キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2012年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年08月
ARCHIVE ≫ 2012年08月
      
≪ 前月 |  2012年08月  | 翌月 ≫

車買う事になりました

20120827a.jpg

こんばんは、ピコです。
猫もまだまだ転がってます。あづい。

---

前回の記事ではどんよりどよどよな空気を漂わせてしまったので、気を取り直して車の話を。というか今日も車の話でごめんなさい。結論から言うと、車買う事になりそうです。なりそうです、というか、もう車種も決まってるのね。何というか、マイナーな車なので具体的な車種名は挙げられないのですが。田舎だからどうか分からないけど

近隣で見掛けた事がほとんど無い⇒「あらあの車…」とバレる

なんていう事になると悲しいので謎の車Xとでも思っていただければ。ああでも「謎の車X」って何故か高級そうなイメージになってしまうのはどうしたもんだろう。じゃあ謎の車Aならどうだ。途端に不審車っぽくなってしまった。もう面倒なので

「謎の車( )」(※括弧内にお好きなアルファベット又は単語をお入れ下さい)

これでいいや。何ならいっそ「なんだかよくわかんないくるま」とでも。それはさすがに車作った人に申し訳ないのだけど。ちなみに文中で「ああ、あの車種かな」と思っても、そっと心の中に仕舞っておいて頂ければ幸いです。

---

さてその某車を選ぶまでの経緯。(最初から“某車”の表記でよかったんじゃないか)

壊した車は乗り始めてから今年の秋で11年、走行距離は約25万5千キロ超。13年経過すれば自動車税は10%割り増し。普通の感覚なら普通に買い替えると思います、事故があろうが無かろうが。

それでも車を修理して乗り続けたかったんです。それは夫も同意見。見た目が良いとか性能が良いとか、そんなのは全然無いけど、何かね、何か乗りやすい車なんですよ。慣れや愛着というのもあるんだけど、車に多くを求めていないからこれで十分というか。何か他の車に乗るって考えられないなぁというか。

20120827b.jpg
※ほんの一部分です

しかし壊してしまった。それも、ド派手に壊してしまった。ごめんなさいごめんなさい(泣)。ガードレールは自分も夫もお巡りさんも保険屋さんも、何度も行ったり来たりして探しても見つからないくらい目立たないといえば目立たない傷なのに、車は車体の左側面の前から後ろまでガリゴリと直線的な傷が。傷というか、所々えぐられているので痛々しさは倍増。

ちなみにガードレールは保険屋さんが県に連絡を入れたところ、その翌々日にはピッカピカになっていました。早いよ仕事。(ちなみにそれも保険から出るから心配しなくて大丈夫、らしい)

ガードレールはあっさり直っても、車はそうはいかない。新車なら話は別だろうけど、年数や走行距離を考えると乗り続けるのは得策ではないというのは分かる。事実、保険屋さんもディーラーの営業さんも車を見た瞬間「あー、これは」と言った。保険から30万円出るとはいえ、こりゃ30万じゃ直らないなという表情。あーやっちゃったねぇという微笑み。つまり苦笑。或いは憫笑。

そして付き付けられる現実。

20120827c.jpg

オソロシイ程の項目の羅列。ドアは交換! ミラーも交換!バンパーカバー? んなもん前も後ろも交換だ、ついでにタイヤも交換だーっ! っという感じ。ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい(土下座)。

20120827d.jpg

そして見積もり金額、約50万円。ごじゅうまんえん。
あ、うん。そりゃ買い替えるわ(泣)。

現実(という名の見積書)を突き付けられて、あっさりと新車購入へとなりました。

---

新車か中古車かは結構迷ったんですが、夫婦揃って車に関しての知識はロクに無いので無難に新車を選択。というか、ディーラーの営業さんってのが実は夫の親戚だったりするので、まぁ、そういう事です。色は選べないけど今なら丁度良い車ありますよーと某車を提示してくれました。

ちなみに代車が同じ車種なんだけど、夫の職場のおじ様方には大好評らしいです。つまり見た目はかなり落ち着いた感じというか、どう見ても若者向けではないなというか。でもまぁこれから無事10年くらい乗れたとして、もうね、その頃は夫婦揃って若者じゃないからその辺は気にしません。(いや今だって若者じゃないよ、若輩者ではあるけど)

そもそも私個人としては見た目は何でもいいんです。だからライトバンがいいよと力説したんですが、夫に全力で拒否されました。これまで乗ってた車とそんな大きさ違わず荷物いっぱい積めていいのに。コンパネ平置き出来るって魅力的なのに。でも実際本当にライトバンがやってきたらいろんな意味で扱いに困ると思う。

そんなわけで我に返り、某車で決定。まぁ本音を言えばハイブリットカーも興味あったけど、価格や実燃費や税金を考慮した上で某車と天秤に掛けると…うーん…次に期待かなぁと思って。

---

車種が決まれば次はオプション、なんだけど。

今まで乗ってた車といえば、結婚前から夫が乗ってたわけで、はっきり言ってしまえば「汚車」。まぁゴミを車外にポイ捨てするよりはよっぽどマシなんだけど、もう少し何とかならないのかとは何度も思ったわけで。後部座席の足下にカゴ置いて、缶・ビン・ペットボトルはココとか、定期的に物を取り出して整理したりとか。それで若干マシにはなったものの、シフトノブにレジ袋を引っ掛けるのだけは改善されず。

というわけでオプションでゴミ箱付けてみました。今までは結婚した時点で既に汚車として出来上がってたせいか、あんまり本腰入れて手を掛ける気力が湧かなかったけど、次からは汚車とは呼ばせないの! 店の駐車場でも引け目感じないようにするの! スッキリが一番!

と、気合いを入れてカーナビ外しました。(全く関係ない)

今時新車でカーナビ無いってどうなのと思われても、要らないのです。夫は一度通った道を忘れないし、何より「道に迷わないのは、つまらない」だそうで。通った事の無い道を(どこに出るのかなー)と思いながら通るのが楽しいそうです。そうなのか。

その代わりAUX端子付きのCDチューナー入れて、あとはETCとかマット類とか、必要最低限。ナンバーもお任せにしたのでその分見積もりから減額。でもバンパーコーナープロテクターは追加で付けました(泣)。



こういうのね。まぁ気休めというか、お守り的というか。それならバックモニターやサイドモニターの方が心強いけど、あんまりそういうのに頼っちゃいけないなと思うし。何回も擦ってどうしようもないというのなら考えるけど。(何より今回の事故みたいなケースは、モニタとかそんなのあろうが無駄)

車は廃車にするという事で、下取りは無し。それでも何だかんだで15万円引きの端数は切り捨て、それに保険から30万円出て、もしかしたらエコカー補助金に間に合うかもという事なので更に10万円引きの、ええとつまり実質約55万円引きで新車購入となりそうです。(まぁ補助金はあまり期待しないけど)

---

以上、そんな感じです。これ、普通に事故も無く買い替えだったらここまで安く買えなかったんですよね…ちなみに今年の車検ではブレーキ周りの整備にお金が掛かりそうだったので、その後の買い替えじゃなくてよかったという話も。もっとも、相手もいない自損事故で、ガードレールも既に直っているから言える事なんですがね。

しかし、某車が納車されるまで動物病院に行けないというのが問題。来月ワクチン接種なんだけど、さすがに猫3匹代車に乗せるのはちょっと…代車といってもレンタカーだし、その辺訊くの忘れたけど、たぶんNGだろうなぁ。動物病院に事情話して1週間くらい延ばしてもらうしかないか。


●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>

車の運転は本当に恐い

どうも、ピコです。
ちょこっとブログを改装しててテスト投稿してみようと思ったものの、始めたばかりのブログでもないのに「タイトル:test」と投稿するのもアレなので

FC2トラックバックテーマ  第1483回「夏!っていう写真、見せてください」

というトラックバックテーマを利用してみようと思ったはいいものの、結局必要無くなっちゃって記事だけが残ってしまったので、せっかくなので載せときます。みたいな。


20120807a.jpg

夏の雲。

20120807bb.jpg

夏の田園。

20120807c.jpg

夏の海。

20120807d.jpg

夏の猫。


以上、画像フォルダから夏らしいのを引っ張り出してきました。ぐったり。あ、お久し振りです(今更)。元気っちゃあ元気なんですが、生きた心地のしない日々を送っております。

というのも、わたくし、先日、交通事故を起こしてしまいまして。

ああいやいやいやいや、単独事故(自損事故)です。単独事故だからって良いというわけでは決して無いのですが、ガードレールに擦ってしまったのです。身は無傷ですのでご安心をというか、むしろ「愚か者!」と罵っていただければ。(免許取ってから5年、初めての事故です…)

状況としては片側一車線の直線道路(県道)、左側は田んぼで歩道や路側帯は一切無し。狭い上に隣はすぐガードレールだったんですね。そこでハンドルが微妙にぶれてしまって、そのままスーッとガードレールに沿うようにガン!ゴン!と。然程スピードが出ていなくとも、壊れるものは壊れます。主に車が。ガードレールは結構頑丈でした…。

完全に、己の注意不足です。事故を起こした人間がこんな事言える立場じゃないのは分かってるんだけど、車の運転においては常に完璧じゃないとダメなんですよね。とはいえ車を操縦するのは機械じゃなくて人間なのだから、そんなの理想論でしかないというのも分かってます。

だけど、普段から真面目に運転してようがいい加減に運転してようが、事故を起こしてしまえばどちらも同じなんですよね。「普段は注意してるのに」なんて言い訳は通用しないんです。だから、一瞬でもそんな隙を作ってしまった私が馬鹿者なんです。

---

(完全に余談な上に愚痴になるんだけど)

「自分は運転上手いし、絶対事故起こさない」、こういった考えは恐いです。本当に恐い。いやあの、私はそう思った事など決して無いですよ。むしろ逆です。結局のところ、どう考えていようが事故は起きるのだけど…それでもそんな考えが恐いと改めて思ってしまうのは、その日は朝から運転していてイヤな思いをしていたからだったりします。

その日の朝は国道4号(片側1車線の区間)を走っていたんですけど、前にプロパンボンベを積んだトラックがいました。そりゃボンベ満載ですからスピードもそんなに出せないのは分かりますよね。とはいえ制限(そこは50キロ)以下で走ってるわけでもなく、まぁお盆という事もあって普段よりも車は多めだけど、それなりに順調に流れてはいたかと。ところが。

後ろの軽自動車は私の車の後ろにピッタリくっ付いて蛇行するんです。更に、その後ろの軽は「はみ出し禁止」だというのに、対向車線に出たり戻ったりウロウロウロウロ。一体何なんだこの人達はと思うくらい煽る煽る。私に憤られても困るんですが、というくらい煽ってくる。

そんなの気にしなきゃいいのは分かってるんです。でも元々被害妄想の塊が運転してるようなものだから(申し訳ないけど路上では誰も何も信用しない、そして自分すらも信用しない)、無視を決め込んでも気になるものは気になってしまいます。何かの拍子に追突されたらどうしようとか。前方におかしな車がいるなら車間距離取るなり離れる事が出来るけど、1車線で真後ろというのはどうにもこうにも。

だから普段はそんな車がいたとしたら路肩に停車するなりしてさっさと先に行ってもらうんですが、4号線だとそういった事が出来る場所もあまり無いので(路側帯無い場所が多いので、迂闊に車停めると危険)、延々とおかしな車×2を引き連れて運転するような形に。やだもうタスケテ。

結局どうなったかというと…

後ろの後ろの車は、黄信号でもうすぐ赤に変わるだろうという交差点に差し掛かった時、右折レーンから直進してきて対向車線の右折レーンを猛スピードで逆走。そして3台追い越し。私の時点で微妙だったので、完全に信号無視レベル。

ちなみに私は黄信号なのにどうして止まらなかったかというと、少し強くブレーキを踏めば止まれたけれど、後ろの車が減速するどころか加速して突っ込んできて身の危険を感じたからです。ここはどこの修羅の国ですか(泣)。対向に右折車がいない事は確認してから進みはしましたよ…念の為。(その後しばらくして2車線になった時、後ろの車も猛スピードで追い越していきました)

事故が起きなかったから、まだよかったものの、もしもカーブの向こうから時速80キロ以上で坂道を下ってくる大型トラックがいたらと思うとゾッとします。もしも衝突事故が起きたらこちらまで巻き添えになるかもしれません。こういう人達って、そういう事考えないんですかね。何かもう腹立たしいというよりは、げんなりしました。

---

で、その日の夕方にガードレールに擦っちゃって、もうね、ホントにね。ああもう。いくら注意して運転していても、事故を起こしてしまえばこういう輩と同類に思われても仕方ないんです。ざまあない。

それなのに夫もお義母さんもお巡りさんも保険屋さんとかも、みんな「大丈夫? 怪我無かった?」って優しいんですよ。泣けてきますよ。それがますます、本当に本当に本当に、申し訳ないという気持ちでいっぱいになります。

って、黙っていればいいのに恥を掻くのを覚悟でこうして書いているのは、事故というものは車を運転している人であれば誰にでも起こり得る事だと改めて思ったからというか、何というか。これも何かの参考(※反面教師的に)になればと…以後ますます運転には注意を払うよう、気を付けます。

ちなみにディーラーがお盆休みで車を修理に出せず、今日やっと持って行く事が出来ました。直すにしろ買い替えにしろ、最低1ヶ月は代車生活になりそうです。というわけで車の中にあった物を全部出してみたんですが、結構入ってるもんですね…整理しないとなぁ。(ホント、久し振りの記事がこんなので申し訳ないです)


●メモブログ picomemo やってます●

●ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
    thankyou.gif
最後までお読みいただき、ありがとうございました <(_ _)>


「記事の文字数について」アンケートの結果

こんばんは、ピコです。突撃アンケート「ブログ記事の文字数、どれぐらいがいいですか?」にお答えいただき、ありがとうございました <(_ _)>

ブログで読みやすいとされる文字数ってどれぐらいだろうと調べてみても明確なものは無いんですよね。あ、SEOとかはさっぱり分からんのです。だからそれは無視して、純粋に「読みやすい文字数」について考えてるだけなのです。その辺ご了承下さい。

個人的に調べてみたり考えてみたりした結果「大体1000文字前後なのかな~」という結論には至ったのだけど、内容によって印象って変わるじゃないですか。普段の日常の生活における「日記」で5000文字は長いと思うけど、「旅行記」なら然程長いとは思わないですし。(あくまでも個人的な感覚だけど)

後は書き方でも印象変わりますよね。同じ1000文字でも改行が多いと、別に冗長な内容じゃなくても長く感じたりする事がありますかね。かといって改行が無さ過ぎても読み辛くなるし、その辺のバランスも難しいなぁと思います。

つまり一概に「適切な文字数は○○!」と決められないんだなぁと思いました。だからこそアンケートで訊いてみようと思った次第です。

というわけで、アンケートの結果をどうぞ。(常に結果は見られるようになってたけど、改めて)

20120801.jpg

一票も入らなかったらどうしよう…というのは杞憂でした、ありがとうございます。1000文字くらいなのかなぁと思っていたので、この結果はビックリでした。項目の順番からして3000文字以上と1000文字以下はオマケ的項目だったんですが、好きなだけ書けばいいじゃないのと押してくれる方がこれ程多いとは…とてもありがたい事です。

そんなわけで9割方は3000文字でも文字OKという結果だったわけですが、だからといって残り1割を無視してもいいというわけではないだろうと思います。場合によっては複数ページに分割した方がいいのかな、画像を多用している時などは特に。

考えれば考えるほど難しいものだなと思うのですが、何はともあれ、ぼんやりと方針は固まりました。ありがとうございます~。早速次の更新から反映させたいと思います。ではでは。