キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 心にゴミ箱を
CATEGORY ≫ 心にゴミ箱を
       次ページ ≫

言いたい事も言えないこんな(以下略)

いつか消す、と思う。あれだけ嫌な思いをすると思っていた法事があっさり終わったと思ったら、全然違う所で嫌な思いをするとか思わなかったよコンチクショウ! という話なので畳んでおきます。

四半世紀前の服

再度夫実家に行く用事があって色々話をしていたら、ばーちゃんが夫に「服、着ない?」(※意訳)と言ってきたんです。それは夫の父(故人)が着ていた服。ええと夫が小学生の頃に亡くなったんですよね? つまり25年くらいは経ってるんですよね? しかも夫が着なさそうな服なんですけど……。


・スーツやコートの類ではなく普段着
・四半世紀前の遺品
・(どう好意的に考えても)保管状態が良いとは言えない環境


人間含め動物には学習能力というものがあります。何か嫌な事があったら、それを回避しようとするのは当然の事です。そういえば以前夫が会社から衣類を貰ってきましたよね。その時にも

目の前にはパンパンに膨らんだ謎の袋。もうね、嫌な予感しかしないのね。なんというか、久しく感じていなかった気持ちが蘇るんですよ。この家を片付けるのに翻弄されてた頃や、夫実家で片付けてた時に「あ、開けたくない…」と思った、あのイヤな予感。

と書いていて、それで実際とんでもない物が出てきたんですよね。私が感じる「嫌な予感」というのは今までの経験に基づいたものであり、だからつまりだ、もう全力で嫌な予感しかしないのよ……(泣)。

それでも夫は相変わらず「うん」と言うんですよね。とはいえ不要な服と形見の服は違うので、無下に「いらん」とも言い辛いのは分かるんだけど、いや、それでも、ああもう。正直に言えば、四半世紀前の服なんかいらないってば。そういうのはせめて夫が成人した頃にやってくれればよかったのに……。

こういうモヤモヤとした気持ちって何かと考えたら、ばーちゃんの夫に対する愛着を通り越した執着にも近いような依存が原因なんだと思います。その依存の元となっているのが夫の父の早世なわけで、そうなると無下に出来ない気持ちが働いて……今の夫実家があるのかなぁ。ちょっとした事でも夫を頼り、ちょっとした事でも夫を呼ぶ。それで夫は毎週実家に行き、私が散々苦しんだと。

今では無理に行くこともなくなり月に1回程度になったけど、夫に対する精神的な依存は消えるどころか肥大化しているので、ばーちゃんはしょっちゅう夫に「頼りにしている」みたいな事を話しています。それは私の関与するところではないので基本的にはスルーしているものの、まぁ、本音を言えば、息苦しいです。

いや、「夫を取られる」みたいな嫉妬なんかじゃなくてね。(ばーちゃんから見て)孫に息子の姿を重ねているというか、身代わりにされているような感じがして息苦しいんですよ。夫は夫なのに。夫は孫であって息子じゃない。そして今回の服の件。ううーん……。

ちなみに夫自身は特に着たいと思うわけでもないそうで、やっぱりばーちゃんに気を遣ってるだけなんですよね。で、「着るかもしれないし……」と言うのね。いやだから、純粋に考えて25年近くも前の服を着れるのかい? それも恐らくはただタンスか衣類のケースに入っていただけであろう服を。いや違ってたら謝るけど。

今回は話だけで終わったけど、ばーちゃんがその話を覚えていて次行った時に用意されてたら、本当にどうするつもりなんだろう。とにかく、自分で買った服でもない限り、四半世紀も前の服を好んで着る人っていないんじゃないのかなぁ。そして恐らく着ないであろうその服を、どうするんだろうね。結局のところ、私に回ってくるから嫌なんだろうな。自分で管理出来ないのに貰ってくるから嫌なんだよな。嗚呼。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m

近い将来、同居、介護、今、色々思うこと

いつかは夫実家に住まなきゃいけないんだろうなという事だけは自覚していたものの、元々、本気で家を建てようなんて思っていませんでした。完全だろうが敷地内だろうが同居という考えは無かったし、将来的に「誰もいなくなった夫実家を建て直して細々と生きていく」くらいの感覚でした。さすがにフルDIYは無理でも自分で出来る部分は自分でやろうとか、そんな風に思っていたんです。

それがまさか2世帯どころか3世帯住宅にまで話が発展するとは、誰が想像したかって、誰も想像しちゃいなかったんですよ。お義母さんは迷惑を掛けたくないから将来は施設に入ると言ってたくらいだし(つい最近の話)、私の母もそこまで考えちゃいなかったわけだし。なんかね、そんな3者の意見を合わせたらこうなった。自分含めてどうしてこうなった。

---

将来的に母やお義母さんの介護とかどうすんのって話はね、正直に言うと「せざるを得ない」かなという考えです。率先して「やりたい!」という事ではないけど、「嫌だ、したくない」という気持ちも無いというか、施設に入れるというのが考えられないというか。いや施設に入れるのが悪い事だと言うんじゃなくて、単純に入れるのが辛いと思うだけです。そこまで覚悟出来ていないだけ。じゃあ最後まで介護出来るのかといえば、そこまでの覚悟も出来ていない。甘っちょろいのかもしれないけど、親がそれなりに元気なうちはこんなもんじゃないのかなぁ……。

だからお義母さんが将来は施設に入るつもりと言っても、「ありがてぇ、ありがてぇ」と腹の中で思うどころか、「そんな悲しい事言わないで」と思うんですよね。今まで散々あれこれ夫実家の文句書いてきといて何だそりゃと思われるかもしれないけど、それとこれとは話が別というか、嫌いではないんですよ。悪い人ではないんですよ。気さくで優しくて、天然。その天然な部分に振り回され苦悩するのだけども、ああもう何て言えばいいのか分からない。

とにかく私は善人じゃないので、仮にお義母さんが悪意を持ってイビってきたとしたら「将来? 介護? 知らんわ!」とスッパリ言ってたでしょうな。さすがにそこまで嫌な事されたら介護とかしたくないよね。でもお義母さんは(悪意の有無はどうあれ)ばーちゃんに散々泣かされてきたってのに、今も普通に同居してるんだよね。そこがすごいというか、真似出来ない。ホント、出てってもいいのにねって。

---

だから完全同居は無理だけど敷地内に住むのはいいのかもな、なんて思ったんですよ。敷地広いから家なんて2軒でも3軒でも4軒でも5軒でも……いやさすがにそこまですると密集するからアレだけど、とにかく下手な住宅密集地の隣同士よりも遥かに離れて建てられるんだし。

って、そんな簡単に解決出来る問題じゃなかったんですよ。同一敷地内に複数の住宅建てられないって、知らなかったんですよ。「一敷地一建物の原則」って、そうなんだ……はてどうするか。なんて考えたらねぇ、もう3世帯住宅でいいんじゃね? と思うようになっちゃって。待てそれは罠だ。絶対罠だ。(何の)

そもそもローン組むのが夫って前提なんだけど、あの人、クレジットカードで遅延何回もやらかしちゃってるんだよね。給料が未だに現金支給な会社なもので、銀行に入金し忘れるらしいの。私がそれに気付いた時点で既に1回や2回じゃなかったという……もっと早く気付いて対処してたらよかったんだけどね。後悔先に立たず。でも夫は呑気に「何とかなるさ~♪」だもんなぁ。

ホント、こんな状態で上手くいくんだかどうだか。ダメならいっそ頓挫してしまえと思う自分もいたりして、なんかもう、もうちょっと楽しく生きようよって思っちゃう。こうなっちゃうと他の事に手が付かなくなっちゃうから……もう3月も末だよ、あと少しで4月だよ新年度だよ。どよどよしてる場合じゃないよ。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

読んでくれてありがとうm(_ _)m