キレイな部屋で暮らしたい(跡地)

跡地でもほっとくのアレなので超適当に日記書いたり書かなかったり
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 大震災の事
CATEGORY ≫ 大震災の事
       次ページ ≫

5年

 今日は「5年」という言葉が入った記事が多いのだろうな。人の事、言えないけど。そして私が何か書いたところで何がどうなるわけでもないのだけれど、それでも5年。長いと感じる5年、短いと感じる5年。「5年」の間に何があったのかは人によって様々。だからといって、今ここで5年間を振り返るつもりはない。が、5年前のこの日、多くの方達が犠牲になった。死者数・行方不明者数合わせて1万8千人超。あまりに大きな数なので漠然としたイメージしか持てないが、自分の住んでいる地域の人口(市全体の人口に非ず)を想像すると、一瞬にして全員いなくなってもまだ足りない数だと気付き、背筋が伸びた。

 地震は怖い。でも「怖い」だけで終わらせちゃいけない。今日だけ振り返って終わりにしてもいけない。これからだ。これから、どうするか。これから、何をするか。毎年似たような事ばかり書いているが、地震はどこだって起こる。どこにいたって起こる。それが震災クラスの大地震だった時、どうするか。何をするか。何が出来るのか。もしかしたら何も出来ないのかもしれない。だけどそれでも、最低限自分の身を守る術を持ちたい。一人一人がそれを意識して、少しでも被害を食い止める事が出来たなら。決して「対岸の火事」なんかじゃない。誰しもが考えなきゃいけない事なんだ。

 なんて、柄にも無い事を考える3月11日なのでした。

2年。

昨日は「あれから2年」という言葉が沢山使われていたんだろうなと思います。「まだ2年」「もう2年」、人によってこの感覚は違うと思うけど、自分が体験したり様々なものを見聞きしたりしてどう感じているかというと…「まだ」でもあり「もう」でもあり。一周して同じ位置に戻ってきたというか、螺旋階段を一回りして上がったような感じ。進んでないように見えてもちゃんと進んでると受け取るべきか、進んでるように見えてなかなか進まないと受け取るべきか。難しいです。

内陸部でもまだまだ震災の爪跡は残っています。道路は相変わらずガタガタであちこち工事をしていますし、仮設校舎で授業を行っている学校もあります。建て替えや移転も進んでいますが、そのまま利用されている施設も沢山あります。一方で宿泊施設は復興工事関連の方々などで賑わい、潰れた施設跡地には新たにホテルが建っていたり、様々な商業施設が出店してきています。

何というか、大きな渦が巻いているような、そんな感覚です。良い事も悪い事も全て混ざった、大きな渦。私自身はそんな渦から若干離れて眺めていると感じてしまう事の方が多いですが、宮城に住んでいる以上、震災の事を忘れてしまうという事はあり得ません。

大きな地震はもう発生しないなどという事はありません。いつかこの震災の余震と言われるものが無くなっても、またいつか新たに「宮城県沖地震」や「『宮城県沖地震』じゃないけど、宮城県沖や三陸沖が震源の大きな地震」は発生するのでしょう。内陸部が震源の地震だってあります。

というよりも、日本中どこにいても大地震が起こると想定し、覚悟して備えるべきなんだと思います。すごく当たり前な事だけど、震災を忘れない・風化させないというのはそういう事だろうと。「3月11日はとても悲しい事があった日」だけで終わらせず、災害の恐ろしさや対策を再確認する日であってほしい。そして前を向いて、また新たに一歩踏み出す日であってほしいと願います。

柄にもなく綺麗事を書いてしまって申し訳ないです。綺麗事だけでは復興出来ないというのは何となく分かります。何が正しくて何が間違っているかなんて、少し立場が違えば答えも変わってくるのものです。だからこそ、自分の考えをしっかり持って、地に足を付けて生活する事が大事なんだと思います。

改めて、この震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。そして、一日も早く暖かい春が訪れますように。


非常用セット「命の箱 アークIII」 開けてみたり、食べてみたり

20130208a.jpg
猫って生き物はどうして紙を広げると自分の陣地だと言わんばかりに転がるんでしょうか。邪魔です。と言いつつカメラ出して撮りまくる猫バカが私です。(生協の注文書、さっさと書きなさいよ)

震災後、生協宅配のチラシには定期的に防災関連の物が載ります。最安値や配送速度にこだわらなければ、ネットで注文するよりも生協で注文した方が気楽なんですよね。クレジットカード使わなくて済むし。

そんなわけで時々日持ちする食品を注文しては非常食BOXに補充し、時々賞味期限を確認しているんですが…そういえばもう一つ非常食があったの忘れてました。いや存在は忘れてないけど賞味期限確認するのを忘れていたというか。

20130208b.jpg
これさえあれば3日間は何とかなるかもしれない的セット。生協じゃなくてネットで買いました。確か5年くらい前に試しに買ってみたんですよね。1個2500円前後はしたと思うんですが。


あ、そうそう。これ。2人分で5000円くらい。確か他にも色々買って、1万円くらい掛けて非常食など揃えたんだっけな。何もなければ賞味期限切れた時に「何も起きなかったねー」と食べればいいや、なんてまぁ随分と呑気な事を考えつつ。その後、宮城・岩手内陸地震(2008年6月)と東日本大震災(2011年3月)が起きたのは言うまでもありません。

内陸地震の時は停電こそしたものの数時間で復旧したので非常食の出番は無し。東日本大震災は本当に非常食買っといたおかげで大分助かりました。

なのに何故この非常食セットだけが残ってたかというと、開封する機を逃したのです。いかにもサバイバル的な外見なので最終手段だとしか思えず、結局最後まで開封しなかったんですよ。先に冷蔵庫の中身を食べなきゃいけなかったというのもあったし。

何というか、これって出先で活躍するものだよなぁ。家を離れなきゃならないという状況じゃない限り、家にある物先に食べるだろうし。だから車に積んだ方が適してるかなーと思ったんですが、気付いたら賞味期限過ぎちゃってたという、ね。

まぁせっかくなんで、開けてみましょう。
というのが今回の話です。

20130208c.jpg
入っていたのは以下の物。

・水×6
・カロリーメイトっぽい固形食(9ブロック)×1
・エマージェンシーブランケット(アルミブランケット)×1

ブランケットは、防寒具としては若干心細い気がするけど、何も無いよりはマシかなぁと思います。使い方も色々あるみたいで、ロープ代わりになったりもするみたいですよ。コンパクトなので普段使ってるバッグに忍ばせても良し、一緒に車に積んどいても良し。

20130208d.jpg
水はコップ半分くらいで、本当に最低限という感じ。何だろ、工業品みたいな変なニオイがするというか…まぁニオイがするのは一瞬だけで、飲めば普通の水道水レベル。そういうもんかと割り切れれば平気。というか非常時にはそんな風味とか気にするどころの問題じゃないから。

とはいえ、普通に生活している今の状態では美味しくないと思ってしまうわけで。賞味期限も切れてるし…どうしようかなぁ。洗い物にでも使おうか。

20130208e.jpg
そしてこれが固形食。
ガッチガチです。これ凶器になるかも、ってぐらいガチガチ。

20130208f.jpg
以下、食べた時の感想をメモしたもの

・何かにおう
・馴染みの無いにおい
・フルーツ系のようなバニラのような
・ヨーグルトのような…
・あ、アレだ。駄菓子のヨーグレット!
・甘い
・堅い
・ジャリッとする(砂糖か)
・意外と腹持ちは良いような気が

非常時なら味など気にしてる余裕ありませんが、正解はバニラ+レモン味らしいです。風味が気になるのは口に入れた直後ぐらいで、そのうち気にならなくなります。食べながら甘いなぁカロリー高いだろうなぁと思ったけど、非常時だからこそ甘くてカロリー高いんですよね。1片(5cm×5cm×2.5cm)で約400kcal。圧縮したクッキーのタネを食べてるような気分。

口に含むとあっという間にモロモロと柔らかくなるんだけど、何せ堅いので子供やお年寄りには結構ツライものがあると思います。そして前歯が差し歯の私にも…これ差し歯使ったら絶対負ける。差し歯負ける。一応「水に溶かして食べられる」らしいのだけど、容器が無いと溶かすのに難儀するかなぁ。

あと、堅いので割るのにも少し力が要ります。9片バラバラだったらいいのにとは思いつつも、個包装したらコストも掛かるし嵩張るから仕方ないかと。

line.gif

という、非常食レポートでした。どうしても味に関しての話が多くなってしまうけど、実際非常食を食べざるを得ない状況になったら味なんか二の次になるので、あんまり重要じゃないんですよね。二の次というか、腐ってるとか相当奇天烈な味付けでもない限り、大抵の物は文句無く食べられるもんです。って、考え方や感じ方は人それぞれなので「絶対そうだから!」とは言えませんが。

味より何より特筆すべき点は耐熱(耐寒)温度。水は華氏-40°F~210°F、固形食は華氏-40°F~300°F、だそうで。いや、華氏度じゃピンとこない。日本語ラベル捨てちゃって…ええと換算式どこだ。あったあった。(ネットって便利ですね)

C=(5÷9)(F-32)
 ※摂氏度=C 華氏度=F

てなわけで。摂氏度に換算すると、水は-40℃~98.9℃、固形食は-40℃~148.9℃(小数第2位四捨五入)でいいんでしょうか。水と固形食(とブランケット)のセットなので、結局は水の方に合わせて-40℃~98.9℃が耐熱(耐寒)温度なんですかね。間違ってても生温かい目で見逃して下さい、多分正確な温度調べなくても、漠然と「それくらいか」と把握してるだけで大丈夫だと思いますから。

何が言いたいかっていうと、これくらいの温度変化に耐えられるパッケージらしいので、ある程度は厳しい条件にも耐えられる、つまり保管場所選ばないというのが良いですね、と。さすがに燃え盛る火中は無理だし、直射日光の当たる所に保管は無いだろうけど。

問題があるとすれば、パッケージの破りにくさかなと思います。上記のような温度変化に耐えられるだけあってパッケージの素材が頑丈で破りにくいので、カッターかハサミがあると便利かも。それと、カップも欲しいところです。水を飲むのも袋から直によりはカップに入れた方が飲みやすいだろうし。しかも固形食を水に溶く場合を考えると、浅くて広口のカップが良いと思います。何ならプラ製の計量カップでもいいんじゃないかと。

そして最大の問題といえば、賞味期限が切れた時の固形食でしょうか。個包装じゃないので、一度開封したらさっさと食べなきゃならないんですよね。日常で3食これというのは…さすがに悲しいのです。でも開封したら即腐るというわけでもないので、あんまり神経質にならなくても大丈夫かも。地道に毎朝食べればいいかな。

まぁ困るといえば困るけど、食べるような非常事態にならずに過ごせたという証でもあるので、むしろ積極的に困りたいです。なんでこんなに1片が大きくて堅いんだよ、アゴ疲れるよ。ていうか甘過ぎるんだよ。カロリーメイトの方が美味しいし食べやすいよ…と、ブーブー文句言いながら食べられる幸せ。ありがたい品物ではあるけれど、使う機会など無い方が良いに決まってます。本当に。

次に買ったら、車に積んでおくつもりです。


●メモブログ picomemo picomemo(裏側) あります●

●(一応)ランキング参加中です●

人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

読んでくれてありがとう <(_ _)>