぁ…とは思ったりするんです。でもやっぱり無理。というか7月後半は天気悪くて、どっちみち無理。

じゃあ梅雨明けて一気に暑くなった8月はどうしてたかっていうと、相変わらず忙しさはそのまま。とはいえお盆は人が来るので多少やらないと、と思って多少はやりましたよ。ええ、多少は。本当に多少ね。多少。しつこい。

以上、言い訳でした。でもまぁ先日、ようやく落ち着いたんですよ。そして庭を見たら荒れ気味だったので大いに反省し、少しずつでも草取りやっていこう……なんて呑気な事言ってる場合じゃなくて、とにかく1時間でも2時間でも気合入れて集中して草取りしないと。なんて思ってたわけです。

そんな中でも定刻になると鼻歌おばさんがやってきます。そりゃもう毎日、相変わらず。こちらが草取りしようがしまいが毎日歩いてます。時々地声で何か喋ってたりもするんですが(当然独り言)、先日、何を言ってるのか大体判明しました。

こんなに草生えて、って。

ううううううるせー!
気にしてる事言うなぁぁぁっ!

草取ってれば「どうせまた生えるけどね」とか言ってみたり、取らなきゃ取らないでこんな事言ってたり…もう、鼻歌おばさんが通る時間だけでも家の前の道路を封鎖して迂回路作りたい気分になります。頼むから他のルートにしてくれ…。

でもまぁ、そんな他人に心が折れたりもするけど、私は元気です。思えば昔から反骨精神とまではいかずとも、カチンとくるような事を言われると「やってやる!」と勢い付くフシがあるので、今回もむしろ「3日で庭の草全部抜いてやるよ!」くらいの気持ちになりました。

ところがそんなやる気を、あっさりとへし折るような出来事がありました。そりゃもうパッキリと、真っ二つに。いや三つ折りかな。

以下、心の叫び。

---

やっぱり庭の手入れなんか無理。手に負えない。そりゃ暇な時はいいけど、内職が入って忙しくなると無理。というかね、完全に身の丈に合ってないの。自分にとって手に負える庭といったら、確実に坪庭レベル。ホント1坪くらいなら何とか。でも現実は30坪以上あるんじゃないかという庭。まぁ夫実家の庭の方が遥かに広いんだけど。(って、この話、何かどこかで書いた気がするんだけど…気にしない)

とにかく、1坪程度が身の丈に合うぐらい庭の手入れが苦手な人間が、よくまぁその30倍以上もある広さの庭を手入れしようと頑張ってたもんだよ。完全にキャパオーバー。もう限界。かといって身の丈に合った感じに造り直すというのも許可は得られないだろうし…とはいえホントに限界、もう限界! いやーーーーーっ!

---

「3日で庭の草全部抜いてやるよ!」と意気込んだ翌日に、これだもの。私にとって、これだけやる気を無くさせる出来事には、2つのパターンがあります。1つは、思いっきり理不尽な事を言われた場合。そしてもう1つは、思いっきり気疲れするような事があった場合。そして今回は後者のパターンだったのでした。もう、げんなり。

それは一昨日の出来事。外出から戻り、ポストの中を見たらレシピが投函されてたの。なんかね、ラズベリージャムの作り方とか書いてた。誰も頼んでないのに、むしろジャムはあんまり好きじゃないってのに、唯一好きというマーマレードも大瓶買うとカビさせてしまうから買うなら小瓶にしようと反省したばかりだってのに、何故かジャムレシピ。ええと投稿先間違えてませんか、そういうのはクック●ッドあたりにしてくれませんか。

まぁ、おとぎ話であれば「起きたらジャムとパンが机の上に」くらいありそうだけど、我が家に出てくる小人さんはさすがにそこまでしません。やられたら困ります。というか、レシピ投函されるだけでも十分困るんですが。そういう優しさとかいらないんだってばぁぁぁぁぁ!(泣)

ネギの件で一矢報いた気になってたけど、全っ然ダメだった。もう、ほっといてほしいよ…。

しかもレシピと一緒に「○月○日以降、稲刈りの前までに手入れしに行くので下草取っといて下さい」という予告と指令まで書いてた。確か以前、お義母さんが気を利かせてくれて「前日に連絡しないで」と小人さんに言ったけど、「稲刈りの前までに」って、そんなもん誰が分かるかよ!(泣)結局、前日に言われるのと変わらないというか、余計にタチが悪い予告なのでした。落ち着かないよ!

その上、それまでに草取っといてって…言われなくてもやるというか、指図されたくないというか、人のペースに巻き込まれたくないというか。宿題やろうとしてたのに親に宿題しろと言われて拗ねた小学生みたいな気持ちも混ざってるのかもしれないけど、それよりも人に振り回されるのがすごく嫌だという気持ちの方が強いです。ひとんちの生活に口出ししないで! っていうのが本音。

そりゃ草生えさせてるのが悪いのは分かってるけどさ、草取り出来なかった事情も一応あるんだし…と思ってたら、先に書いたように心が折れたというわけです。誰の干渉も受けない庭だったらこんな事にもならないのに、でも現実は自分のレベルじゃ手に負えないような庭で、そんな庭を無理して手入れしようと頑張ってるから結果的にこうなるんだと。心は折れるし投げ出したくもなると。

これだけならまだしも、更に心をへし折るような出来事が続くのです。だから三つ折り。げっそり。

line.gif

心が折れても律儀に「ラズベリーなんか植わってたっけかな」と見に行ってしまうのです。んなもんほっときゃいいのに…そんな自分が悲しくも思えたり。

というかラズベリーなんかあったらすぐ分かるはずなんだけど、どこにもありません。あるといえば、やたら背の伸びたモロヘイヤ。そう、お義母さんがお盆あたりに「これモロヘイヤだよ、食べられるんだよ~」とか言って葉を何枚か取ったきり、ほったらかしのモロヘイヤ。

だって、モロヘイヤ苦手なんですよ。夫も食べないし。小人さんはとことん苦手なものばかり植えていきます。今の状態じゃ何植えられたって嬉しくないんだけど、どうしてここまで苦手なものばかりと思わざるを得ません。おかげでもう伸び放題で黒い実なんかつけちゃって…それにしても売られてるモロヘイヤしか見た事が無いから、実物見ると、ずいぶん立派になるもんなのねと思ったりして。というか、もうちょっと葉っぱ柔らかそうなイメージだったんだけどなぁ。なんかなー、うーん。色も違う気がするしなぁ。うーん。

多少疑問が残るので、試しに母に見せてみたところ「これホントにモロヘイヤ?」といぶかしがってました。結局、「何か違う気がするし何となく気味悪いので」と、受け取り拒否。ますます疑念は濃くなるのでした。でもまぁどうせ誰も食べないからと、その時は特に深追いせず「モロヘイヤっぽいなにか」という認識でストップ。

って、モロヘイヤがどんな実をつけるか知っている人なら「何言ってんだこの人」と、さっきから思ってる事でしょう。そう、黒い実って時点で違うんですよ。はいお義母さんダウトー!

ネットでモロヘイヤの実を検索してみたら、全然黒くなくて細長かかったです。じゃあ黒い実つけてる、この植物の正体って何なんだろう…まさか小人さん、これを「ラズベリー」と言ってるんじゃなかろうか? というのがきっかけで、調べてみる羽目になったわけです。ああ面倒臭い。まぁ草取りするよかよっぽど面倒臭くはないけども。

line.gif

さすがに植物にあまり興味の無い私でも、ラズベリーの実の形状は知ってます。

20130911b.jpg
この実がラズベリーなわけがない。どう見ても違う。しかし大量に植わってるのは、この謎植物。ブルーベリーにしては色が黒過ぎるし、何か違う。改めて葉っぱをまじまじと見たら、明らかにモロヘイヤとは違う。モロヘイヤは細かいギザギザなのに、こっちはギザギザしてない。

20130911c.jpg
とりあえずベリー類なのかなと思って片っ端から画像を見ていって、最初はカシスかと思ったんですよね。でも葉っぱの形が違うんですよ。それにどうもカシスの葉や茎は傷付けると猫尿の臭いがすると書いてて…そんな臭いしたら一発で分かるわー、というか猫が黙ってないわー。というわけでカシス説も消えた。

20130911d.jpg
結局、この実から調べていくしかないわけで…それにしても、こうして見ると黒というよりは紫ですよね。まるでナス。そう、ナス。でもまぁ、パッと見た感じ黒なので「黒い実」で片っ端から見ていったら、割とあっさり見つかりました。

その名は「ガーデンハックルベリー」。はい小人さんもダウトー!!

ベリー類で探しても簡単に見つからないわけです。だってこれ、ナス科だから。やっぱりナスなのか…。生物学的な分類だと「ベリー」と言えるかもしれないけど、あくまでも一般的に「ベリー類」といったらトマトやナスの類はちょっと違うよね。もし私が純粋で人の言う事を間に受けてしまうようなタイプなら甘酸っぱい果実を想像しちゃって、実際食べてみたら相当ガッカリすると思う。だってナス科でしょ? 絶対甘くないよ。トマトもナス科だけど甘い物もあるって? いや私トマトが大の苦手だから。

実際ネットで調べてると「おいしくない」「味がしない」「えぐい」「渋い」…だから思いっきり砂糖とレモン汁加えてジャムにするしかないようです。ああ、だからジャムの作り方書いてたのね。やだよ。(バッサリ)

20130911e.jpg
でもヘタは可愛いし、見てる分には可愛らしい実だと思う。でももう完璧にナスにしか見えないけど。ちなみに、紫色なだけにアントシアニンは豊富らしいです。ブルーベリーより多く含まれてるらしいけどね…だったらブルーベリーを5倍くらい食べた方がいいかなぁと思ってしまいます。すみません保守的で。他にも栄養あるんだろうけどね、ジャム自体あんまり好きじゃないんだってば。もう。そもそも自宅でパンなんか滅多に食べないし。ヨーグルトもあんまり食べないのよ。

ちなみにこれに似ているのがイヌホオズキという植物(こっちもナス科・別名バカナス)で、そもそもガーデンハックルベリーとイヌホオズキは仲間らしいです。イヌホオズキの葉っぱはギザギザした感じで、ガーデンハックルベリーはギザギザしてないのね。

そしてイヌホオズキは毒(ソラニンなど、実も葉も茎も全部)があるそうです。ソラニンという事は下手すると重症化、場合によっては死ぬ事もあるのかな…とはいえ大量に食べた場合なんだろうけど。体の小さい子供やペットなどは大人よりも致死量少なめだろうし、死ななくとも中毒で酷い目に遭う可能性もあるのだから、食べないに越したことはないと思います。

一方ガーデンハックルベリーはというと…うーん? 「毒(ソラニン)がある」「いや、無い」って、どっちなんだろう。多分、熟すと含有量が減るって話なだけなんじゃないかと思うんだけど。だから未熟な青い実は食べないようにって書かれてるし。実際中毒起こしたという話は出てきてないみたいだけど、やっぱりナス科はナス科、ソラニンには要注意という事です。

それじゃあ葉っぱはどうなのかというのが気になるんですが(お義母さん持ってちゃったし)、葉や茎についてまではよく分かりませんでした。だけど、少なくとも率先して食べるようなもんじゃないと思いますよ…とりあえずお盆の頃に持っていったので、現在まで体調崩したという話を聞いた事がないから大丈夫だったと判断していいとは思うけど…。

しかしこのガーデンハックルベリー、調べると色々出てきます。ハックルベリーと混同して売られてるケースもあるらしいです。でもハックルベリーは、また別の植物。あっちはツツジ科、こっちはナス科。ホント全然違う。あと、種がものすごく多いそうです。そして発芽率も良いそうで…つまり、ほっときゃ増殖するという事なんですか。紫蘇の悪夢再びですか(泣)。もうなんで、よりにもよってコレなんですか。

line.gif
というわけで、さっぱり食べたいと思わない物を植えられて、「さあ食べて」と言われるという苦行に巻き込まれているのでした。ある意味、ネギよりタチが悪い…。

そりゃどんな味なのかという好奇心は無いわけじゃないですよ。でもね、そういうのは自発的にやるものであって、勝手に植えられて「さあジャム作って、食べて」とかゴリ押しされるのは何か違うと思んです。だって、食べたくないのにジャム作らされるとか、どんだけ拷問なんですか。少しだけならまだしも、結構実がなってるんですよ。ネタのためにとか味見とか、そんなレベルの量じゃない大量のジャムが出来上がりますよ。絶対食べ切れません。

というかね、食べたくないのに光熱費掛けてジャム作るのって、嫌ですよ。ジャムなんてしばらく煮込まなきゃならないでしょう。しかも結構皮が硬いらしいから、余計に煮込む時間が増えそうだし。残念ながら我が家にはミキサーなんて代物も無いし。

それにしてもブログとしては「ガーデンハックルベリーの実がこんなに! だからジャム作ってみました★」という方が印象は良いのだろうとは思います。でも無理なものは無理なんだよ…こんな出合いじゃなかったら、気持ちも違っていただろうにね。実を500グラム貰ったどうしよう、というのなら試しにジャム作ってたかもしれないのにね。大量に植えられたばっかりに文句しか出て来ない。ごめんねガーデンハックルベリー。あくまでもガーデンハックルベリーに罪は無いんだよ。

line.gif
しかし最大の問題は、小人さんもお義母さんも、間違ったものを勧めるという点ですよ。何故ニラとスイセンを間違えてしまう事故が起きてしまうのかと思ったりもしたんですが、何となくその理由が分かるような気がしました。今回は、お義母さんがモロヘイヤと間違えた点に関しては(お義母さんはさておき)誰も食べなかったし、食べてしまったとしても問題は起きなかっただろうけど、これが仮にイヌホオズキとモロヘイヤを間違えてしまったら大問題ですよね。

小人さんも小人さんで、ラズベリーとガーデンハックルベリーは全くの別物です。そりゃ間違ってても結果的には問題ありませんでしたよ? だけど、そういう間違った認識って危険じゃないですか。何となく見ただけで「これは○○だ」と決め付けて人に勧めるのって危険ですよ。だから「素人判断はやめましょう」って注意喚起があるんじゃないですか。それは野草やキノコに関しての注意換気だけど、何も野山に限った事じゃなくて、人為的に育てられた環境であっても注意すべき事だと思うのね。スイセンとニラだって庭先で起こる事故なんだし。

だから、今回が大丈夫だったから良かったというわけじゃなくて、この2人は確実に植物の同定に関して注意を払わず安易に人に勧めるという事が分かってしまい、なんだかなぁと思ったわけです。まぁ、お義母さんは何となく分かるけど、小人さんまでもかと思うと、もうね、余計に疲れるのね。やっぱり私はいつか善意に殺されるんじゃないかと思ってしまいます。「地獄への道は善意で舗装されている」とも言うぐらいですから、善意は必ずしも良い結果につながってるわけではないのですよ…?

とにかくどんな植物でも、少しでも疑問を持ったら食べない方がいいです。確実に「これは食べられる○○だ」と判断出来るものでもない限り、やめた方がいいです。そして人に勧められたものだから大丈夫だと思わず、自分でよく見る事が大事かと。というかね、よく分からない物を安易に人に勧めちゃダメですよ。

line.gif
というわけで何だかどっと疲れてしまって、草取りする気もゼロになってしまいました。でもやらなきゃいけないから、自分にムチ打ってでもやってますが。週末でケリつけたいなぁ…というか、砂利でもレンガでも敷いてやりたいです。少しでも草の生える面積減らしたい。あと畑も今年いっぱいで終了してもらいたいな…もう何も植えてほしくない。何が食べたいかじゃなくて、何も食べたくないの。何も植えてほしくないの。もう振り回されるのは嫌だー!

と、思いつつ、結局何もしないんだよなぁ。調べれば調べるほど、砂利もレンガも敷居が高そうに感じるんですよね。でも畑だけは頑張って、勇気出して「ヒマワリ畑にしたいので!」と宣言したいものです。ホント、ヒマワリ植えてる方が何倍もマシだ。

(次の更新は20日頃で)

●メモブログ picomemo picomemo(裏側) あります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

読んでくれてありがとうm(_ _)m