キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2012年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年11月
ARCHIVE ≫ 2012年11月
      
≪ 前月 |  2012年11月  | 翌月 ≫

義母の心、嫁知らず(逆もまた然り) 後編

続きなんですけど、色々書いてたんですよ。お義母さんは基本的に悪い人じゃないとか、家がアレだとか衛生観念がアレだとかその辺を見なかった事にすると(いやそこが致命的なんだけれども)とても面倒見の良い「優しい姑」だと思うとか。

そりゃね、世の中のね、道理もへったくれもない嫁いびりするようなお姑様方に比べれば、人間的には立派であると思いますよ。だけど、だけどもね、許せない事ってあるんですよ。価値観が違うだけで「許せない」と思う事の方が愚かなんだけど、もうそういう問題じゃないの。

本来だったらここから「価値観の違いと押し付け」についてあーだこーだ続いていくはずだったんですが、そんな事どうでもよくなるくらいの出来事がありまして、全部ぶっ飛んじゃいました。お義母さん、今年の正月のノロ騒動の事忘れてるんですよ。自分が原因の一端だってのすら覚えてないんですよ。

夫が病院に行ってた事を改めて話してもね「あらーそうなんだ、じゃあ近くに来てたんだー」ってあっけらかんとしてて、つい夫と二人で顔見合わせちゃったよ。確かに夫はお義母さんにノロウイルスに感染した事は話したし、正月に病院行ったのも話したし、何故そういう状況で料理をして人に出すのかと咎めもしたし、「だってそれじゃ誰が料理するの」ってお義母さん言ってたってのも聞いた。それでも忘れてる。ケロッと忘れてる。

こちらは口あんぐり状態なんだけど、義弟君とあっけらかんと話し続けるお義母さん。おめでたいというか、何というか。普通だったら怒って改めて事実を突き付けるところなんだけど、もう怒りを通り越して呆れも通り越して、なんというか「あ、もういいや」って思っちゃった。この人に何言っても無駄なんだって。この件に関しては何の感情も持たなくなっちゃった。

怒りや悲しみというのは、まだ何かに対して望むものがある時に発生する感情なのかなぁと思います。そしてその望むものも消えてしまうと次に出てくるのは「失望・落胆」なわけですが、それをも通り越すとどうなるかというと、もうどうでもよくなっちゃうんですよね。つまり無感情。よく言うじゃないですか、「好きの反対は無関心」って。まさにそれ。

ってね、何度も書いてるけどノロ感染自体を責める気はなくて、問題はその対応がまずかったという点。それ以降衛生面に関して何らかの変化があれば、今年の正月の騒動を忘れてもらっても一向に構わないのね。でも、相変わらず衛生面は疑問符だらけだし、みんなで食べてるざるラーメンに平気でコップの飲み水を掛けるし、全然ダメじゃないですか。その上で今年の正月のノロ騒動を忘れてるんだから、なんかね、また同じ事が起きるんじゃないかと思ってしまうのも無理ないですよ。

そしてあれだけの事を忘れてしまうくらいだから、何言ったって無駄だと思ってしまうわけです。だったらもう自分の身を守るのに正攻法使う必要なんかないんですよ。今までは色々罪悪感みたいなものがあったけど、そんな罪悪感も消えました。あ、いいや、仮病使っても。そう思ってます。本当に本当に本当に本当に、あんな思いするのはもう嫌なんです。今年に限らず例年何かしら夫実家で憂鬱な思いをさせられてきたからこそ、今度は正月三が日明るい気分で過ごしたいです。



●メモブログ picomemo picomemo(裏側) あります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>

義母の心、嫁知らず(逆もまた然り) 前編

夫実家には時々(月1回くらい)行ってます。夏は相変わらず蚊の楽園で、蚊に食われたと申告すればもれなく殺虫剤を部屋中に散布される始末。いや人体に向けて噴射するよりはマシだけどさぁ、それも何か違うと思うんだ…。

そして相変わらず「晩御飯食べてくでしょ」攻撃は健在です。今までいろいろあり過ぎたというか正月の事をまだ根に持っているので、申し訳ないと思いつつもほとんど断っています。罪悪感が残ってるあたり、まだお人好しさが抜けてません。自分で言うのもアレなんですが。

そんな甘さが残ってるという事は、当然断り切れない時も出てきます。ざるラーメン2人前食べさせられました。6人前を3人で食べさせられたというか、2つの皿に盛られた麺を3人で突っつくという…なんだかなぁという感じで。だったらもう1皿足して3人別々にすればいいのに。すのこが無いというのならそのまま皿に盛ってくれても、いやむしろ最初から汁掛けて出されても構わないです。最初から汁に浸かったざるラーメン出されたりしたら「…具無し冷やし中華か!」と別の意味でツッコミをするかとは思うんですが。

しかし、そっちの方がまだマシと感じる恐怖のざるラーメンとは一体何なのか。麺に秘密がとかスープに隠されたものがとか、そんなものではないんです。夫実家の食事では「味以前の問題」である事が多いんです。だから予想が出来ない恐怖というものがあります。ちょっと書いてて悲しくなってきました。

食べてる途中で麺が乾いて固まってきたんですよ。そしたらお義母さん
「水掛ければいいのよ~。ホラ掛けて」
と、コップの飲み掛けの水を………か、掛けてきたんですよ。だからそういう事するからっ!!(怒)

そんなわけで年末年始は夫実家で食事しないと改めて心に誓いました。来年こそは穏やかに新年迎えたいです。あんな思いはもう嫌です(泣)。というか先日も熱心に「食べていけばいいのに~」と引き留められて、結果から言うと断ったんですが、何というか相変わらず色々と参ります。

まず、夫実家行くと大抵お茶とお菓子を勧められるんですよ。仮に食事まで1時間程度だったとしても、勧められるんですよ。夕飯の前にお菓子こんなに食べるものなんですか。その上「一杯茶は縁起が悪い」と頑なに信じているものだからお茶3杯も飲まされて、お茶で胃袋がたぷんたぷん。その上、お茶菓子の揚げ饅頭が油っこくてげっそりしていたら、台所から漂ってくるのは揚げ物の香り。死にます、胃袋が。

この状態で夕食になだれ込むというのがすごく信じられないのですが、まぁ元々「食べないで帰る」と断ってたわけだし、用件も済んで帰る段階になったんですよ。再度引き留められるわけです。実際やる事があるので早く帰りたいと断っても「家でご飯作るの大変でしょう」と引き留めるのです。「食費が浮いていいでしょ」とか「作らなくていいから楽でしょ」とか、いやいやいや。いやいやいやいやいやいや。

しかし用事があると言っても食べていけと執拗に勧めてくるのは何故でしょうか。単純に過干渉なだけなんでしょうか。色々散々あったからこそ「自分の身は自分で守らないと」というのが身に沁みた結果、「食べない」という風になったのですが、1対1ならまだしも、多勢に無勢では心が折れかけます。本当にね、断るのが面倒臭くなってくるというか。食べてしまえば解放されるんだ、と思ってしまうというか。

それでも「この部屋には自分含めて7人いるけど、状況としては6対1だ」と思ったら「無理!絶対無理!」と持ち直しました。夫も自分の実家ですから、食事を苦痛だとは思わないわけですよね。皆が楽しそうに食事している中、一人だけ翻弄されまくるというのは悲し過ぎます…。

というわけで「き、昨日作ったカレーがあるので…!」と断って帰ってきました。カレーがあったのは事実ですが、それにしても本当に可愛げの無いヨメなんだろうなと思います。まぁこんないい歳して可愛いとか無いので構いませんが。

しかしこういう話をするあたり、もう年末が近付いてきているんだなぁと思います。



●メモブログ picomemo picomemo(裏側) あります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>


じわじわとLED化進行中

20121012a.jpg
ゴハン待ち(ピンボケ風味)

先日久し振りに夫実家に行った時、夫が私の事を「忙しくて昼夜逆転している」とお義母さんに言いました。この人はどうして誤解を招く言い方をするのでしょうか。それじゃまるで昼間はグースカ寝てる人みたいじゃないですか。ほら「あら~、夜の方がはかどるの?」って完璧に誤解されてるじゃないか。違います、昼夜は逆転なんかしてません。昼も夜もへったくれも無くなっただけなんですよ。

お久し振りです。あんまり忙しい忙しい言うのもアレかと思うんですが、本当に忙しいと「忙しい」という言葉すら出ないものです。睡眠時間を削り、ただひたすら作業して、一日のどこかで力尽きて1~2時間居眠りをする。そんな毎日がずーーーーーーーーーーーーーーーっと続いてたんですが、冷静に考えると毎日居眠りするならその分睡眠時間増やせばいいだけの話ですよね。

おかげで庭は放置状態が続き、ありとあらゆる草に侵略されるどころかキノコにまで侵略される始末。家の中は、まぁ辛うじてギリギリの状態を保ってはいるものの、何かこう、割とどうでもいいやと思ってました。どうでもいいやというか、「もうやだこの家!」とか色々不満に思う事が減ったというか。以前よりドカーンと爆発する事が無くなったような気がします。

とはいえ快適な住環境になったわけでも性格的に穏やかになったわけでも体重が減ったわけでもなくてね、単純に現状に慣れちゃっただけなんですけどね。そりゃイカンよ。あと痩せなさいよ。

20121012b.jpg
        ガブガブガブガブ…

というわけで現状を打破する為に買ってきました。切れた蛍光灯を交換するつもりが、照明器具ごと交換する事になりました。LEDです。袋をかじってる何かは気にしないで下さい。

照明をLEDに交換するのは、実はこれが初めてではないんです。8月頃だったかな、浴室前の電球が切れちゃった時に電球買ってみたんですよ。ついでにトイレのも。あまりに安過ぎるような物はちょっと恐いので東芝のものにしたんですが、LEDでありがちな「取り付けてみると思ったよりも暗い」という事も無く、むしろトイレは明るくなりました。そしたら気分もちょっと明るくなりました。確かにお値段は張ったけれど、小さな幸せが買えたと思うなら安いもんです。

でも浴室周辺やトイレって常時点灯させておくものではないから、LEDにしてもそんなに「節約!」というものでもないのは分かってます。じゃあ何でわざわざお高いLEDにしたのかというと、単純に電球を交換するのが面倒臭かったから。あとは好奇心。それにしても2年に1回程度の電球交換すら面倒臭がるというのもどうかと思いますが。

というか、去年仏間の照明器具を購入した時にLEDは視野に入ってたんです。でもその時はLEDシーリングライトの類はまだまだ高かった記憶が。安くても19800円とか。そして購入したのは蛍光灯がスリム型だったんだけど、消費電力が58W。意外と低いんですよね。

逆にLEDとはいえ大きなシーリングライトは意外と消費電力が高めなので、正直そこまでお金掛けてLED化するメリットは無いなと判断したのでした。そうだなぁ…1万円切ったら考えるよ、なんて思ったりしてね。

ところが最近、電器屋で照明を見てたら妙に安くなってるじゃないですか。8畳用で1万円切ってるんですよね。それも知らないメーカーというわけではなくて、NECとかね。機能がシンプルだから安いんだろうか。でもそれ別に構わないしなぁ。だから買い時かなと思ったわけです。そして買ったんです。あっさりです。

20121012c.jpg

一番の心配といえば、光源の交換が出来ない事。本体ごと買い替えしか選択肢無いんですか。

でもよく考えたら照明器具そのものだって寿命があるんですよね。何故か勝手に「電球や蛍光灯さえ交換すれば半永久的に使える」と思い込んでたけど、調べてみたら照明器具の耐用年数は15年で、交換の目安は10年くらい。LEDの寿命は40000時間で大体10年程度と言われてるので、LEDだろうが蛍光灯だろうが照明器具の買い替えのサイクルは変わらないのかなぁと思います。

20121012d.jpg

交換作業は、前に隣の部屋の照明を交換した時と手順は同じ。今回は夫がいなかったので自力で何とか。外から大きい脚立持ってきて怯えながら。(高い所苦手なの)

これで地震があっても少しは安心。天井の板はそんなに厚くないし絶対に外れないというわけではないけど、吊り下げタイプみたいにぐわんぐわん揺れて吹っ飛ぶように落ちてくるという事は無い(と思いたい)ので。ホント、あの時は恐かった。もしあと数秒でも部屋に留まってたら確実に頭直撃してたと思うと…。

20121012e.jpg

ちなみに消費電力はというと、今まで使っていた照明は最大96W(蛍光灯3本使用)に対し、最大49W。つまり、ほぼ半分。でもまぁ常に一番明るい状態で使用しているわけでもないので、きっちり「電気代が半分に!」とは言えないんですが。

問題の明るさはというと、天井の高さの関係もあって(高さ280cmくらいでちょっと高い)明るくなったというよりは微妙に暗くなりました。高さ240cmぐらいの天井だったら以前の蛍光灯と同等ぐらいの明るさになるのかなと思います。天井の高さまで照明の位置が上がるのでこればっかりは仕方ないですが、読み書きは普通に出来るレベルなので大丈夫です。

ちなみに隣の部屋の照明とちょうど同じメーカーで、しかも似たような外見のものなので比べてみたんですけど、LEDの方が明るかったです。あと、調光に関しては別にそんな無くてもいいやと思ってたんですけど、10段階の調光が可能ってだけでも便利。外出時も猫のために照明付けて出掛けてたんですけど、これなら一番暗くして出掛けられます。まぁ暗くても猫は平気なんですけど、気分的にね。というか帰ってきた時に暗いと踏ん付けそうなので。黒猫はホント見えないんですよ…?

そんなわけで、概ね満足なんですけど、1つ問題が。

照明が天井にピタッとくっ付いた分、照らす範囲も広がったんですよね。つまり、天井の隅などの、今までほとんど見えていなかった埃が見えるわ見えるわ…ひたすら反省して掃除するのでした。



●メモブログ picomemo picomemo(裏側) あります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>