キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 清掃日誌的な
CATEGORY ≫ 清掃日誌的な
       次ページ ≫

カーペットの掃除は面倒臭い

まだラグマットとかならいいんですよ。いざとなったら割と簡単に交換出来るから。

20150403a.jpg

しかし、この縁側のカーペットのように接着剤でベッタリと貼り付けられてしまったものは、交換したくても簡単に交換出来ないので憂鬱です。いわゆる「直貼り」ですね。しかも縁側なものだから、やたら面積が広い。苦手なんですよ、カーペット。特に猫がいるから毛がねぇ……掃除しても掃除しても取れないんですよ。掃除機だけじゃ無理です。

20150403b.jpg

どうにか楽に毛を掻き出す事が出来ないかと、重宝しているブラシを使ってみたんだけど……あ、これダメだ。カーペット傷む。どうせ古いから痛んでもいいやとはいえ、あからさまに繊維がボサボサになっていくのは困ります。よって却下。

20150403c.jpg

結局、いつも通りにゴム手&コロコロ。これでも完璧には取り除けないんですよね、キリが無い。あんまりやり過ぎても痛めるだけだし……。なんともスッキリしないのでした。

こんな調子でカーペットに結構ネガティブなイメージばかり持っているんですが、よく考えてみるとだからといってフローリングも「完璧!」というわけじゃないんですよね。いや、フローリングってホウキで掃くと結構埃が舞うんですよね。つまりマメに掃除しないと歩くだけで埃が……って、完全に物臭思考で考えちゃってるよ。反省。

20150403d.jpg

カーペットだろうとフローリングだろうと、毎日キチンと掃除すればいいんですよ。って堂々と言えるようになりたいものです。しかし人間そう簡単に変われるものでもないので、やっぱり「いかに掃除しやすい環境を作るか」という方に重点を置くべきなのかなぁとも思います。

それならやっぱりフローリングだろうなぁ。フローリングで物が少ない環境、掃除するには最高の環境。でもゴロゴロするにはカーペットの方が快適……いや、この家の、このカーペットではやらないけどね。あんまりやる気が起きないの。


オマケ。

20150403e.jpg

昔、あまりにもボロボロで見苦しかったので、玄関の上がる部分(式台)のカーペットを引っぺがしたんですよね。切りっぱなしなのでほつれてくるんですよ。

20150403f.jpg

だから定期的(というか気が向いたら)カットするのです。これでスッキリ。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m

コンロの下を掃除する



ブログをちまちまと改造してます。右側に「やりたい事リスト」みたいなものが発生しましたが(PC用のテンプレのみ)、私の話があっちこっち飛ぶので書いときました。こうすれば本人も忘れない(笑)。あ、でもこれ以外の事も思い付いたらやりますよ、今回みたいにね。

というわけで今回はコンロの下の掃除をサラッと。写真撮ったのはいいけどPCで開いてみたらサイズ間違えてた……ので、やたら小さめな画像でお送りします。でも昔はこれくらいの大きさだったけどね。慣れってコワイ。

20150305b.jpg

白状すれば、しばらくコンロの下の掃除をサボってました。「どうせ新しくするんだし」という、いかにもダメダメな理由で。心を入れ替えて素直に掃除します。下に敷いてるシート交換するだけなんだけど。

20150305c.jpg

コンロ退けてみると、思ったよりも汚れてな……いや、汚れてますゴメンナサイ。パスタ1本落ちてるし。でもまぁ最初の頃よりはね、よっぽどマシだわね。

20150305d.jpg

そうそう、ついでに背面どうなってるか確認したかったんですよね。流し台を交換するにあたって、壁もどうにかしないといけないので。うーん、これ、自分でどうにか出来るもんなのかなぁ。ただキッチンパネル貼ればいいって感じでもなさそう。コンパネ貼ればいいんだろうかと素人なりに思っても、じゃあどうやって貼るのって。そこから調べないといけないなぁ……うう。

20150305e.jpg

まぁ今日のところはシート敷いて戻します。前途多難だなぁ。

20150305f.jpg

コンロも戻して磨いて完了。このコンロもかなり古いけど、まぁもうちょっと付き合うよ。


●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとうm(_ _)m


アルミ鍋を磨こうとして挫折した話

実家から鍋を持ってきたんです。



ご覧のとおり、柄が無いんですよ。昔々、柄の根元が腐って取れてしまい、父がその辺の何かを加工して柄の代わりに取り付けて使ってたんだけど、それもとうとうネジ穴の部分が腐れて外れちゃったんですよね。で、それを直そうと持ってきたわけ。

この鍋ね、私が物心付いた頃には既に存在してたんですよ。母曰く、「35年くらい前」らしいです。もしかしたらそれより古いかも。別に買い替えてもいいんだけど、なかなか厚みのあるアルミ鍋が無いとか何とか。

20150220b.jpg

まーそれなら柄を付けますかと持ってきたはいいものの、その矢先にカッターで指をズバッと切っちゃってねぇ。しばらくハモノコワイ状態だったもので、結局1ヶ月近く放置しちゃったんですよね。それにしてもこの鍋、模様の窪みに焦げ付きか何かがこびり付いちゃってるけど、普通に洗っても落ちないんだろうなぁ。これも落とせたらいいんだけど。

20150220c.jpg

試しにクレンザーでガシガシ磨いてみる事にしました。

20150220d.jpg

……う、うーん? ほんの少しだけ落ちたような。間違い探しレベル。磨き続けていれば落ちるかもしれないんだけど、20分くらい力込めて頑張ってこれだけというのも骨が折れるというか心が折れますよね。もうやめた。

20150220e.jpg

こうなったら金属みがきに頼るしか……内側に使うのは抵抗あるけど外側ならいいかな。これでダメなら諦めるよ。

20150220g.jpg

妙に光沢が出ただけでした。よし撤収!


……というわけで挫折しました。マイナスドライバーで削ってみたら、そりゃ確かに落ちるけど傷もゴリゴリ付くので諦めたんですよね。もう年代物だから仕方ないです。そう思う事にします。内側は全然問題無いしね。人間、時には諦めと引き際が肝心ですよ。



●メモブログ picomemoあります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログへ

読んでくれてありがとうm(_ _)m